人生にゲームをプラスするメディア

コナミ、平成28年3月期決算を発表 ― デジタルエンタテインメント事業は堅調に推移

コナミホールディングス株式会社は、平成28年3月期の決算(連結)を発表しました。

ゲームビジネス その他
コナミホールディングス株式会社は、平成28年3月期の決算(連結)を発表しました。デジタルエンタテインメント事業の連結売上高は1,326億8千2百万円(前連結会計年度比36.8%増)となり、セグメント利益は356億6千9百万円(前連結会計年度比110.0%増)となったことが報告されています。

同事業では、モバイルタイトル『実況パワフルプロ野球』が累計2,200万ダウンロードに到達。『プロ野球スピリッツA』や『ワールドサッカーコレクション』といったスポーツ系タイトルが主力となっており、それぞれ堅調に推移していると報告。グローバル市場では『Star Wars: Force Collection(スター・ウォーズ フォース コレクション)』や『ウイニングイレブン クラブマネージャー(PES CLUB MANAGER)』が安定した運営を継続していることも併せて伝えています。

アーケードでは『麻雀格闘倶楽部』や音楽ゲームを中心とした「e-AMUSEMENT Participation」タイトルが安定稼働するとともに、カードゲームでは『遊戯王トレーディングカードゲーム』の海外展開および京都での世界大会を開催。家庭用ゲームでは『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』のリリース、『ウイニングイレブン2016』での大型アップデートなどを実施し、今後も継続的に運営を行う旨を伝えています。

『実況パワフルプロ野球2016』や基本無料タイトル『実況パワフルプロ野球サクセススペシャル』をリリースした同社デジタルエンタテインメント事業。次期の見通しとしては、モバイル版『実況パワフルプロ野球』や『ウイニングイレブン クラブマネージャー』での継続的な収益の獲得を目指す点のほか、さらなるグローバル展開、バーチャルリアリティ(VR)対応作品の制作、e-Sportsへの本格参入なども視野に入れていることを述べています。

コナミ、平成28年3月期決算を発表―デジタルエンタテインメント事業は堅調に推移

《服部 半蔵》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『メタルギア』海外公式ツイッターが謎の人物とのやり取りで新情報の公開を仄めかす―1週間後に新たな情報か

    『メタルギア』海外公式ツイッターが謎の人物とのやり取りで新情報の公開を仄めかす―1週間後に新たな情報か

  2. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  3. 不思議な感触!スライムの新商品が登場―メガハウス

    不思議な感触!スライムの新商品が登場―メガハウス

  4. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  5. 全世界で愛されているAndroidエミュレーター「NoxPlayer 」をTGSで体験!至れり尽くせりな機能が嬉しい

  6. 「レトロスタジオ回顧録」概要

  7. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

  8. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

  9. 【GDC2011】日本の同人ゲーム海を渡る・・・世界で高い評価を受けた『洞窟物語』

  10. AOUショーでの投票で『マリオカート』が1位に

アクセスランキングをもっと見る