人生にゲームをプラスするメディア

980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

ゲームビジネス VR

 目の前にバーチャルな世界が広がる、いわゆる“VR技術”を使ったゲームやサービスがモバイル市場のトレンドになりつつある。そんななか、サンコーでは19日より「折り畳み式ヴァーチャルゴーグル」の発売を開始した。持ち運びに便利な折り畳み式。販売価格は税込980円。

 従来のスマホ用VRヘッドセットには「セットするとスマホを操作できない」「メガネが着けにくい」といった欠点があった。また本体サイズが大きくなりがちだった。サンコーの折り畳み式ヴァーチャルゴーグルは、セットした後でも隙間からスマホをタッチ操作できる構造で、メガネをかけたままでも視聴が可能。手のひらに収まるサイズで、折り畳んで持ち運ぶこともできる。

 視覚は約95~100度。本体のサイズは、展開時は幅134×高さ95×奥行70~85mm、折り畳み時は幅93×高さ30×奥行86mm、重量は約68g。対応端末は4~6インチ程度のスマートフォン(幅152×高さ78×奥行10mm)となっている。

 なお、サンコーではiPhoneに装着することで全天球カメラさながらの360度映像が撮影できる「Insta360 Nano」を発売している。折り畳み式ヴァーチャルゴーグルと一緒に利用すれば、旅行先などで撮影した3D映像を友達にも簡単に披露できるだろう。

安っ!980円! 持ち運びに便利な折り畳み式のスマホ用VRヘッドセット

《近藤謙太郎@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  3. 「他の領域の成果をうまく使う」「幅も深さも駆使できる技術者になって欲しい」BNG馬場哲治氏が講演

    「他の領域の成果をうまく使う」「幅も深さも駆使できる技術者になって欲しい」BNG馬場哲治氏が講演

  4. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  5. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  6. スクウェア・エニックスの技術責任者Julien Merceron氏がKONAMIへ移籍、FOX Engineに関わることに

  7. どんなゲーム会社に投資をしたくなるのか──PUSHパネルディスカッションレポート

  8. 『鉄拳7』が英国初登場1位!―シリーズ作として『鉄拳3』以来

  9. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  10. 2016年アプリ収益ランキング発表―国内からバンナム/スクエニ等ランクイン

アクセスランキングをもっと見る