人生にゲームをプラスするメディア

映画「オデッセイ」で体感するVR技術、20分に渡り宇宙飛行士の気分を堪能

ゲームビジネス VR

「オデッセイ」で体感するVR技術 20分に渡り宇宙飛行士の気分を堪能
  • 「オデッセイ」で体感するVR技術 20分に渡り宇宙飛行士の気分を堪能
  • 「オデッセイ」で体感するVR技術 20分に渡り宇宙飛行士の気分を堪能
2016年1月6日から9日にかけて、米国・ラスベガスにてCES 2016が開催された。コンシューマー・エレクトロニクス・ショーのタイトルに相応しく、最先端の家電・映像音響機器からハイテクノロジーなガジェットが集まった巨大国際見本市である。
会期中、なかでも大きな注目を浴びたひとつがVRである。日本では2016年に公開し、大ヒットを続ける映画『オデッセイ』を使ったVRシステムの体験コーナーも設けられ人気を呼んでいた。

VRとは、使用者の360度全方向を取り囲む、迫力のある3D空間が出演するバーチャルリアリティのことを指す。近年は映画やゲーム、アトラクションなどさまざまな領域で活用するべく、研究が進められている。
『オデッセイ』でのVR体験は、間もなく一般に発売予定のOCULUS RIFTのヘッドセットを付け、さらにOCULUS TOUCHコントローラーを両手に持って行うことになる。
一般的に映画のVRはクライッマクスシーンを再現したものが一般的で、長さも5分から長くて7、8分程度が主流。しかし本作では、本編の物語に沿った20分間をじっくりと楽しめたという。

最初のVR体験は、空から火星に自分が降りてくるもので、地面がどんどん近づいて来るシーンだ。火星の砂嵐や、主人公の宇宙飛行士マーク・ワトニーが立ち上がる瞬間を、臨場感を持って味わえる。
その後ワトニーは火星で自給自足の生活を始めることになるのだが、その際は自分がテーブルに座っているワトニーになり、生活の一場面を体験できる。このとき、コントローラーを持った両手が、ワトニーの手となっている。ジャガイモをつかんで、目の前にある大きな鍋に放り投げるなど、何気ない行動も感動的な体験として切り取られている。
物語が後半に進むと、ワトニーが火星から脱出するために試行錯誤を繰り返す。その一連の体験もVRとして用意されているのだ。
ソーラー・パネルをトラックの荷台に乗せるときには、目の前にあるレバーを両手で操作することになる。作業の後半、「ストームが近づいているから気をつけろ」と警告が聞こえ、横を振り向くと、実際にストームが近づいてきているというのだから驚きだ。

そしていよいよ脱出ロケットに乗り込むと、「目の前にあるグリーンのボタンを押せ」などの指示が飛び交う。ロケットが発射されるとき、椅子から伝わる振動もリアルで迫力がある。
すべてが終わるころには、額にうっすら汗をかいているほどの没頭感があるという。ハリウッドがVR市場に大きな可能性を感じていることは間違いないだろう。

『オデッセイ』
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

「オデッセイ」で体感するVR技術 20分に渡り宇宙飛行士の気分を堪能

《ユマ》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

    ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  2. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

    『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  5. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  6. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  9. 人々の予想を超えるエンターテイメントを提供していく・・・ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア 盛田厚プレジデント

  10. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

アクセスランキングをもっと見る