人生にゲームをプラスするメディア

LINEスタンプ「理想の上司フリーザ」誕生…第1形態からメカフリーザまで

その他 アニメ

(c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
  • (c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
テレビアニメ『ドラゴンボール』は2016年に放送30周年を迎えた。それを記念して、人気キャラクター・フリーザのボイス付きLINEスタンプ「『ドラゴンボールZ』 理想の上司フリーザ」がリリースされた。フリーザーが上司になってユーザーを叱咤激励するユニークな仕上がりとなった。

『ドラゴンボールZ』ナメック星編の悪役であるフリーザは、敵らしからぬ丁寧な口調とそれに見合わぬ残虐さ、そして戦闘力530000の圧倒的な強さで、今でも高い人気を誇るキャラクターである。2015年には映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が公開され、完全復活した姿を観客に見せつけた。
今回のLINEスタンプ「『ドラゴンボールZ』 理想の上司フリーザ」はそのタイトル通り、フリーザがもし上司になったらというコンセプトで作られている。スタンプの絵柄は基本形態である第1形態や、最終形態である第4形態、サイボーグ化したメカフリーザなどバラエティ豊か。さらにフリーザがビジネススーツを着用しているコミカルなイラストも用意された。

セリフも「僕の下で働いてみる気はないか?」「このフリーザ様が承認します」「何をやっているんですか! 期限が迫っていますよ!」など様々。中には「一度リスケしましょう」「イノベーションが必要ですね」といった作中では絶対に披露しなさそうな発言も用意された。
ボイスはオリジナルキャストの中尾隆聖が担当。「わたしの戦闘力は530000です」や「いちいち癇にさわるヤローだ!」といったお馴染みの名セリフも堪能できる。フリーザはシリーズ最新作『ドラゴンボール超』にも登場しているだけに、原作ファンだけでなく新しい世代の視聴者まで幅広いユーザーにオススメのLINEスタンプに仕上がった。
[高橋克則]

『ドラゴンボール超』
(c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

「ドラゴンボール」フリーザが理想の上司に LINEスタンプで背広姿を披露

《高橋克則》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. 【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

    【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

  3. 【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

    【特集】ゲームタイトルを関西弁にしてみたら面白かった8選

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  6. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  7. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

  8. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

  9. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

アクセスランキングをもっと見る