人生にゲームをプラスするメディア

OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」

CyberZは、TOPANGAとのスポンサー契約合意に関する発表会「OPENREC.tv×TOPANGA緊急発表会見」都内にて実施しました。

ゲームビジネス その他
OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」
  • OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」
  • OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」
  • OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」
  • OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」
  • OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」
  • OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」
  • OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」
  • OPENREC.tv x TOPANGAスポンサー契約発表会レポ―「日本のe-Sports発展に貢献を」

CyberZは、TOPANGAとのスポンサー契約合意に関する発表会「OPENREC.tv×TOPANGA緊急発表会見」都内にて実施しました。

今回の発表会には、初めにCyberZ執行役員の大友真吾氏とTOPANGA代表取締役の豊田風佑氏が登壇し、TOPANGAの活動実績を紹介しました。CyberZとTOPANGAが知り合ったのは2016年のEVOからでした。豊田氏はスポンサーの話を聞く前から、対戦格闘ゲームを日本でも盛り上げるにはどうしたら良いかと考えていた事です。


そのため、日本の中で格闘ゲームを浸透させ盛り上げている時に大友氏と出会ったとのこと。CyberZの大友氏もRAGEの大会など様々な経験を詰んだため、TOPANGA側と契約すればさらに色々な事ができるのではないかという思いからスポンサー契約に至ったと語りました。


この発表のあと、TOPANGAのマゴ選手とときど選手、Red Bullのボンちゃん選手 vs OPENREC.tvのオオヌキ選手、GOZILINEのコイチ選手、YOUDEALのゆかどん選手による『ストリートファイターV』スペシャルマッチが開催されました。




第1試合は、先鋒に、マゴ選手(かりん)vsゆかどん選手(ナッシュ)が対戦し、最終的にはかりんがナッシュを浮かしづつ攻撃を加えて勝利を手に入れます。次鋒となるボンちゃん選手(ナッシュ)vsコイチ選手(春麗)が激突し、ボンちゃん選手の攻める姿勢から試合を3つ勝ち取り完封を決めました。


そして最終戦となるときど選手(リュウ)vsオオヌキ選手(春麗)が対戦。お互い一歩も譲らず勝利を積み重ねて行きます。最終的にはときど選手がクリティカルアーツ真空波動拳へと繋ぐコンボを決め、勝利を勝ち取りました。このスペシャルマッチは、TOPANGAチームが3連勝を決め終了しました。

このスペシャルマッチの後、一同がスタジオに集いRed Bullのボンちゃん選手は「いくらでも機会はつくれると思うので、今後も一緒にやっていきたい」と、TOPANGAのマゴ選手は「新スタジオのハイテクぶりに驚き、すごくワクワクします。個人配信はOPENRECでやっていこうと思う」と、ときど選手は「対戦が熱く。こんな良い対戦をオオヌキ選手とOPENRECさんに感謝します」とお辞儀すると共に述べました。


TOPANGA代表の豊田氏は、「大友さんにTOPANGAのことを評価してもらい、CyberZでスポンサードしてもらうのが考えられないスピードで進展し、ここまでこれた事に感謝しています」と述べました。CyberZ代表の大友氏は「単純な配信だけをやるパートナーだけでなく、OPENRECという箱を通じて色々なコミュニケーションや大会などを企画し、日本のe-Sports発展に貢献し盛り上げていきたい」と語りこの発表会が終了しました。

この発表会終了後に筆者は、TOPANGA代表の豊田氏に話をいくつか聞いてみました。「TOPANGAとOPENREC.tvが一緒にやっていく事で今後変化があるのか?」という質問で豊田氏は、「元からやっている企画は継続していきますし、個人配信も大幅に増やしていこうかとおもいます。そういう意味では今までやってきたイベントは変わりません」と回答。イメージとしては、Twitchやニコニコ動画でやってきたものを一本化したものであるようです。そのため、今後TOPANGAの番組は全てOPENRECにて配信されます。

最後にユーザーに向けてのコメントでは、「海外からOPENRECへの視聴が出来ますし、今まで配信でやってきたこと以上にスポンサードされているという部分で、自分たちとしても視聴者に向けて今まで以上に楽しんで頂きたい気持ちであるので、これからもTOPANGAを視聴していただければなと思います。」と語りました。

なおOPENRECのスタジオは、先日リニューアルされており、内装や照明がアップグレードされています。

《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

    海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

    『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  4. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  5. Wiiリモコンやバランスボードを使った作品も!「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」東京大会

  6. 秋葉原の洋ゲー専門店を調査・・・その2「メッセサンオー カオス館」

  7. ゲーマーよ、これがトレーディングカードゲームだ ― 再び流行するTCGに注目

  8. 米国売上、引き続きWiiがリード、『スマブラX』は270万台―NPD

  9. 「6割の親が一緒にゲームをする」子供とゲームに関する調査結果(2)・・・イード/ゲームリサーチセンター

  10. スクウェア・エニックス時田氏・鈴木氏、Tokyo RPG Factory橋本氏がゲーム企画から就職までを語る―ヒューマンアカデミー「ゲーム企画塾」第1回レポート

アクセスランキングをもっと見る