人生にゲームをプラスするメディア

PSVR開発責任者がOculusとの差異語る…「手頃な価格でなければならない」

ゲームビジネス VR

PS VR開発責任者伊藤雅康氏がOculusとの差異語る―「手頃な価格でなければならない」
  • PS VR開発責任者伊藤雅康氏がOculusとの差異語る―「手頃な価格でなければならない」
Oculus RiftとHTC Viveの予約がスタートし、VRへの期待感が高まっている昨今。海外メディアPolygonがPS4のVRデバイスPlayStation VR(PS VR)関係者にインタビューを実施し、その中で開発責任者伊藤雅康氏がOculus Riftとの差異について語っています。

伊藤氏はインタビューの中で「ハイエンドクオリティの話なら、私はOculusが良いVRであることを認めます」と述べた上で、「しかし、それは非常に高価であり、非常に高速なPCが必要です。ソニーのヘッドセットの最大の利点はPS4で動作すること。日常的な使用に耐えうる使いやすさがあり、手頃な価格でなければいけません。これはハイエンドPCユーザーのためではありません。大衆市場のためです」と語りました。

PS VRの価格はユーザーから大きな注目を浴びていることの1つ。これまで登場しているVRデバイスは、Oculus Riftが北米599ドル/日本9万4600円、HTC Viveが北米799ドル/日本11万1999円で、さらにハイエンドPCが必要なこともあり、少しばかりハードルの高さを感じさせます。PS VRの発売時期は2016年上半期で、3月15日にはGame Developers Conference 2016(GDC2016)でPS VRのプレゼンテーションを予定。コンソール機のVRデバイスであるPS VRの続報に注目が寄せられます。

PS VR開発責任者伊藤雅康氏がOculusとの差異語る―「手頃な価格でなければならない」

《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

    VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  2. 【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

    【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

  3. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

    県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  6. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  7. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  8. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  9. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  10. 【GDC 2013】Q-Gamesディラン・カスバート氏が『スターフォックス』で得た「アイデアを制限する」デザイン論

アクセスランキングをもっと見る