人生にゲームをプラスするメディア

PSVR開発責任者がOculusとの差異語る…「手頃な価格でなければならない」

Oculus RiftとHTC Viveの予約がスタートし、VRへの期待感が高まっている昨今。海外メディアPolygonがPS4のVRデバイスPlayStation VR(PS VR)関係者にインタビューを実施し、その中で開発責任者伊藤雅康氏がOculus Riftとの差異について語っています。

ゲームビジネス VR
PS VR開発責任者伊藤雅康氏がOculusとの差異語る―「手頃な価格でなければならない」
  • PS VR開発責任者伊藤雅康氏がOculusとの差異語る―「手頃な価格でなければならない」
Oculus RiftとHTC Viveの予約がスタートし、VRへの期待感が高まっている昨今。海外メディアPolygonがPS4のVRデバイスPlayStation VR(PS VR)関係者にインタビューを実施し、その中で開発責任者伊藤雅康氏がOculus Riftとの差異について語っています。

伊藤氏はインタビューの中で「ハイエンドクオリティの話なら、私はOculusが良いVRであることを認めます」と述べた上で、「しかし、それは非常に高価であり、非常に高速なPCが必要です。ソニーのヘッドセットの最大の利点はPS4で動作すること。日常的な使用に耐えうる使いやすさがあり、手頃な価格でなければいけません。これはハイエンドPCユーザーのためではありません。大衆市場のためです」と語りました。

PS VRの価格はユーザーから大きな注目を浴びていることの1つ。これまで登場しているVRデバイスは、Oculus Riftが北米599ドル/日本9万4600円、HTC Viveが北米799ドル/日本11万1999円で、さらにハイエンドPCが必要なこともあり、少しばかりハードルの高さを感じさせます。PS VRの発売時期は2016年上半期で、3月15日にはGame Developers Conference 2016(GDC2016)でPS VRのプレゼンテーションを予定。コンソール機のVRデバイスであるPS VRの続報に注目が寄せられます。

PS VR開発責任者伊藤雅康氏がOculusとの差異語る―「手頃な価格でなければならない」

《水京》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2009】開発と経営は友達に~急成長するイメージエポックが語る「現代の日本におけるゼロメイクの提案型ゲーム開発とは」

    【CEDEC 2009】開発と経営は友達に~急成長するイメージエポックが語る「現代の日本におけるゼロメイクの提案型ゲーム開発とは」

  2. 山内相談役、イチロー選手に任天堂株を贈呈

    山内相談役、イチロー選手に任天堂株を贈呈

  3. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  4. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  5. 「ソーシャルゲーム検定」正式版リリース、適性あるテストエンジニアを見極めることが可能

  6. 4年連続で最優秀賞を受賞。GMOアプリクラウドに聞く喜びの声・・・ゲームクラウドアワード2015

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. Twitterで分かる話題になっているゲーム機

  9. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  10. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

アクセスランキングをもっと見る