人生にゲームをプラスするメディア

SIE、2016年末商戦期はハード・ソフト共に好調―PS4累計販売台数は5,000万台以上に

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、「プレイステーション 4」 が2016年の年末・年始商戦期において、世界合計で620万台以上の実売を達成したことを発表しています。

ソニー PS4
SIE、2016年末商戦期はハード・ソフト共に好調―PS4累計販売台数は5,000万台以上に
  • SIE、2016年末商戦期はハード・ソフト共に好調―PS4累計販売台数は5,000万台以上に
  • SIE、2016年末商戦期はハード・ソフト共に好調―PS4累計販売台数は5,000万台以上に
  • SIE、2016年末商戦期はハード・ソフト共に好調―PS4累計販売台数は5,000万台以上に
  • SIE、2016年末商戦期はハード・ソフト共に好調―PS4累計販売台数は5,000万台以上に
  • SIE、2016年末商戦期はハード・ソフト共に好調―PS4累計販売台数は5,000万台以上に
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、「プレイステーション 4」 が2016年の年末・年始商戦期において、世界合計で620万台以上の実売を達成したことを発表しています。

この売上台数を含め、「プレイステーション 4」の累計実売台数は2017年1月1日時点で5,340万台に達しています。また、PS4向けのソフトウェアも年末年始の商戦期における累計実売本数は5,040万本となっており、中でも『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』は、2016年12月21日時点で累計販売本数870万本を突破したとのことです。

SIEの社長兼グローバルCEOのアンドリュー・ハウス氏は、この好調な年末商戦期について、「かつてないほど好調な年末・年始商戦となり、これもひとえにユーザーおよびパートナー各社の皆様のご支援によるものと、心より感謝申しあげます。この勢いを維持すべく、本年もPS4ならではのタイトルを続々と投入し、『プレイステーション ヴィーアール』の革新的なゲーム体験や『プレイステーション 4 Pro』によるハイエンドなゲーム体験をお届けするとともに、充実したネットワークサービスも提供してまいります。最高の遊び場として魅力を高めるPS4に、どうぞご期待ください。」と述べており、今年の更なる展開にも意欲を見せています。

※UPDATE(1/8 01:00): ソフトウェアの販売本数に関する表記を一部修正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

    初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

  2. 「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

    「プレイステーション クラシック」12月3日発売決定!どのタイトルが入っていてほしい?【読者アンケート】

  3. 『Dreams Universe』ゲーム情報を公開!『リトルビッグプラネット』の流れを汲んだ自由度の高さが最大の魅力

    『Dreams Universe』ゲーム情報を公開!『リトルビッグプラネット』の流れを汲んだ自由度の高さが最大の魅力

  4. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  5. 『アッシュと魔法の筆』少年が描く“かいぶつ”が、寂れた港町を蘇らせる─鮮やかなペイント・アクションADVが発表に

  6. 【吉田輝和のVR絵日記】はいだらー!『ANUBIS ZOE : M∀RS』言葉の意味はわからんがとにかく凄い自信だ!

  7. 『JUDGE EYES:死神の遺言』先行体験版の感想を一挙公開―探偵らしい新要素「調査アクション」が面白い!【読者アンケート】

  8. 『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』生徒会四天王「蟇郡 苛」「猿投山 渦」が参戦―どちらもパワー型!?

  9. 『JUDGE EYES:死神の遺言』オープニングムービーが公開!「TGS 2018」への出展情報も

  10. SIE、「TGS2018」PSブースの詳細を発表─世界初試遊となる『Days Gone』を含む約30タイトルが体験可能!

アクセスランキングをもっと見る