人生にゲームをプラスするメディア

40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け

ソニー PSV

40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け
  • 40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け
  • 40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け
  • 40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け
  • 40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け
  • 40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け
  • 40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け
  • 40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け
  • 40人PTで冒険するDRPG『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』キャラデザ&音楽は“ディスガイア”の人が担当!システムや世界観を一挙お届け
日本一ソフトウェアは、PS Vitaソフト『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』を発表しました。

『夜廻(よまわり)』や『勇者死す。』、『クリミナルガールズ2』と、PS Vitaでも意欲的な展開を進行中の日本一ソフトウェアですが、このたび新たなタイトルとなる『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』をお披露目。その詳細が公開されています。


本タイトルは、1人称視点でMAPを進んでいく探索型のダンジョンRPGです。プレイヤーは、魔女“ドロニア”が所有する“1冊の本”となり、彼女の命に従って伝説の地下迷宮の攻略へと乗り出すことに。そんなプレイヤーが引き連れるのは、“人”でもなく“動物”でもない、魔女が作り出した“人形兵”達となります。



物言わぬ彼等と、1冊の本からなる特異な集団“魔女ノ旅団”が迷宮に挑むという本タイトルのキャラクターデザインを務めるのは、原田たけひと氏。また音楽は佐藤天平氏が手がけており、『ディスガイア』シリーズなどでも知られている実績豊かなクリエイター陣の参加が判明しています。


もちろん独自性豊かなゲーム性も備えており、最大40人のキャラクターが戦闘に参加するという集団戦が味わえるのも大きな特徴のひとつ。すでに発売日も2016年1月28日に決定しており、気になる物語や登場人物などの概要も公開されています。妖しげな都を舞台に、摩訶不思議な物語が綴られていく『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』を、どうぞお見逃しなく。

◆物語



――ここではないどこか。

幽かに魔法が存在する不思議な世界、テネスの物語。そこにある、妖しげな都、「ルフラン」市――

寂れた辺境の街と揶揄される、その忘れられた街には前人未到の「地下迷宮」がありました。いつ、誰が作ったものかはわかりません。

世界を統べる財宝があるとも、不死の秘宝があるとも、世界を滅ぼす魔王がいるとも伝えられますが、その真偽は何一つわかりません。わかっていることは、迷宮の中は強い「呪いの瘴気」で満ちており、「人」は半時と生きていられないことくらい。


しかし、ある時そこに一人の「魔女」がやってきて、迷宮の探索に名乗りを上げます。魔女の名は「バーバ・ヤーガ」。街の人々がいぶかしむ中、探索に乗り出す魔女の手には、「迷宮探索唯一の生き残り」といわれる男が残した伝説の書物「妖路歴程」( ようろれきてい)が握られていたのでした・・・。

◆登場人物


■夕闇の魔女“ドロニア”
「――前人未踏の地下迷宮の謎を解き明かし、さらには未知なる魔法の品を持ち帰る・・・で、ございますね?」

黒い装束に身を包んだ、黒髪と美貌を持つ魔女。王に仕える宮廷魔女で、その赤と青の目の色から、夕闇の魔女と呼ばれており、自らを“バーバ・ヤーガ”と名乗っている。片足は義足のため、いつも杖をついている。街では魔女であることを隠すため、人形劇の一座の座長を装っている。



■魔女の弟子“ルカ”
「うわぁうわぁ~。みてください、ドロニア様! 蟹さんです! 蟹さんがいますよ!」

夕闇の魔女ドロニアの弟子で、一緒に旅をしている。元気で明るく、泣いたり笑ったりと表情がくるくる変わる。師匠であるドロニアの身の回りの世話を行っており、幼いながらも炊事、洗濯、掃除にお使いと、なんでもこなす。人形劇では広場に集まった子供達にお菓子を配るのが仕事。

■呪われた伝説の書“妖路歴程”
地下迷宮の唯一の生還者であり、迷宮の奥底まで踏破、その秘密を解き明かしたと言い伝えられる男が残した伝説の書物。迷宮からの帰還後に憑かれたように書きあげたと言われており、その名を“妖路歴程”(ようろれきてい)と言う。呪われた書物とも呼ばれているが、その後、所在が不明となったため、その真偽の程は定かではない。

プレイヤーの魂が封じられている、プレイヤーの分身。自分で動くことができず、いつも魔女の弟子に持ってもらっている。意思の表明はできるが、喋ったり感情を示すことはない。

◆世界観


■古の地下迷宮を持つ都“ルフラン”市

物語の舞台となる辺境の都市。王都から西の山脈を3つ越えたところに位置する忘れ去れた街で、他の都市との交流がほとんど無い。一時期は、地下迷宮の噂を聞きつけた者達の来訪が後を絶たないこともあったが、今では、あまりの難攻不落ぶりに、訪れるものもいなくなっているという。

■地下迷宮
ルフラン市、西区の中央広場にある井戸の底に存在するという噂の迷宮。様々な財宝が眠ると言われているが真偽の程は定かではない。また、地下は強い瘴気に満ちており、公式に挑んだ者だけでも、すでに568人の命が地下迷宮で失われており、唯一の生存者含めて、全ての人間が既に死亡している。

■魔女ノ旅団
魔女が作り出す“人形兵”。その人形兵で構成された集団である“カヴン”が複数集まったものを“魔女ノ旅団”と呼ぶ。人形兵は、魔法生物(マナニア)であり、魔力が豊富な地下空間でのみ、人の姿になることができる。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ドラゴンボール ファイターズ』アニメの主題歌などに変更できるDLC「アニソン&BGMパック」配信決定

    『ドラゴンボール ファイターズ』アニメの主題歌などに変更できるDLC「アニソン&BGMパック」配信決定

  2. 『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』エクストラミッションの詳細が公開!超巨大ボコとも戦える!?

    『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』エクストラミッションの詳細が公開!超巨大ボコとも戦える!?

  3. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  4. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  5. 「SQUARE ENIX CAFE」と『NieR』のコラボ第3期が開催決定!

  6. 『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』5月31日発売決定! 追加DLCで「RWBY」のブレイクが参戦

  7. 『Fortnite Battle Royale』同時接続数200万人突破―総プレイヤー数4,000万人の大台に

  8. 『モンハン:ワールド』公開生放送で初披露PVや新情報が! 「G級はどうなる?」気になる終了後インタビューも【レポート】

  9. 『PUBG』に続け!PS4やスマホでプレイできるサバイバルゲーム4選

  10. 『P3D』&『P5D』の収録曲が発表!―ダンススタイルがわかるキャラクター情報も!

アクセスランキングをもっと見る