人生にゲームをプラスするメディア

App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入

モバイル・スマートフォン iPhone

App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
  • App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
  • App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
Mojangが開発したボクセルベースのサンドボックス『Minecraft(マインクラフト)』。多数のプラットフォームでリリースされ、人気を博している本作ですが、iOS版の『Minecraft: Pocket Edition』の続編を騙る偽アプリが海外App Storeにて配信されていたことが分かりました。



偽アプリのタイトル名は『Minecraft: Pocket Edition 2』。開発者の名前には『The Five Night's at Freddy's』の開発者Scott Cawthon氏と誤認させることが目的なのか、Scott Cawtho"r"nの名前で登録されている他、Mojang ABのクレジットも書かれています。

海外メディアEurogamerの報告によると、偽アプリのApp Storeの概要には『Minecraft』の続編らしきことが書かれており、スクリーンショットも本物が使われていますが、実際のアプリの中身は『Minecraft』と欠片の関係性も無いトップダウンスワイプゲームだったとのこと。一時は北米のApp Storeチャートで4位にランクインしており、相当数の被害者がいると考えられます。Scott Cawtho"r"nを名乗る人物は、この他にも『Five Night at Freddy's - All in One Edition』など、存在しないはずのタイトルをApp Storeで販売しているようです。


偽アプリのストア画面「By Scott Cawtho"r"n」と書かれている

この件についてEurogamerがMojangに問い合わせた所、既に著作権と商標権侵害としてアプリの削除申請を行ったとのこと。筆者が確認した所、午前2時45分頃に『Minecraft: Pocket Edition 2』を含む、Scott Cawtho"r"nの配信タイトルが削除されたことを確認しました。

配信アプリの認定システム有しているApp Store。近年では詐欺まがいのアプリも確認されており、その安全性が脅かされつつあります。今回の偽アプリは国内で配信されることはありませんでしたが、こうした隙を突くアプリに騙されないよう注意する必要がありそうです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』1200万DL突破キャンペーンの開催決定! 7騎のサーヴァントを強化、マスターミッションの報酬も増加

    『FGO』1200万DL突破キャンペーンの開催決定! 7騎のサーヴァントを強化、マスターミッションの報酬も増加

  2. モバイル向けMMORPG『妖怪惑星クラリス』がサービス終了…SNSで突然のお別れ

    モバイル向けMMORPG『妖怪惑星クラリス』がサービス終了…SNSで突然のお別れ

  3. 『アイドルマスター シャイニーカラーズ』は「原点回帰」―坂上P、高山氏に誕生のきっかけやキャラクターデザインの意図を訊いてみた

    『アイドルマスター シャイニーカラーズ』は「原点回帰」―坂上P、高山氏に誕生のきっかけやキャラクターデザインの意図を訊いてみた

  4. 【読者アンケート】「『FGO』で今足りないものは? 育成編」結果発表─上位3位が全体の75%を占める大接戦!

  5. 【読者アンケート】「『FGO』で今足りないものは? ゲームプレイ編」結果発表─欲しいのは“戦力”よりも“嫁”、1位は誰もが納得!?

  6. 『FGO』一番好きな褐色サーヴァントは誰?(男性編)【読者アンケート】

  7. 基本プレイ無料・アイテム課金の『グリムノーツ』に動画広告「maio」を導入したきっかけは!? 『グリムノーツ』プロデューサー・石井氏インタビュー

  8. 『FGO』現在出ている情報からカルデアの年表を考察【特集】

  9. 『ブレイブ フロンティア2』の配信が嬉しすぎたインサイドちゃん、Twitterアイコン&ヘッダーを差し替え!?

  10. 『アズールレーン』新駆逐艦「マスケティーア」と「マッチレス」が公開―まるでアイドル!

アクセスランキングをもっと見る