人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた

Computex Taipei開催直前に背負って使用する「バックパックPC」の出展を発表したMSI。現行のVR HMDにおける「ケーブル問題」を解消し、よりよいVR体験を提供することを目的とした製品です。ブースには試遊希望者が目白押しで、高い注目を集めていました。

ゲームビジネス VR
【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた
  • 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた
  • 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた
  • 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた
  • 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた
  • 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた
  • 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた
  • 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた
  • 【レポート】VRのケーブル問題を解決する「バックパックPC」のスペックや使用感は?実際に体験してみた
Computex Taipei開催直前に背負って使用する「バックパックPC」の出展を発表したMSI。現行のVR HMDにおける「ケーブル問題」を解消し、よりよいVR体験を提供することを目的とした製品です。ブースには試遊希望者が目白押しで、高い注目を集めていました。



Oculus VRやHTC Viveをストレスなく動作させるために、CPUに第6世代のCore i7プロセッサ、GPUにGeForce GTX980を搭載しており、16GBのDDR4メモリとSSDストレージを搭載しています。バッテリーの持ち時間は60~90分とのこと。筐体の大きさは小型のランドセル程度で、重さは約5kg。上部には電源ボタン、4基のUSBポート、HDMI端子などが並んでいます。


筐体側面には排気用の穴が数多く開けられており、手をかざすとかなりの熱量が感じられました。もっとも、背負ったときに背中が直接ふれないよう空間が空けられており、換気用のスリットがつけられています。筐体は左右の肩ベルトと胴ベルトで固定する仕組みで、一度背負ってしまうと、それほど重さを感じることはありませんでした。


デモはHTC ViveとValveの『The Lab』が使用されていました。プレイヤーの周囲から迫りくる敵を、実際に体を動かしながら避けつつ、ハンドコントローラーで狙いをつけて撃退していくというもので、自然と体がくるくる回転する仕組みになっています。これを通常のPCでプレイすると、HMDとPCをつなぐケーブルが邪魔で、体にからまるリスクもあります。しかし本筐体を使うとそうした問題とは無縁で、非常に快適に楽しめました。



担当者によると本製品には同社のゲーミングノートPCの技術が活用されており、まだプロトタイプの段階で、市場投入はしばらく後になるとのこと。その一方で発表したばかりにもかかわらず、高い注目をいただいており、たくさんのフィードバックが集まっているとのことでした。ブースにはデスクトップ、ノートブック、タブレットに続く第4のカテゴリーという表記もあり、同社の本気度が伝わる展示でした。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

    ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  2. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

    VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  3. 今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

    今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

  4. 遠隔地でも「獺祭」酒蔵見学ー「VRで文化を伝えるお手伝いをしていきたい」

  5. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  6. 【お知らせ】 掲示板&記事コメントが携帯から投稿可能に

  7. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  8. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  10. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

アクセスランキングをもっと見る