人生にゲームをプラスするメディア

【特集】みんなそれぞれのポケモンの思い出(8)「ピカチュウの“鳴き声”ってすげー!」

任天堂 その他

 
  •  
「ポケモン」のアニメが始まるよりも前から、大谷育江さんの声を耳にする機会が多い日々を過ごしていました。当時見ていたアニメへの出演はもちろん、『ヒロインドリーム』の大羽音夢役などゲーム方面での活躍も忘れられません。ですが、大谷さんが“サトシのピカチュウ”の声を担当されていることに自分が気づいたのは、既に「ポケモン」がワールドワイドに展開していた頃でした。

今は探偵としても活躍しているピカチュウ 『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』から


ピカチュウの“鳴き声”という制限された言葉使いの中で、サトシだけでなく視聴者にもその感情を雄弁に伝える表現力にも驚かされましたが、海外での放映が吹き替えで行われる中、ピカチュウだけは「大谷さんの声のまま」と伝え聞き、更なる驚愕を覚えたものです。

その背景には、大谷さんの演技力、そして“ピカチュウの声”としての魅力の高さがあったからこそ。その結果、国や言語の壁を超えて、大谷さんの声が世界中の子供達のもとに届けられています。形に合わせるだけでなく、貫くことも大事な魅力のひとつと教えてもらい、それが今の自分の一部となりました。この20周年を機に、世界規模で活躍する「ポケモン」と大谷さんに、この場を借りて更なるエールを送らせていただきます。せいゆうのちからってすげー!

(C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. Developed by Creatures Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

    【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ

    任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ

  4. 【読者アンケート】一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

  6. ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

  7. 『閃乱カグラ』新作発表会が8月1日(パイの日)に開催!ゲストに叶美香、『シノビリフレ』最新情報も

  8. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?

  9. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る