人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

 

ゲームビジネス VR
【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる
  • 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる
  • 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる
  • 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる
  • 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

「東京ゲームショウ2016」がいよいよスタートしました。今年のテーマは「エンターテインメントが変わる。未来が変わる。」となっており、CESAの岡村秀樹会長は「一例ではありますが、昨今、大きな盛り上がりを見せているVR(ヴァーチャル・リアリティ=仮想現実)や、AR(オーグメンテッド・リアリティ=拡張現実)といった新たな技術を活かしたゲームコンテンツが、世の中に対して新たなエンターテインメント価値を提供し、新たなエンターテインメントの楽しみ方が創造されていくのではないかと期待しています。」とコメント。会場内にはVRコーナーが設置され、昨年に引き続き盛り上がりを見せています。


そんなVRゲームの出展方法に変化がありました。従来は小さなブースで体験するのが一般的でしたが、今年はMRを用いたブースが目立ちます。MRとは複合現実のことで、体験者の姿をリアルタイムでゲーム映像と合成。回転率が悪く、体験しないとよく分からないVRゲームですが、作品の雰囲気をMR映像で伝える試みが行われているのです。




この手法は複数社が採用しており、『CIRCLE of SAVIORS』のPDトウキョウをはじめ、『World of Tanks』『World of Warships』関連のVR作品を出展しているウォーゲーミングジャパンや、複数社のVRゲームが出展されるHTCブースなどでは、各体験コーナーにグリーンバックを貼り、外から見える位置にモニターを設置。その効果は絶大なようで、多くの来場者が足を止め、モニターを見つめていました。
《栗本 浩大》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. マリオの1コインは370万円の価値あり!? ドルより強いゲーム通貨

    マリオの1コインは370万円の価値あり!? ドルより強いゲーム通貨

  2. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

    【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  3. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

    「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  4. 海外ゲーマーが選ぶゲームの悪役ベスト25−栄光のトップは一体だれ?

  5. ND CUBE、元ハドソンを中心に『Wii Party』を開発

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 【レポート】「CEDEC+KYUSHU2016」日野晃博氏による開幕講演…九州のゲーム開発者よ、オリジナルIPを開発しよう!

  8. マリオファクトリー南柏店レポート

  9. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  10. 任天堂代表取締役 岩田聡氏による基調講演「ファミコンから20年:ゲーム産業の今とこれから」 概要

アクセスランキングをもっと見る