人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福

ゲームビジネス 開発

【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福
  • 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福
  • 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福
  • 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福
  • 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福
  • 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福
  • 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福
  • 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福
  • 【レポート】プラチナゲームズ設立10周年パーティーに潜入―小島監督ら業界人が祝福


大阪を拠点とするデベロッパーのプラチナゲームズは、東京都内で、同社の創設10周年を記念するパーティー「PLATINUM GAMES 10th ANNIVERSARY PARTY」を開催しました。

会場に詰めかけたゲーム業界の関係者が見守る中、スタジオのプロデューサーやディレクター陣を率いて、代表取締役社長の三並達也氏がステージに登壇。10年という長い道のりを振り返ると共に、これまで関わった人々やゲームを遊んでくれたユーザーに感謝の意を表明。


三並達也氏(中央)とプラチナゲームズのメンバー

三並社長は、「10年で10本のゲームを作ってきて、うまくいく時もいかない時もあった。世界に通用するゲームを作ろうと考えてやってきた。難しいところもあったが、ちょっとは名前を覚えてもらえるようになった」などと述べ、10年やってこれたのは何よりスタッフのおかげだとして、社員たちにも賛辞をおくりました。


セガホールディングス代表取締役社長 岡村秀樹氏

次に登壇したのはセガホールディングス代表取締役社長COOの岡村秀樹氏。岡村社長は、プラチナゲームズが変化の激しいゲーム業界で10年やってきたのは本当に大変なことだと評価。「世界に通用する数少ない日本のデベロッパーとして、良い作品を提供し続けながら成長してきたのは、我がことのようにうれしく誇らしい」と感慨深く祝辞をのべて、乾杯を行いました。


ディレクター神谷英樹氏

インサイドとGame*Spark編集部は、プラチナゲームズの名物ディレクター神谷英樹氏に、創設10年を振り返った感想を聞いてみました。神谷氏は、10年も経ったのに、自分が作ったのは『ベヨネッタ』と『The Wonderful 101』の2本しかないので、生きてる間にもっとたくさん作れるようにペースアップしたい、とコメント。また現在手がけている『Scalebound』については、「キャリアの中でもはじめて“RPG”を作っているので、やり応えのあるゲームに挑戦したい」などと話していました。


プロデューサーの稲葉敦志氏

一方、プロデューサーの稲葉敦志氏にも話を聞いたところ、10年経ったのに思ったより作ったゲームの数が少なかった、節目感は全く無くて、ゲームで言うとまだ1ステージやっと終わった感覚だという回答でした。また、今後については、あくまで個人的な考えとして、VRなども登場して今ゲーム業界が面白くなってきている時代なので、ユーザーを驚かせるような形で届けていきたい、などと抱負を語っていました。


MSのフィル・スペンサー氏からのビデオメッセージ

そして会場には、10周年をむかえたプラチナゲームズとは打って変わって、新規スタジオを創設したばかりの小島秀夫氏の姿も。小島監督は、プラチナゲームズのメンバーとは昔から仲が良く、(『METAL GEAR RISING: REVENGEANCE』で)一緒に仕事をしたこともあり、大阪に帰った際もよく遊びに行くのだと説明。小島監督いわく、プラチナゲームズは“最後の砦”のようであり、非常にクオリティーの高いゲームを作っているので、願わくばもっとたくさんのユーザーに遊ばれてほしい、といった考えを述べていました。






ゆうぞうのものまねライブも

この後、パーティー会場では、三並社長がみずからシェフ姿でさばいた「おもてなし料理」がふるまわれたり、芸人の「ゆうぞう」によるものまねライブが披露されたりして、賑わいを見せていました。



10周年パーティーは、最後に三並社長が達磨に目を入れて、盛大な拍手で幕を閉じました。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

    県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  3. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  4. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  5. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  6. 【GDC2012】Folditに続け!塩基配列を元にしたシリアスゲーム「Phylo」とは?

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 家庭用ゲーム企業との協業戦略をとるNHN Japanのチャレンジ

  9. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  10. 2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

アクセスランキングをもっと見る