人生にゲームをプラスするメディア

『牢獄の悪夢』開発者が「人狼ゲーム」を商標登録、目的は「誰でも自由に使えるようにするため」

その他 全般

『牢獄の悪夢』開発者が「人狼ゲーム」を商標登録、目的は「誰でも自由に使えるようにするため」
  • 『牢獄の悪夢』開発者が「人狼ゲーム」を商標登録、目的は「誰でも自由に使えるようにするため」
今や、様々な形で広がりを見せている“人狼ゲーム”。会話主体で楽しむテーブルプレイ形式のみならず、カードゲームやアプリでも遊べるようになり、また“人狼ゲーム”をテーマとした演劇や小説なども展開しています。

ひとつのカテゴリーとして確立している向きもある“人狼ゲーム”ですが、この名称を鈴木カズヒサ氏が商標登録したことが、本人のTwitterアカウントでの報告によって明らかとなりました。


商標登録した理由に関して鈴木氏は、「“人狼ゲーム”という言葉を誰でも自由に使えるようにしようと思って」と説明。また、請求権などを行使する意志はないことも明かしています。

iOSアプリ『人狼ゲーム~牢獄の悪夢~」や小説「人狼ゲーム~人事の悪夢~」といった作品を手がけている鈴木氏。“人狼ゲーム”の世界に関わる人間のひとりだからこそ、よりよい環境作りのため、今回の行動に踏み切ったのかもしれません。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

    【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  2. 【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

    【TGS2017】2次元やVRを超えてしまった!?『ぎゃる☆がん2』ステージイベントでリアル突風がスカートに襲いかかる“現実”

  3. 「けものフレンズ」のラッキービーストが、手のひらサイズのソフビフィギュアで発売決定

    「けものフレンズ」のラッキービーストが、手のひらサイズのソフビフィギュアで発売決定

  4. 【特集】『PC向け戦略系ゲーム』9選―マニアにおすすめ!

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. 『真・三國無双』郭嘉役の三宅淳一氏が最新作『8』を降板―病気の治療のため

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【特集】2016年のイベントを飾ってくれた美人コンパニオンさんの写真を厳選!ミニインタビューつきで紹介

  9. 【昨日のまとめ】Switch版『バイオハザード リベレーションズ』2作をプレイ、PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展、『STEINS;GATE ELITE』スイッチ向けにもリリース…など(9/21)

  10. 【特集】「東京ゲームショウ2017」各出展メーカーの特設サイトまとめ(随時更新)

アクセスランキングをもっと見る