人生にゲームをプラスするメディア

HTC Vive対応ラーメン屋シム『カウンターファイト』が近日配信!―VRで手軽に湯切りや泥棒退治

プレステ初期のような試行錯誤や可能性に満ち溢れた作品が続々と登場しているVRシーンですが、新たにラーメン屋を舞台にした新作VRゲーム『カウンターファイト(Counter Fight)』が近日配信。

ゲームビジネス VR
HTC Vive対応ラーメン屋シム『カウンターファイト』が近日配信!―VRで手軽に湯切りや泥棒退治
  • HTC Vive対応ラーメン屋シム『カウンターファイト』が近日配信!―VRで手軽に湯切りや泥棒退治

プレステ初期のような試行錯誤や可能性に満ち溢れた作品が続々と登場しているVRシーンですが、新たにラーメン屋を舞台にした新作VRゲーム『カウンターファイトCounter Fight)』が、近日Steamで配信開始となります。


株式会社トリコルが開発を手がける本作は、HTC Viveに対応したワークシミュレーションゲームです。プレイヤーはラーメン屋の店主となって、次々と来店する個性豊かなお客の注文にあった料理を素早く提供します。

    主な特徴
  • 色々な料理:ラーメンだけではなく、餃子やビールもあります。
  • リアルな調理手順:麺はしっかり湯切りをして具材をトッピング。餃子はフライパンでしっかり焼いて、ビールは冷蔵庫で冷やします。
  • 泥棒:営業中にも関わらず泥棒がやってきます。調理器具や皿、海苔などをぶつけて撃退してください。
  • 助手:あなたががんばって注文をこなすと栄養ドリンクでサポートしてくれます。


全体的な雰囲気も可愛らしい『カウンターファイト』は11月14日にSteam配信予定。価格は7.99ドルとのことです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRチームは50人規模、馬場社長が明かす“コロプラが全力でVRに取り組む”理由

    VRチームは50人規模、馬場社長が明かす“コロプラが全力でVRに取り組む”理由

  2. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

    プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  3. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

    アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  4. 【週刊マリオグッズコレクション】第39回 初代マリオカートのころのグッズあれこれ

  5. 松野泰己氏、レベルファイブを去る ― 今後は充電期間に

  6. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  7. 「いま超大作を作るのは間違っている」 ― Biowareが厳しい現状認識

  8. 【CEDEC 2010】イストピカ福島氏が語る「家庭用ゲーム開発者のソーシャルへの転身」

  9. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  10. 【CEDEC 2012】「Too Japanese」な日本ゲームは海外で評価されないのか ― 『GRAVITY DAZE』ヒットの理由

アクセスランキングをもっと見る