人生にゲームをプラスするメディア

App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入

Mojangが開発したボクセルベースのサンドボックス『Minecraft』。多数のプラットフォームでリリースされ、人気を博している本作ですが、iOS版の『Minecraft: Pocket Edition』の続編を騙る偽アプリが海外App Storeに登場しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
  • App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
  • App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
Mojangが開発したボクセルベースのサンドボックス『Minecraft(マインクラフト)』。多数のプラットフォームでリリースされ、人気を博している本作ですが、iOS版の『Minecraft: Pocket Edition』の続編を騙る偽アプリが海外App Storeにて配信されていたことが分かりました。



偽アプリのタイトル名は『Minecraft: Pocket Edition 2』。開発者の名前には『The Five Night's at Freddy's』の開発者Scott Cawthon氏と誤認させることが目的なのか、Scott Cawtho"r"nの名前で登録されている他、Mojang ABのクレジットも書かれています。

海外メディアEurogamerの報告によると、偽アプリのApp Storeの概要には『Minecraft』の続編らしきことが書かれており、スクリーンショットも本物が使われていますが、実際のアプリの中身は『Minecraft』と欠片の関係性も無いトップダウンスワイプゲームだったとのこと。一時は北米のApp Storeチャートで4位にランクインしており、相当数の被害者がいると考えられます。Scott Cawtho"r"nを名乗る人物は、この他にも『Five Night at Freddy's - All in One Edition』など、存在しないはずのタイトルをApp Storeで販売しているようです。


偽アプリのストア画面「By Scott Cawtho"r"n」と書かれている

この件についてEurogamerがMojangに問い合わせた所、既に著作権と商標権侵害としてアプリの削除申請を行ったとのこと。筆者が確認した所、午前2時45分頃に『Minecraft: Pocket Edition 2』を含む、Scott Cawtho"r"nの配信タイトルが削除されたことを確認しました。

配信アプリの認定システム有しているApp Store。近年では詐欺まがいのアプリも確認されており、その安全性が脅かされつつあります。今回の偽アプリは国内で配信されることはありませんでしたが、こうした隙を突くアプリに騙されないよう注意する必要がありそうです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. “昔ながら”からの脱却―『ワールドフリッパー』のドット絵はなぜ今風に見えるのか?こだわりが凝縮した開発インタビュー

    “昔ながら”からの脱却―『ワールドフリッパー』のドット絵はなぜ今風に見えるのか?こだわりが凝縮した開発インタビュー

  2. 「装甲騎兵ボトムズ」スコープドッグをイメージした“基板アート”iPhoneケース登場! レンズ発光ギミックにむせる

    「装甲騎兵ボトムズ」スコープドッグをイメージした“基板アート”iPhoneケース登場! レンズ発光ギミックにむせる

  3. 「タワーディフェンス」の人気タイトル、スタイリッシュな『アークナイツ』と“何でもアリ”が加速する『千年戦争アイギス』を比較してみた

    「タワーディフェンス」の人気タイトル、スタイリッシュな『アークナイツ』と“何でもアリ”が加速する『千年戦争アイギス』を比較してみた

  4. Yostar、NAT Games新作『Project MX(仮称)』の国内配信を発表!“青春×奇跡×武器”テーマのタクティカルバトルが展開―期待高まるPVもお披露目

  5. 『アークナイツ』池袋駅にて大規模なジャック広告を開始!「アーミヤ」「シージ」「エクシア」など総勢80種類以上の美麗なイラストを展開

  6. 『けものフレンズ3』ハーフアニバーサリー特設サイトをオープン!次回公式生放送は26日20時から

  7. 『このファン』2月27日配信決定!プレイアブルキャラ総出演のオープニングムービー公開

  8. 『FGO』でも「清少納言」と「紫式部」は仲が悪い?新イベントで明らかとなったその関係を紹介!

  9. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  10. 『FGO』いちゃらぶバレンタインなんてクソくらえ!筆者オススメの“面白さに全振りした”チョコ受け渡しシナリオTOP5

アクセスランキングをもっと見る