人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

ゲームビジネス VR

【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる
  • 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる
  • 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる
  • 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる
  • 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

「東京ゲームショウ2016」がいよいよスタートしました。今年のテーマは「エンターテインメントが変わる。未来が変わる。」となっており、CESAの岡村秀樹会長は「一例ではありますが、昨今、大きな盛り上がりを見せているVR(ヴァーチャル・リアリティ=仮想現実)や、AR(オーグメンテッド・リアリティ=拡張現実)といった新たな技術を活かしたゲームコンテンツが、世の中に対して新たなエンターテインメント価値を提供し、新たなエンターテインメントの楽しみ方が創造されていくのではないかと期待しています。」とコメント。会場内にはVRコーナーが設置され、昨年に引き続き盛り上がりを見せています。


そんなVRゲームの出展方法に変化がありました。従来は小さなブースで体験するのが一般的でしたが、今年はMRを用いたブースが目立ちます。MRとは複合現実のことで、体験者の姿をリアルタイムでゲーム映像と合成。回転率が悪く、体験しないとよく分からないVRゲームですが、作品の雰囲気をMR映像で伝える試みが行われているのです。




この手法は複数社が採用しており、『CIRCLE of SAVIORS』のPDトウキョウをはじめ、『World of Tanks』『World of Warships』関連のVR作品を出展しているウォーゲーミングジャパンや、複数社のVRゲームが出展されるHTCブースなどでは、各体験コーナーにグリーンバックを貼り、外から見える位置にモニターを設置。その効果は絶大なようで、多くの来場者が足を止め、モニターを見つめていました。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  3. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  4. 「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

  5. PlayStation Vita版ならではの機能も盛り沢山!『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』

  6. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  7. マリオファクトリー南柏店レポート

  8. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  9. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  10. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

アクセスランキングをもっと見る