人生にゲームをプラスするメディア

日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

日活は、自社が立ち上げたゲームレーベル「SUSHI TYPHOON GAMES」、その第2弾タイトルとなる『クリーピング・テラー(CREEPING TERROR)』を、ニンテンドー3DS向けにリリースすると正式発表しました。

任天堂 3DS
日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索
  • 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索
  • 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索
  • 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索
  • 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索
  • 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索
  • 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索
  • 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索
  • 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

日活は、自社が立ち上げたゲームレーベル「SUSHI TYPHOON GAMES」、その第2弾タイトルとなる『クリーピング・テラー(CREEPING TERROR)』を、ニンテンドー3DS向けにリリースすると正式発表しました。

その見かけとは裏腹に「中々のやり応え」と、シミュレーションゲームファンから好評を博した『刺青の国』。その「SUSHI TYPHOON GAMES」レーベルの第2弾『クリーピング・テラー』が正式発表、PVが初公開されました。


本作はニンテンドー3DSをプラットフォームにした、横スクロールタイプのアドベンチャーゲームとなっており、プレイヤーは女子高生のアリサを操作し、怪物が出ると噂されている屋敷を、仲間と共に探索するゲーム内容とのことです。初公開されたPVから漂う“ホラー”テイストが、名作の『トワイライトシンドローム』や『クロックタワー』を髣髴とさせ、ホラーゲーム好きには、弥が上にも期待高まってしまいます。




■クリーピング・テラー
・プラットフォーム:ニンテンドー3DS専用(ダウンロード専用ソフト)
・配信:ニンテンドーeショップにて2017年配信予定(近日告知)
・公式サイト:http://nikkatsu.com/game/sushityphoon/creepingterror/



(C)NIKKATSU CORPORATION / (C)mebius.
《Ten-Four》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

    『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  7. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る