人生にゲームをプラスするメディア

「PS4.5」のコードネームは「NEO」か…海外メディアが詳細情報を報告

3月中頃からジワジワと増えつつあるアップグレード版PlayStation 4(PlayStation 4.5/PlayStation 4K)の噂ですが、海外メディアGiant Bombが複数のソースからの情報として、さらなる詳細を報告しています。

ソニー PS4
「PS4.5」のコードネームは「NEO」か…海外メディアが詳細情報を報告
  • 「PS4.5」のコードネームは「NEO」か…海外メディアが詳細情報を報告
3月中頃からジワジワと増えつつあるアップグレード版PlayStation 4(PlayStation 4.5/PlayStation 4K)の噂ですが、海外メディアGiant Bombが複数のソースからの情報として、さらなる詳細を報告しています。

■内部では「NEO」というコードネームで呼ばれている。

■現行のPS4よりも高いクロック速度、改善されたGPU、より大きな帯域幅のメモリを特色としている。

■Giant Bombが入手した文書では、NEOのHDDが現行PS4と同じと記載されている。しかし、それが容量や転送速度のことであるかどうかは不明。

■すべてのPS4ゲームは、10月から現行PS4で動作する“Base Mode”と、新型機で動作する“NEO Mode”両方の搭載が必要とされる。

■NEO Modeで、少なくともHDTV上で1080p動作するゲームはハードウェアアップグレード(またメモリ配分で追加の512MB)を利用し、より安定したフレームレートとより高いビジュアル忠実度を得られる。

■4Kイメージの出力をサポートするが、ゲーム自体は4Kネイティブである必要はない。

■比較
●現行PS4
・CPU: 8 Jaguar Cores at 1.6 GHz
・GPU: AMD GCN, 18 CUs at 800 MHz
・メモリ: 8 GB GDDR5, 176 GB/s

●NEO
・CPU: 8 Jaguar Cores at 2.1 GHz
・GPU: Improved AMD GCN, 36 CUs at 911 MHz
・メモリ: 8 GB GDDR5, 218 GB/s

■文書ではソニーはNEO Modeのゲームビルドで4K/UltraHD解像度に到達するための提案を提供しているものの、アプローチの方法はデベロッパーに自由度を与えている。

■4Kテレビの所有者はフォーマットに合わせたNEOのアップスケールゲームを期待できるが、ソニーはフレームレートに懸念を示している。

■文書全体でソニーは開発者に対し、NEO Modeでのゲームのフレームレートは現行のPS4と同等、あるいはそれ以上でなければならないことを強調している。

■NEOは現行のPS4に取って代わることはない。並行して存在し、同じユーザー環境を使用する。

■PS4とNEOは同じPSNストア、オンラインコミュニティ、ユーザーエクスペリエンスを提供。

■ソニーはPS4とNEOのユーザーを分離しない。そのためNEO専用のゲームは登場しない。

■開発者にはNEOプレイヤーのみのゲームプレイオプションや特別なアンロックを搭載しないよう、ソニーは明示的に繰り返している。

■PS4とNEOの両方に同じ機能がある限り、NEOでは改良版を実行できる。例えば現行PS4では最大4人のローカルCo-opがNEOでは最大8人になるなど。ただしオンラインモードでの適用は期待してはいけない。

■周辺機器の対応はBase ModeとNEO Modeで同等でなければならない。そのため、NEOだけのVRモードは期待できない。

■文書ではPlayStation VRに言及していないため、PS4のアップグレードによってPlayStation VRがプロセッサーユニット無しで動作するという過去の噂は判断できない。

■NEOの改良がPS VRゲームに適用されるなら、開発者はPS VRでより多くのパフォーマンスを得られる。

■10月以降にリリースされるゲームは現行PS4とNEOの両方をサポートするが、それはNEO自体が10月にリリースされることを意味しない。

■また9月後半にリリース予定のゲームはNEOに対応するために発売日パッチでアップグレードが必要。

■文書ではNEO自体のリリース前にNEO対応ゲームをリリース可能であることが明示的に記載されている。

■NEO以前にリリースされたゲームは、開発者がパッチを適用することを決定した場合にのみ、アップグレードを利用できる。


かなり細かい情報も飛び出ている今回の噂。今後の続報にも多くの注目が集まりそうです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  2. 100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

    100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

  3. 『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

    『モンハン:ワールド』「登場してほしい過去作のメインモンスターといえば?」結果発表―1位となったのは!?【読者アンケート】

  4. あの銃撃多重奏RPGが蘇る!『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』本日10月18日より配信開始

  5. 『Rainbow Skies』約2分半のPVをお披露目─どこかノスタルジックなファンタジーRPG

  6. 『ぷよぷよeスポーツ』「ぷよのしゅるい」は全15種類!「ソニック」「モロ星人」など好みに応じてセレクト可能に

  7. 『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』無料体験版が配信開始─PS4テーマとミニサントラも貰える!

  8. 『CoD:BO4』データサイズは「約55GB」、Day1アップデートは「約50GB」に―機種別プリロード開始時間も

  9. シリーズ最新作『ソウルキャリバーVI』PS4/XB1版が発売開始ー開発陣のコメントも

  10. 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!4KとHDに対応したリマスター版

アクセスランキングをもっと見る