人生にゲームをプラスするメディア

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる

全世界で2016年5月10日に発売を予定している人気アクションアドベンチャーのシリーズ最新作『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』。発売に先駆け、本作の最新バージョンを試遊したプレイレポートです。

ソニー PS4
『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる
  • 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる
  • 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる
  • 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる
  • 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる
  • 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる
  • 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる
  • 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる
  • 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』ハンズオン―探索、運転、ステルス全てが味わえる

全世界で2016年5月10日に発売を予定している人気アクションアドベンチャーのシリーズ最新作『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(Uncharted 4: A Thief's End)』。発売に先駆けて、ソニー・インタラクティブエンタテインメントにて本作の最新バージョンを試遊しました。プレイしたのはマダガスカルの平原を舞台に、ネイトとサリー、そしてネイトの兄サムがジープに乗って島にある火山へ向かうという、物語序盤から中盤に差し掛かる頃のエピソードになります。

■探索要素が増した「ワイドリニア」なフィールド


本作では過去シリーズと比べ、より宝を探索していく楽しさを強化しているとのこと。ゴールは1つでも、そこに至る過程に自由度をもたせた「ワイドリニア」な世界を冒険していくというゲームになります。


まず、平原のフィールドはジープで自由に移動することができ、自分の好きな場所で車を降りて探索に出かけられます。ストーリー上では訪れる必要のない場所もあちこちに作られており、例えば滝の裏にある洞窟や小さな遺跡跡から宝を見つけることができます。宝は、ものによって手に入れるために一工夫必要な仕掛けも施されているので、すべて集めるのはなかなかに歯ごたえがありそうです。また、手帳に模様や建物を書き込むというコレクション要素もあり、手帳のメモは日本語字幕表示されています。

今回冒険したエリアはマップがかなり広くなっていましたが、積石やタイヤの跡といった目印があるので、どこに進めばいいか分からなくなるということはありませんでした。オープンワールドではないため地続きで行くことはできませんが、遠くの風景まで繊細に描かれているので世界の雄大さを感じることもできます。バオバブの木やワオキツネザルなどの、マダガスカル特有の生態系も見られました。


また、ジープには運転席である左側からだけでなく、右側や前方からも乗り込むことが可能で、それぞれ異なるアクションをするのは見所。歩きでは登れない泥の坂道も、石や地面が少しむき出しになっている場所さえあればパワフルに登ることができます。運転していると、土や泥が跳ねてタイヤや車体に付いたり、自分が通った道にタイヤ跡が付く、敵から銃撃を受けるとフロントガラスに弾痕が残るといった細かな表現にもこだわりを感じました。また、車体前方にはウインチが付いており、引っ張っていき自身で木や柱に巻きつけて押し引きすることで新たな道を作るという要素も見られました。

■数々のギミックが加わった戦闘システム



バトルはスニーキング要素が強化されており、障害物だけでなく、背の高い草に隠れることもできるようになりました。敵は頭の上に表示されているダイヤモンド型のマークによって敵の脅威状態を確認できるようになり、グレーは一瞬気がついた段階、イエローは警戒状態で、オレンジは発見されたマークになります。イエローの状態までならば隠れればステルス状態に戻ることもできます。敵は目視することでマーカーが設置できるため、強制イベントでなければ完全に隠密行動をすることも可能。なお、プレイヤーに追従するNPCは発見されない設定になっていました。過去シリーズからは、格闘が強すぎたためカウンターアクションがカットされています。


ネイトの新しい装備、ロープによるアクションも見所です。ロープは特定の場所にのみかけることができ、一気に障害物を飛び越えたり、ロープをつたって高いところに登るといった地形を活かした移動が可能です。また、ロープでぶら下がっている最中にも銃を乱射できるので、平面による撃ち合いのみでなく、あちこち飛び回りながら撃ちまくって敵を撹乱するといった作戦もとれるとのこと。戦い方の自由度も高くなったので他にも、車に乗ったまま突っ込んだり、敵に見つからないまま制圧したりすることができます。

■ローカライズも納得の仕上がり



本作の難易度は、「練習・初級・中級・上級・プロ」から選択することができます。難易度が変わると敵の数や種類が変化するほか、発見されるスピードも変わるようです。ローカライズに関しては、海外版と表現の違いはなく、海外は「16+」、日本は「CERO C」となります。音声・字幕は個別に日本語・英語が選択できます。英語版ではサリーがダンディなおじさんになっているとのことなので、日本語版との違いを楽しむこともできそうです。


以上、PS4『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の最新ハンズオンをお届けしました。新たに描かれるワイドリニアな世界で、地形やロープを使った多彩なアクションができる本作。バトルも乗り物やステルスアクションなどより自分好み戦い方が可能になったのもポイントです。映画のような美しいグラフィックを舞台に、自由に冒険をする楽しみを味わえる日はもうすぐです。
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

    不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  4. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  8. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  9. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  10. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

アクセスランキングをもっと見る