人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ

VR対応ヘッドマウントディスプレイである『PlayStation VR』(旧商品名称『Project Morpheus』)での開発が進められている『THE PLAYROOM VR』。SCEJAは、東京ゲームショウにてプレス向け試遊会を開催しました。

ソニー PS4
【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ
  • 【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ
  • 【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ
  • 【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ
  • 【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ
  • 【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ
  • 【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ
  • 【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ
  • 【レポート】PSVR『THE PLAYROOM VR』を2画面5人でプレイ
VR(仮想現実)対応ヘッドマウントディスプレイであるPlayStation VR(旧名称Project Morpheus、以下PS VR)での開発が進められている『THE PLAYROOM VR』。ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、東京ゲームショウにてプレス向け試遊会を開催しました。


『THE PLAYROOM VR』では、PS VRを装着した1名と、コントローラーを持った4名の最大5名でゲームを楽しむことができます。PS VR装着者は辺り一面に広がる仮想現実の映像を見ながら、コントローラー使用者はモニターの映像を見ながらゲームを行います。今回の試遊会では、『THE PLAYROOM VR』に内蔵される予定のミニゲームである『Cat&Mouse』と『Monster Escape』をプレイすることができました。


PS VR装着者の仮想現実映像(左)とコントローラー使用者のモニター映像(右)


最大5人でプレイが可能

■ロビー画面

『THE PLAYROOM VR』を起動すると、ロビー画面である小さな部屋が、PS VR装着者の辺り一面とコントローラー使用者のモニター画面に現れます。この部屋の中には、たくさんのロボットたちが!このロボットたちは、PS VR装着者の動きに合わせて、さまざまな反応をしてくれます。例えば、PS VR装着者が前のめりになって近づこうとすると、ロボットたちは笑顔で手を振ってくれます。また、『PlayStation VR』にはマイク機能が備わっており、PS VR装着者が仮想現実内のヘリコプターに息を吹きかけると、ヘリコプターが空中に浮かび上がるといった細かな仕掛けまで用意されていました。ロビー画面から選択をすると、いよいよゲームスタートです!


PS VR装着者が近づくと、ロボットたちが笑顔で手を振ってくれます。これはかわいい!


PS VR装着者が息を吹きかけると、ヘリコプター(画面中央左)が空中に浮かび上がる仕掛けが!

■『Monster Escape』

まず体験したのは、E3 2015で初公開された『Monster Escape』。PS VR装着者は怪獣を、コントローラー使用者はロボットを操作します。怪獣役のプレイヤーは建物を壊しながらロボットたちを追いかけ、ロボット側のプレイヤーは崩れてくる建物を避けながら怪獣から逃げ切ります。怪獣側では爽快感を、ロボット側ではスリリングな気持ちを味わえました。ところが一転、ロボットたちが港にたどり着いて逃げ場を失うと、今度はロボットたちが反撃に移ります!ロボット側のプレイヤーは港に落ちている物を投げたりして怪獣を攻撃し、怪獣側のプレイヤーは自分の頭を動かすことによってロボット側の攻撃をかわします。怪獣の視点とプレイヤーの頭の向きは連動しているため、視界外から思わぬロボットの攻撃をくらうことも(笑)。怪獣に攻撃が当たる度に、ロボット側のプレイヤーからは大きな歓声が上がっていました!


コントローラー使用者のプレイ視点(モニター映像)。怪獣の攻撃を避けてみんなで逃げ切りましょう!


PS VR装着者のプレイ視点(仮想現実映像)。ビルを倒したりして、ロボットをいっぱい倒しましょう!


コントローラー使用者のプレイ視点(モニター映像)。物を投げたりして攻撃し、怪獣を倒しましょう!

■『Cat&Mouse』

次に体験したのは、今回の東京ゲームショウで初公開となる『Cat&Mouse』。”だるまさんが転んだ”に近いゲーム内容です。PS VR装着者はネコを、コントローラー使用者はネズミを操作します。ネコ役のプレイヤーはカーテンの向こうにいるネズミを全て捕まえれば勝ち、ネズミ側のプレイヤーは全てのチーズを集めれば勝ちとなります。ネズミ側はネコがカーテンから顔を出している間は、持ち歩いている空き缶や紙パックに隠れていないとネコに捕まってしまいます。「そろそろカーテンから顔を出そうかな」「そろそろ空き缶に隠れようかな」といった、ハラハラドキドキの心理戦が味わえるゲームでした。ネコがカーテンから急に顔を出し、急いで隠れようとしたネズミが捕まったときには、みんな大盛り上がり!


コントローラー使用者のプレイ視点(モニター映像)。ネコに見つからないように慎重に全てのチーズを集めます


コントローラー使用者のプレイ視点(モニター映像)。ネコに見つかりそうなったら急いで隠れます


PS VR装着者のプレイ視点(仮想現実映像)。ネズミはみんな隠れてしまっているようです

『Monster Escape』も『Cat&Mouse』も直観的な操作でとても簡単にプレイできるので、あまりゲームに触れたことがない人でも気軽に楽しめるゲームとなりそうです。みんなが家に集まって、オフラインでワイワイと楽しむゲーム作りを目指しているとのことです。また、PS VRの発売は2016年上期と予定されていますが、『THE PLAYROOM VR』の価格や発売時期、配信方法などの詳細は現段階では未定のこと。今後の発表を期待して待ちましょう。

記事提供元: Game*Spark
《》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【3月4日】─「ゲオアプリ」本日17時59分に受付終了

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【3月4日】─「ゲオアプリ」本日17時59分に受付終了

  2. 『ニーア レプリカント ver.1.22474487139...』の数量限定版「White Snow Edition」が品切れにー再生産の予定は無し

    『ニーア レプリカント ver.1.22474487139...』の数量限定版「White Snow Edition」が品切れにー再生産の予定は無し

  3. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

    『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  4. 『Ghost of Tsushima』や『CoD: BO CW』などの最新作がズラリ!PS Store「Essential Picks」セールに注目してみた

  5. 女性ファンから見る『龍が如く』の魅力ー「お母さん視点、桐生ちゃんはもう息子みたいな感じ」【龍好き女子座談会】

  6. 『原神』Ver.1.4の新情報公開!濃縮樹脂の所持数調整や、未育成での世界ランク上昇に対処法を用意―後日予告番組も実施

  7. ゲームジャンルを組み合わせて未だ見ぬゲームを作り出せ!『SuperMash』スイッチ版のパッケージ通常版/特装版の予約受付が開始!

  8. 『FF14』80万ダメージ超えを出せるのは今だけ!?青魔道士が熱い理由を徹底解説―RW素材集めの周回もソロで楽々、これがリミテッドジョブの実力だ

  9. 『ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP ~本栖湖編~』配信開始!なでしこになってしまりんとゆったりキャンプ、VR機器がなくても楽しめちゃう

  10. バナナやオレンジ、マグカップすら未来のコントローラーに?ソニーが米国に出願していた特許に夢が膨らむ

アクセスランキングをもっと見る