人生にゲームをプラスするメディア

PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定

エムツーは、設立25周年の節目に家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定。STGブランド「M2 Shot Triggers」を立ち上げ、第一弾タイトルとして、『バトルガレッガ』と『弾銃フィーバロン』をPlayStation 4で配信すると発表しました。

ソニー PS4
PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定
  • PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定
  • PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定
  • PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定
  • PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定
  • PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定
  • PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定
  • PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定
  • PS4版『バトルガレッガ』『弾銃フィーバロン』配信決定!エムツーが家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定

エムツーは、設立25周年の節目に家庭用ゲームソフトのパブリッシュ参入を決定。STGブランド「M2 Shot Triggers」を立ち上げ、第一弾タイトルとして、『バトルガレッガ』と『弾銃フィーバロン』をPlayStation 4で配信すると発表しました。


1996年にアーケードへ登場し、大きな存在感を放ったシューティングゲーム『バトルガレッガ』。1998年に発売されたセガサターン版以外では、家庭用ゲーム機で遊ぶ手段がないままでしたが、このたびの展開により発売20周年記念としてリリース決定。また、弾幕STGで知られるケイブが手がけた『弾銃フィーバロン』も、家庭用ゲーム機に初移植されます。

◆『バトルガレッガ』情報


■ファン垂涎!貴重な資料を蘇らせた20周年特別仕様限定版「Premium Edition」
復刻インストラクションカード、基板マニュアルから、作曲者である並木学本人入魂の新録サウンドトラック、更にオリジナル版の貴重な資料や開発者インタビューなど満載のブックレットまでも同梱した限定版「Premium Edition」を発売。完全受注生産なので、欲しい方は必ず予約しましょう。

■「バトルガレッガ Rev.2016 Premium Edition」同梱物

・バトルガレッガ Rev.2016 DLカード
※ダウンロードにはインターネット接続環境が必要になります。
・並木学自ら手がけた新録サウンドトラックCD
・限定ブックレット
・クリアファイル5種類
・ポストカード5種類
・勲章ピンバッジ
・復刻インストラクションカード
・復刻基板マニュアル
・復刻フライヤー



■『バトルガレッガ Rev.2016』製品情報
・発売日:2016年12月15日
・価格:ダウンロード配信 3,700円(税抜)、Premium Editon 8,800円(税抜)
・対応機種:PlayStation 4
・CERO:審査予定
・プレイ人数:1~2人

※通常版はダウンロード配信、パッケージ販売は完全受注生産の「Premium Edition」のみとなります。「Premium Edition」にはゲームのプロダクトコードが同梱されます。

◆『弾銃フィーバロン』情報


■ケイブの『弾銃フィーバロン』がPS4で再びフィーバー!

弾幕STGで知られるケイブが手がけた『弾銃フィーバロン』を、家庭用ゲーム機に初移植。スピーディーなゲーム展開や、サイボーグ兵士を助けて敵機のスコアを上昇させる斬新なシステムなど、個性に溢れる一作です。



■『弾銃フィーバロン』製品情報
・発売日:今冬配信予定
・対応機種:PlayStation 4
・CERO:審査予定

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■関連ページ
・M2 ShotTriggers
公式サイト:http://m2stg.com/

・バトルガレッガ Rev.2016
公式サイト:http://m2stg.com/battle-garegga/

・有限会社エムツー
公式サイト:http://www.mtwo.co.jp/


(C) 1996 EIGHTING (C) 2016 M2 Co., Ltd.
(C) 1998 CAVE Interactive CO.,LTD. (C) 2016 M2 Co., Ltd.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  4. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  5. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  6. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  7. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  8. 『モンハン:ワールド』超大型DLC「アイスボーン」や『ウィッチャー3』コラボ、新歴戦王など―新情報をまとめてお届け

  9. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  10. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

アクセスランキングをもっと見る