人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

ゲームビジネス 市場

【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!
  • 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!
  • 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!
角川ゲームスは東京ゲームショウのステージイベントにて、2016年にリリース予定のスマートフォン向け次世代育成シミュレーションゲーム『スターリーガールズ』を、台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表しました。


角川ゲームス代表取締役社長の安田善巳氏

今回これら3カ国でサービス展開するのは、角川ゲームスと資本提携しているSNSplus。角川ゲームス代表取締役社長の安田善巳氏によると、「SNSplusの本社は台湾だが、タイやベトナムにも拠点を持っており、幅広い展開をしている。また、会員数は2400万人を超えており、我々のゲームがこの2400万人の方々にお届けできるのは非常に嬉しい」と語りました。


SNSplus会長の何俊輝氏

また、本ステージイベントには、SNSplus会長の何俊輝氏が登場。「我々としても角川ゲームスは重要なパートナー。一緒にこうして『スターリーガールズ』を発表できることを嬉しく思っている。思えば3年前に初めて安田社長にお会いした際に、ゲームに対する情熱や理念に共感する部分が多かった。その後、信頼関係を築き上げ、今日こうして一緒に新しいゲームを発表するに至った」と語りました。さらに、「今回、我々SNSplusが『スターリーガールズ』繁体字版のアジアでの配信権を取得した。今回の協力はアジアでのゲーム市場を盛り上げて行こうという意思の元で行ってきたので、今後協力関係をますます強化していきたいと考えている」とも述べました。

『スターリーガールズ』の事前登録は、日本ではもちろん、台湾でもスタートしています。『スターリーガールズ』の今後の展開に注目したいところです。なお、日本での『スターリーガールズ』の事前登録は、こちらの公式サイトより行えます。
《松木和成》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  2. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  3. 元テクノス作品の無体財産権をアークシステムワークスが譲受…『くにおくん』『ダブルドラゴン』など

    元テクノス作品の無体財産権をアークシステムワークスが譲受…『くにおくん』『ダブルドラゴン』など

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  6. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  7. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  8. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る