人生にゲームをプラスするメディア

「Unity for 遊技機」発表、月額9000円でアーケード筐体の開発が可能に

ゲームビジネス 開発

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、ゲームなどインタラクティブコンテンツの統合開発環境「Unity」向けとなる「Unity for 遊技機」ライセンス(EULA)を発表しました。

「Unity for 遊技機」ライセンス(EULA)は、パチンコやパチスロを含む国内の遊技機・アーケード筐体の開発が月額9000円で可能になるというもの。Unity Pro通常版のEULAに追加付与される形で提供されるほか、ロイヤリティなしに利用可能です。なお、生産台数が1000台以下の組み込み機器については別途許諾を受ける必要はありません。


また、このライセンスは対象プラットフォームに対する特別な制約はありませんが、ハードウェアが対応するプラットフォームがAndroidの場合、別途Unity Android Proアドオンライセンス(月額9000円)も必要となります。

●「Unity for 遊技機」ライセンスのEULAにおいて許諾されるもの
・日本国内にて販売・および設置されるパチンコ、パチスロを含む遊技機のコンテンツの開発(アーケードゲームを含む)

・このライセンスの許諾を受けるには、サブスクリプション版のUnity Proをご利用いただく必要があります。

・月額のサブスクリプション費用のみでコンテンツの配信までいただけます。ロイヤリティは発生しません。

・Unity 5を含む最新版のUnityをご利用いただけます。

・このライセンスは特別なバージョンのランタイムソフトウェアを提供するわけではなく、通常のUnityのランタイムを対象とします。

・このライセンスではソースコードおよびサポートは提供されません。ソースコードおよびサポートが必要な場合は別途購入が必要となります。ソースコードおよびサポートの取得については別途お問い合わせ下さい。

・日本国外のカジノ等で使用される賭博用のコンテンツ開発には本ライセンスは利用できません。Unity Gambling Licenseを別途お求めください。
http://unity3d.com/unity/industries/gambling
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  2. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【CEDEC 2010】良い立体視を作るコツとは?そのお作法を紹介

  5. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  6. 【GTMF 2014】「Photonネットワークエンジン」がリニューアルされ、新たにチャットやクラウドセーブなどが可能に!

  7. 【CEDEC 2010】横浜は夜も大盛り上がり~Developers Night

  8. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  9. セガ、新社長に現・常務取締役の鶴見尚也氏が就任 ― グループ会社人事を刷新

  10. TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のVR版が登場!キャラクターシートやルールブックの参照も可能

アクセスランキングをもっと見る