人生にゲームをプラスするメディア

「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など

その他 全般

「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など
  • 「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など
  • 「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など
  • 「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など
  • 「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など
  • 「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など
  • 「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など
  • 「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など
  • 「闘会議GP」ゲーム大会の賞金総額が1億円突破 ―『ダンジョンストライカー』1,100万円、『モンギア』2,000万円など
ドワンゴは、賞金・賞品総額1億円以上のゲーム大会「闘会議GP(グランプリ)」の追加開催タイトルや、一部ゲームタイトルの賞金総額を発表しました。

総勢40以上の大会が開催され、日本最大級のゲーム大会となる「闘会議GP」。その賞金・賞品の総額は1億円を超え、多くのゲームファンから注目を集めています。先日も、賞金総額5,000万円の「モンストグランプリ2016闘会議CPU」が発表され、大きな話題を呼びました。


一部のタイトルは、すでに9月から地区大会を実施。各大会の成績優秀者は、来年1月に開催される「闘会議2016」の決勝大会に出場することができるので、今後も更なる激戦が各地で行われます。

そんな「闘会議GP」の使用ゲームタイトルが、今回更なる追加公開。『スーパーマリオメーカー』『ダンジョンストライカー』『実況パワフルプロ野球』(モバイルゲーム)『レインボーシックス シージ』などを始めとする人気ゲームの大会が決定しました。また、一部タイトルでは賞金総額も明らかに。大会出場を狙っている方は、実施タイトルや地区大会スケジュールなどをしっかりチェックしておきましょう。

◆闘会議GP 概要



■実施タイトル
モンスターストライク(賞金制大会/総額5,000万円) 
モンスターギア(賞金制大会/総額2,000万円) 
ダンジョンストライカー(賞金制大会/総額1,100万円)
レインボーシックス シージ(賞金制大会)
スーパーマリオメーカー
Splatoon
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション
実況パワフルプロ野球(モバイルゲーム)
ウイニングイレブン2016
METAL GEAR ONLINE
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT
あっちむいてホイ

■今後の地区大会スケジュール
11月3日
闘会議GP近畿地区大会inグランフロント大阪 うめきた広場(大阪府)

1月15日
闘会議GP東北地区大会inイオンモール名取(宮城県)

11月22日
闘会議GP中国地区大会inイオンモール広島祇園(広島県)

12月6日
闘会議GP東海地区大会inイオンモール名古屋茶屋(愛知県)

12月13日
闘会議GP四国地区大会inイオンモール高松(香川県)

12月20日
闘会議GP近畿地区大会inイオンモールりんくう泉南(大阪府)

12月26日・27日
闘会議GP北海道大会inイオンモール札幌平岡(北海道)

12月26日・27日
Splatoon甲子園 関東地区大会(東京・ニコニコ本社)

1月9日・10日
闘会議GP九州地区大会inイオンモール福津(福岡県)

1月30日
パズドラ インターナショナル チャンピオンシップ 最終予選大会(闘会議2016内)

※一部の大会主催は、一般社団法人e-sports促進機構となります。
※実施タイトルは今後追加発表します。賞金制大会は一部の大会となります。
※各大会の詳しいルール、開催地区は闘会議GP公式サイト(http://tokaigi.jp/gp/)をご確認ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

(C)DWANGO Co., Ltd. All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「主人公より存在感ある強烈ゲームキャラ」10選

    【特集】「主人公より存在感ある強烈ゲームキャラ」10選

  2. 【TGS2017】華やかなコンパニオンとコスプレイヤーがステージに次々と登場!コンゾンジャパンブースフォトレポート

    【TGS2017】華やかなコンパニオンとコスプレイヤーがステージに次々と登場!コンゾンジャパンブースフォトレポート

  3. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part2

    【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part2

  4. 【TGS2017】日本ゲーム大賞「フューチャー部門」発表!『Detroit』『PUBG』『モンハン:ワールド』など10作品

  5. 【TGS2017】“どこかで見たような”汎用ゲームパッドが展示……スイッチにも対応

  6. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  7. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』キャラクリ要素を紹介したステージレポ、『アイドルマスター ステラステージ』新人アイドル「詩花」、『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』予約開始…など(9/23)

  8. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  9. 【TGS2017】今年の総来場者は254,311人に―2018年は9月20日~9月23日に開催

  10. 【TGS2017】『モンスターハンター: ワールド』は長蛇の列!エアガンやVR体験まで幅広いカプコンブースレポート

アクセスランキングをもっと見る