人生にゲームをプラスするメディア

スライムの衝撃再び!新宿駅に『ドラクエ』モンスターが大量出現、今回も討伐可能

ソニー PS4

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアとスクウェア・エニックスは、東京メトロ丸ノ内線新宿駅構内メトロプロムナードにおいて「新宿ドラゴンクエストジャック」を1月25日から1月31日までの1週間限定で開催すると発表しました。

「新宿ドラゴンクエストジャック」はPS4/PS3/PS Vitaソフト『ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ』の発売を記念して行われるもので、「ブロックモンスター討伐作戦」と「新宿モンスターロード」の2つが展開されます。

◆ブロックモンスター討伐作戦




東京メトロ新宿駅構内の東口と西口とを結ぶ約80メートルにわたる通路の“壁面”に、ブロック玩具を用いてドット絵状に描いた『ドラゴンクエスト』シリーズおなじみのモンスターが大量に出現します。

壁を埋め尽くしたブロック玩具の大量のモンスターの下には、『ドラゴンクエストビルダーズ』の世界を描いたスペシャルポスターが貼られていますが、初日は約18万個のブロックによる大量のモンスターに占領されて見えない状態に。ブロック下のポスターを見るためには、約18万個のブロックを1つ1つ取り外してモンスターを討伐しなければならないため、多くの参加者の方々の力が必要です。



なお、「ブロックモンスター討伐作戦」は誰でも気軽に参加できます。約18万個のブロックのうち300個には「限定QRコード」が印字されており、スマートフォンなどで読み込むことでオリジナル壁紙画像をダウンロードすることができ、もちろんブロックは持ち帰り可能。制作期間は4日間のべ32時間で、制作に携わったスタッフは総勢100名にのぼります。

◆新宿モンスターロード」




同エリアの柱ポスターを30体の『ドラゴンクエスト』シリーズおなじみのモンスター達がジャックします。ゲームの中では凶暴なモンスター達ですが、それぞれのモンスターは、プレイステーションとのタッグでさらに磨きのかかった自分の魅力について、思い思いにコメント。「飛ぶ鳥を落とす勢いの、キメラが来ましたよ。(byキメラ)」「最近、笑顔をよく褒められます。(byばくだんいわ)」「ドラゴンクエストの最高金賞は、俺のものだ(byゴールドマン)」など、モンスターたちの個性あふれる発言を楽しむことができます。



なお、30体のうち3体には「?」マークが表示されており、1月26日にその正体が明らかに。昨年、同場所にて、通行人の皆さまの力を借りて実施した「スライム 10万匹討伐戦in 新宿」では、出現からわずか1日でスライム約10万匹の討伐を達成しましたが、今回はその記録を更新できるのかも見どころの一つとなります。

■開催概要

開催日時:1月25日~1月31日6:00から23:00
※壁面ブロックの取り外しが出来るのは、1月28日7:00からになります。ご注意ください。
開催場所:東京メトロ丸ノ内線 新宿駅メトロプロムナード
(※アクセス 新宿東口側地下A9出口、アルタ地下入口付近)
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4/Xbox One『ドラゴンボール ファイターズ』発売日決定! ナッパとギニューも参戦

    PS4/Xbox One『ドラゴンボール ファイターズ』発売日決定! ナッパとギニューも参戦

  2. 『PUBG』に続け!PS4やスマホでプレイできるサバイバルゲーム4選

    『PUBG』に続け!PS4やスマホでプレイできるサバイバルゲーム4選

  3. 【プレイレポ】『巨影都市』一般人の視点で巨人の脅威をダイナミックに描く、唯一無二の体験を見逃すな!

    【プレイレポ】『巨影都市』一般人の視点で巨人の脅威をダイナミックに描く、唯一無二の体験を見逃すな!

  4. 【TGS2017】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明が描いた「人造人間21号」をお披露目! CVに桑島法子を起用─映像&実機プレイで綴るステージをレポート

  5. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  6. 『ドラゴンボール ファイターズ』第2.5弾PVと「フリーザ」「ヤムチャ」「天津飯」のキャラクターPVを新たに公開!

  7. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  8. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  9. 『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』2018年発売決定―開発は「スパロボ」シリーズのB.B.スタジオ!

  10. 【特集】初代PS迷作料理ゲームを比較レビュー…究極の『チャルメラ』VS至高の『ラーメン橋』

アクセスランキングをもっと見る