人生にゲームをプラスするメディア

PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい

強くて可愛い戦国乙女たちが戦う、PS Vita向けハイスピードタッグ甲冑乙女アクション『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』のプレイレポートです。

ソニー PSV
PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい
  • PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい
  • PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい
  • PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい
  • PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい
  • PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい
  • PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい
  • PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい
  • PS Vita『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』プレイレポ―ただの萌えACTじゃない、本格ハイスピードタッグバトルがアツい

強くて可愛い戦国乙女たちが戦う、PS Vita向けハイスピードタッグ甲冑乙女アクション『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』。本作は日本であって日本ではない、女性が中心となって戦う独自の歴史を歩んだ戦国時代の物語を描いた3Dアクションゲームです。プレイヤーは乱世の世で名立たる戦国乙女武将を操作して、個性豊かな仲間とともに、それぞれの目的を果たす為、熾烈な戦を繰り広げていくこととなります。


メインとなるストーリーモードは全46章の大ボリューム。織田ノブナガや徳川イエヤスといった馴染みのある武将が女性キャラクターとなって登場します。京都編・尾張編・流浪編など、メインとなる武将が異なるエピソードが複数用意されており、まったく異なる展開で物語は進んでいきます。さらに、章をクリアするごとに新たな展開が明かされるため、歴史が徐々につながっていく壮大な物語を体験できました。また、バトルや会話パートの合間には、映像制作会社白組によって制作された3Dアニメーションムービーが挿入されます。乙女の登場シーンは可愛らしく、敵とのバトルは激しく爽快に、物語はよりドラマティックに演出されているので見応えがありました。


本作は、一見すると可愛い女の子たちを愛でるゲームかと思われるかもしれません。しかし、実際にプレイしてみるとバトルが本格的な作りになっており、相手との間合いや技を出すタイミング、奥義の使いどころの駆け引きが熱い、しっかりした対戦アクションゲームだと感じました。バトルは最大2対2のタッグマッチが可能。プレイアブルキャラクターは総勢13名で、それぞれ華やかで個性的な見た目というだけでなく、得意な間合いや攻撃方法に特徴があります。たとえば、近~中距離戦を得意とするスタンダードな戦い方ができる乙女や相手の弾を反射する遠距離系タイプの乙女、近距離戦を得意とし特定の必殺技を使用すると姿が消えるトリッキーな乙女などバリエーションは豊富です。


ゲームモードは、それぞれの乙女達の物語を体験できるストーリーモードのほかに、自身が操作するキャラクターとパートナーを選択してCPUを相手に連戦を行い勝ち進むアーケードモード、アドホックを使って最大4人のマルチプレイ対戦ができるバーサスモードがあります。ストーリーモードではシナリオに沿って、乙女同士の一騎打ちや、強敵との3vs1バトル、引き分け以上での条件戦等、シナリオの内容に合わせて、イレギュラールールのバトルを楽しめました。一方アーケードモードでは、本作の最大の特徴でもある、2vs2のバトルで強敵とのバトルを存分に味わえます。もちろんバーサスモードでは、対戦人数やステージ、ハンディキャップなど、自由なルール設定でバトルを楽しむことが出来ました。衣装やボイスの変更も出来るのも嬉しいところです。


本作では、キャラクターのステータスや技にそれぞれ違いあるため、乙女同士の組み合わせも重要です。接近戦でがんがん前に出るタイプを揃えて押し切るのか、相手の動きを制限するなどのサポートができる乙女をパートナーにするのか、はたまた、近距離でのタメ攻撃を得意とする仲間を活かす為に、自らは遠距離で援護するのか。といったように自分のチームメイトとの相性や戦略を考慮することで、戦闘を有利に進められます。

また、乙女たちは敵として対峙すると厄介な相手となります。ゴリ押しで攻撃しているだけではやられてしまうので、回りこんだり、カウンターを仕掛けたりといった立ち回り方に工夫が必要です。繰り返しプレイして、それぞれのキャラクター特徴を把握しておくことも攻略の鍵となります。バトルフィールドはやや広めで、段差や樹木などの障害物、道幅が狭くなっている箇所などがありました。地形を把握していないと、相手と距離をとっているうちに追い詰められたこともあったので注意が必要です。


おまけ要素であるギャラリーモードは充実しており、キャラクターの設定やイベント画像、ムービーなどのアートワークを楽しめます。これらはゲームの進行に合わせて解放されていき、衣装チェンジやボイスセットなど自分好みに乙女をカスタマイズする要素も増えていきます。なお、本作には、田村ゆかりさん、堀江由衣さん、能登麻美子さん、内田真礼さん、釘宮理恵さん、花澤香菜さん、小清水亜美さん、小野大輔さんなど、総勢23名もの豪華な声優陣が集結。バトルのボイスはもちろんのこと、シナリオの主軸となる乙女達の会話、その合間に盛り込まれている、ムービーやイベントシーンも全てフルボイスとなっており、物語をさらに盛り上げます。


可愛らしい戦国乙女を使って、激しいタッグバトルが楽しめる『戦国乙女 ~LEGEND BATTLE~』。2対2の対戦アクションゲームとしても、間合いや技を出す瞬間の駆け引き、どの組み合わせでバトルをするのかも考えられる作りとなっているのが特徴です。個性的で多彩な魅力をもった乙女たちが登場するので、見た目が好みな乙女を選んでも良し、自分のプレイスタイルにあった乙女を選んでも良し。さぁ、あなたも乙女たちとともに戦国乱世に飛び込みましょう。

(C) HEIWA / SHIROGUMI INC.
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月19日】─「ジョーシン」が対象者に向けて抽選販売の案内を配信

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月19日】─「ジョーシン」が対象者に向けて抽選販売の案内を配信

  2. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月18日】─1月20日と1月22日に新たな抽選受付がスタート、「お宝創庫」の受付は本日まで

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月18日】─1月20日と1月22日に新たな抽選受付がスタート、「お宝創庫」の受付は本日まで

  3. 『サイバーパンク2077』ナイトシティで京都弁を話すオカン「ワカコ・オカダ」に魅了された…

    『サイバーパンク2077』ナイトシティで京都弁を話すオカン「ワカコ・オカダ」に魅了された…

  4. PS5版『仁王』&『仁王2』プレイレポ―爆速ロードで“落命”も苦にならない

  5. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  6. 『Apex Legends』新レジェンド「ヒューズ」の物語映像公開―シーズン8「メイヘム」開幕は2月2日【UPDATE】

  7. 『サイバーパンク2077』のアイテムはなぜ紙袋に入っているのか?―ゴミまで入れちゃうナイトシティの文化

  8. 『ライザのアトリエ2』DLC第1弾「レシピ拡張パック」&「追加マップ」配信―第2弾以降の「水着衣装」なども要チェック!

  9. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  10. 『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』戦慄のBADENDをテキストと画像でご紹介

アクセスランキングをもっと見る