人生にゲームをプラスするメディア

980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

ゲームビジネス VR

 目の前にバーチャルな世界が広がる、いわゆる“VR技術”を使ったゲームやサービスがモバイル市場のトレンドになりつつある。そんななか、サンコーでは19日より「折り畳み式ヴァーチャルゴーグル」の発売を開始した。持ち運びに便利な折り畳み式。販売価格は税込980円。

 従来のスマホ用VRヘッドセットには「セットするとスマホを操作できない」「メガネが着けにくい」といった欠点があった。また本体サイズが大きくなりがちだった。サンコーの折り畳み式ヴァーチャルゴーグルは、セットした後でも隙間からスマホをタッチ操作できる構造で、メガネをかけたままでも視聴が可能。手のひらに収まるサイズで、折り畳んで持ち運ぶこともできる。

 視覚は約95~100度。本体のサイズは、展開時は幅134×高さ95×奥行70~85mm、折り畳み時は幅93×高さ30×奥行86mm、重量は約68g。対応端末は4~6インチ程度のスマートフォン(幅152×高さ78×奥行10mm)となっている。

 なお、サンコーではiPhoneに装着することで全天球カメラさながらの360度映像が撮影できる「Insta360 Nano」を発売している。折り畳み式ヴァーチャルゴーグルと一緒に利用すれば、旅行先などで撮影した3D映像を友達にも簡単に披露できるだろう。

安っ!980円! 持ち運びに便利な折り畳み式のスマホ用VRヘッドセット

《近藤謙太郎@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

    VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

  2. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  3. 『戦艦大和VR復元計画』リリース日決定!ついに“実物大の大和”に乗れる

    『戦艦大和VR復元計画』リリース日決定!ついに“実物大の大和”に乗れる

  4. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

  5. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  6. ニンテンドー3DSソフト開発のためのミドルウェア「BISHAMON for Nintendo 3DS」発表

  7. ヨーロッパボードゲーム界の話題を独占した「村の人生」待望の日本語版と拡張セットが発売決定

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 【プレイレポ】「VR ZONE SHINJUKU」に使徒襲来!? 編集長率いる新米パイロットたちが『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』に挑戦

  10. 任天堂が健康分野に進出 違和感のない必然の戦略

アクセスランキングをもっと見る