人生にゲームをプラスするメディア

イシイジロウらが講師を務める「特濃!ゲーム開発塾」8月7日より開始

ゲームビジネス 開発

イシイジロウらが講師を務める「特濃!ゲーム開発塾」8月7日より開始
  • イシイジロウらが講師を務める「特濃!ゲーム開発塾」8月7日より開始
  • イシイジロウらが講師を務める「特濃!ゲーム開発塾」8月7日より開始
  • イシイジロウらが講師を務める「特濃!ゲーム開発塾」8月7日より開始
  • イシイジロウらが講師を務める「特濃!ゲーム開発塾」8月7日より開始
  • イシイジロウらが講師を務める「特濃!ゲーム開発塾」8月7日より開始
  • イシイジロウらが講師を務める「特濃!ゲーム開発塾」8月7日より開始


Iwate Game Factory (IGF)は、ゲーム業界で働く人に向けて「特濃!ゲーム開発塾5」を盛岡情報ビジネス専門学校にて8月7日(日)~8月12日(金)まで開催します。

「特濃!ゲーム開発塾」は、ゲーム業界で活躍する著名なクリエイターやデザイナー・開発者を招き、プログラミングやアートワーク、サウンド、ゲームデザイン、プロデュースなどを実践を通して学んでいくイベント。8月7日に行われる前夜祭は、無料で受講可能で、ゲームアナリスト・株式会社インターラクト代表取締役社長である平林久和氏と、ゲーム監督・eスポーツプロデューサーである犬飼博士氏が登壇し、それぞれのテーマで講義する予定です。なお、チケットは6月20日から発売予定で、Iwate Game FactoryのFacebookページにて詳細を告知するとのことです。「特濃!ゲーム開発塾」の概要については下記を参考にしてください。

特濃!ゲーム開発塾5

開催日:8月7日(日)~8月12日(金)10:00~18:00(予定)
会場:盛岡情報ビジネス専門学校
主催:Iwate Game Factory (IGF)・一般社団法人 しあわせ計画舎
後援:岩手県
受講料:早割 3,000円/1日(7月17日まで)
    通常 5,000円/1日
※8月7日の前夜祭は無料で参加可能です。
※30分まで見学自由です。

前日祭(8月7日)の概要

特別講演:平林久和氏(ゲームアナリスト/株式会社インターラクト代表取締役社長)
テーマ:「じっくり学ぶ。ゲームの歴史。遊戯の起源、メソポタミアから最新VRまで」
特別講演:犬飼博士氏(ゲーム監督/eスポーツプロデューサー)
テーマ:「超人スポーツとゲーム」


アートワーク(8月8日)

金久保哲也氏:株式会社バンダイナムコスタジオ シニアテクニカルアニメーター。CG映像制作、ビデオゲーム開発にアニメーターとして携わる。現在はモーションキャプチャースタジオ運営、アニメーション制作技術の開発支援に従事。CEDEC2016 運営委員会 プログラムワーキンググループ ビュジュアルアーツセッション担当

代表作:「タイムクライシス」シリーズ、「鉄拳」シリーズ、「太鼓の達人」シリーズ


プログラミング(8月9日)

松本卓也氏:DMMラボ エグゼクティブプロデューサー。小1でゲーセンのハイスコア板に貼り出され、ゲームが天職との天啓を得る。初めてのPCは小4のとき。BASICに物足らず68系のマシン語へ。一切のスポーツに触れることなく純粋なオタクの先駆けとしてプログラマとしてセガ入社。現職では北米産の超大型RPGのローカライズプロデュース担当。歌って踊れるプログラマ。

代表作:「ナイツ」(セガ・サターン)、「ブリンクス ザ タイムスイーパー」(Xbox)、「ラストストーリー」(Wii)


ゲームデザイン(8月10日)

イシイジロウ氏: ゲームデザイナー/原作・脚本家 株式会社ストーリーテリング代表。広告・映像業界を経て、老舗ゲームデベロッパー(株)チュンソフトに入社。その後(株)レベルファイブに移籍。2014年独立。2015年株式会社ストーリーテリング設立。アニメ作品では「モンスターストライク」「UNDER THE DOG」など

代表作:「タイムトラベラーズ」「428 ~封鎖された渋谷で~」「3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!」


プロデュース(8月11日)

加藤拓氏:ゲームプロデューサー。魔法株式会社にてPS2ゲームのプランナー、株式会社サイバードにてディレクターを経て、2001年スクウェア・エニックスに入社。モバイル・コンテンツを複数プロデュース。オンラインRPG「エルアーク」(2008年7月~2012年5月までmobageにて配信)プロデューサー。ゲーム開発者カンファレンス「CEDEC」での講演実績あり。 2010年独立し、株式会社ミラクルポジティブ設立。

代表作:「エルアーク」、「エルダーサイン」、「エアシップQ」


サウンド(8月12日)

TECHNOuchi氏:コナミ入社をキッカケにゲーム業界デビュー。「ゲーム音楽とテクノの融合」をモットーに本名タケノウチをもじり「テクノウチ」として活動。海外のレコード会社を拠点にクラブミュージックアーティストとしても活動。近年は、音楽制作だけでなく音場感・空気感のある効果音制作と、サウンドディレクションを中心に活動の幅を広げていっている。

代表作:「デモンズソウル&ダークソウル」、「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」、「激突トマラルク」
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  3. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

  6. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  8. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  9. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  10. SIEの新経営体制が発表―現副社長の小寺氏がCEOに、現CEOのハウス氏は会長職に就任

アクセスランキングをもっと見る