人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!

任天堂 Nintendo Switch

【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!
  • 【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!
  • 【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!
  • 【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!
  • 【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!
  • 【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!
  • 【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!
  • 【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!
  • 【レポート】『スプラトゥーン2』を「Nintendo Switch体験会」でプレイ...イカしたバトルはさらに進化!

東京ビッグサイトにて1月14日と15日、「Nintendo Switch 体験会 2017」が開催されました。会場では13日に発表された「Nintendo Switch」の新作タイトルの数々が体験できるようになっており、その中で最も人気だったのが、国内でムーブメントを巻き起こしたイカしたゲームの続編『スプラトゥーン2』でした。


3列ある中心部分が『スプラトゥーン2』の待機列(9:30頃)

取材に訪れた14日、ビッグサイトでは朝の6時の時点ですでに長い列を形成。「スプラトゥーン2」は、開場時間の10時になる前に体験希望者数が上限に達してしまうという人気ぶりをみせました。


『スプラトゥーン2』ブースには、Nintendo Switchの「TVモード」で4対4のマルチプレイできる試遊スペースが4ヶ所、「携帯モード」で4対4のプレイができる試遊スペースが1ヶ所設置されていました。プレイ内容は、1分ほどのチュートリアルと、3分の試合を2戦。「携帯モード」を試遊できるのは、「TVモード」で2戦目を勝利した来場者のみに。


試遊の「TVモード」で使用するコントローラーは「Nintendo Switch Proコントローラー」。「Wii U PROコントローラー 」に似ていますが「Wii U GamePad」と同様にジャイロが内蔵されているため、Wii U版とほとんど同じ操作でプレイすることができます。コントローラーのアナログスティックの位置が変更されたのに合わせ、ジャンプボタンがXボタンからアクセスしやすいBボタンへと変更。2画面でなくなったためにXボタンでマップを呼び出すようになりました。


試遊は、まずはスプラシューターを使ったチュートリアルからスタート。例のごとく、指示に合わせてインクで風船を割っていきます。「Wii U GamePad」よりも軽量な「Nintendo Switch Proコントローラー」での操作は想像以上にプレイしやすく、ジャイロでのエイムも快適です。グラフィックに関してですが、今回の試遊版は前作と同じ720p/60fpsであるように見受けられました。まだまだ開発中ではあるので、製品版では変更されるかもしれません。


チュートリアルの時間が終了し、ついに対戦がスタート。まず、ブキを4種類の中から選択します。今回使用できるブキは「スプラシューター」「スプラローラー」「スプラチャージャー」、そして新ブキの「スプラマニューバ」です。「スプラマニューバ」は初の両手持ちのブキとなり、他にはない回避アクションの「スライド」を使用することができます。おなじみの「スプラシューター」や「スプラローラー」にも新たなスペシャルやアクションが追加されているので、どれをとっても新鮮にプレイできそうです。今回は新ブキの「スプラマニューバ」をチョイス。


バトルがスタートしてまず戸惑うのが、マップが常に見えないこと。前作では敵がどのように塗ってきているかや味方の位置を常に手元のGamePadで確認できましたが、今作ではマップ画面を呼び出さないといけません。どこを塗り残しているかや敵がどこまで塗っているかを常にチェックできないのは、逆にスリリングで楽しくもありました。バトルに熱中してくるとXボタンを押してマップを確認することをほとんど忘れてしまい、終了後にいろんな場所を塗り残していたことに気づいたりも。

「スプラマニューバ」は想像以上に塗るのにも適していますが、敵と出会った際に「スライド」で敵の死角に飛び込み倒すといったテクニカルな戦いができそうでした。また、チャージャーのスナイプを「スライド」でかわしながら向かっていく、といった戦い方もできるのではないでしょうか。連続で2回使用できる「スライド」の出し方は、方向キーを押しながらインクを出している状態でBボタンという少々特殊なやり方。今回の試遊では使いこなせませんでしたが、リリース後にはプレイヤーによってさまざまなテクニックが生まれていきそうです。スペシャルはジェットパックによって空を飛び、遠くまで威力の高いインクを撃てるというものですが、使い終わった瞬間に意図しない方向へ吹き飛ばされるので注意が必要です。もちろん「スプラマニューバ」が圧倒的に使いやすいブキというわけでなく、そのほかのブキも追加された新アクションによって、さらに奥深くテクニカルな戦いが期待できそうです。


普段、PS4やXbox Oneでもゲームをプレイしている筆者にとって「Nintendo Switch Proコントローラー」は圧倒的に操作しやすく、Bボタンに変更されたジャンプ操作はむしろ使い慣れた操作フィーリングでした。続いて体験した「携帯モード」でのプレイも、「Nintendo Switch Proコントローラー」からグリップ感は若干悪くなるものの、ジャイロも含め心地よく操作できました。6.2インチ画面の大きさも『スプラトゥーン』をプレイするにはなんら問題はありません。せっかく持ち運べるようになるのですから、1人でも練習できるBot戦モードを搭載してほしいところ。


対戦スペースの上に設置されたモニターでは、任意で全体マップやプレイヤーの動きが確認できていた。この機能はぜひとも製品版にも搭載してほしい。

合計15分程度の『スプラトゥーン2』体験でしたが、イカたちはファッションも仕草も圧倒的に可愛くパワーアップしており、夏の発売が待ち遠しくて仕方がなくなりました。その他のブキやマップはどのようなものが登場していくのかも非常に気になります。Wii Uの『スプラトゥーン』で練習しながら発売を待ちましょう......!
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

    【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 【読者アンケート】一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?

    【読者アンケート】一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?

  4. 任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

  6. 『モンハン ストーリーズ』クシャルダオラやラージャンがオトモンに! キャラメイクの更に幅広く─無料アップデートを今夏配信

  7. 『閃乱カグラ』新作発表会が8月1日(パイの日)に開催!ゲストに叶美香、『シノビリフレ』最新情報も

  8. ミュウ含む限定ポケモン4種がセブンイレブンでもらえる「ポケモンラリー2017」が開催決定!

  9. ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

  10. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る