人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015

神奈川県の横浜で開催されたエピック・ゲームズジャパン主催のUnreal Engine勉強会イベント「UNREAL FEST 2015 YOKOHAMA」。本イベントで実施された、「~未来はここに~ Oculusによる最新VR動向とUE4 VR事例」セッションのレポートをお届けします。

ゲームビジネス 開発
【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015
  • 【レポート】VRコンテンツ開発の鍵は「VR酔いの解消」 ― UE4との動向を語るUF2015

神奈川県の横浜で開催されたエピック・ゲームズジャパン主催のUnreal Engine勉強会イベント「UNREAL FEST 2015 YOKOHAMA」。本イベントで実施された、Oculusによる「~未来はここに~ Oculusによる最新VR動向とUE4 VR事例」セッションのレポートをお届けします。

この講演は、Oculusパートナーエンジニアリングスペシャリスト“GOROman”こと近藤義仁氏が登壇すると共に開始しました。


■Oculus Rift最新情報を改めて紹介、注目すべき機能とは?

初めに同氏は、90年代後半からプログラマーとして活躍した略歴を紹介。2013年4月にOculus Rift DK1を初めて手に取った時の興奮が冷めやらず、2014年に米国と日本を何度も往復しOculusのチームとコンタクトする内に同社の日本チームを立ち上げることになったとのことです。その紹介の後、Oculus Riftの開発者会議“Oculus Connect 2”で発表された本デバイスの情報を改めて紹介しました。




製品版のOculus Riftは、90Hzでの動作や1080 x 1200の有機EL2枚のディスプレイを搭載することで、快適かつ低負担を実現。本体の左右にはヘッドフォン/マイクを追加、USB接続時にA/DとD/Aに変換します。IPD(瞳孔間距離)調整ではディスプレイの位置を物理的に調節可能です。




続いて、サムスンのGalaxyスマートフォンを利用してVR体験ができる同社開発のアダプター「Gear VR」を紹介。このアダプターにて稼働中の「Oculus Platform」は、Home UIやStore、アプリ内課金、フレンドリスト、実績などに対応した、デベロッパーとプラットフォーム、そしてユーザーと繋がるコンテンツです。スライドはイメージのもので、このアプリで全てのサービスを受けることが出来るように開発されています。Oculus Rift向けには近日開始予定です。

そしてVR空間に干渉するデバイスであるVRコントローラーこと「Oculus Touch」のモックアップを披露。フィードバック機能を備えており、銃を射撃した時の反動やピンポン球を板で受けた衝撃を表現出来ます。さらに、6DOFのポジショントラッキングを認識し、2つのアナログスティックと4つのボタン、ハンドトリガーで構成されていることを述べ、コンセプト映像を上映しました。




会場で上映された「Toybox」映像

この映像上映後に同氏は、動画にしてもいまいち理解しづらい事、VR体験を伝える難点として「プレイしないとわからない」ことを述べると共に、先の映像において現実で何が起きているのかを説明する動画を上映しました。


現実で起きていることを説明する「Toybox」映像

続いて、VRコントローラーを使うことで両手でVR空間にモデルを作成出来るモデリングツール「Medium」を紹介。現実のろくろや粘土模型を作るように、空間上でモデル作成を映した動画を披露しました。VRコントローラーが加わることによる遊びの幅の拡大を紹介した後、次のチャプターへ移行しました。



次ページ:VR酔いの原因と、開発時に注意する点を解説

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  2. 【DEVELOPER’S TALK】最新技術で温故知新・・・開発者の思い入れが詰まった「ハルヒ」の集大成『涼宮ハルヒの追想』

    【DEVELOPER’S TALK】最新技術で温故知新・・・開発者の思い入れが詰まった「ハルヒ」の集大成『涼宮ハルヒの追想』

  3. 今週発売の新作ゲーム『AOテニス 2』『ガンバード』『Hatsune Miku: Project DIVA Mega Mix』『Deep Rock Galactic』『Huntdown』他

    今週発売の新作ゲーム『AOテニス 2』『ガンバード』『Hatsune Miku: Project DIVA Mega Mix』『Deep Rock Galactic』『Huntdown』他

  4. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  5. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  6. スクウェア・エニックス時田氏・鈴木氏、Tokyo RPG Factory橋本氏がゲーム企画から就職までを語る―ヒューマンアカデミー「ゲーム企画塾」第1回レポート

  7. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  8. 【DEVELOPER'S TALK】ミク好きが作ったミク好きのための『初音ミク -Project DIVA-』開発秘話

  9. 【GDC2012】ゲーム専門の調査会社EEDARが明かすゲームの明るい未来

  10. 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ

アクセスランキングをもっと見る