人生にゲームをプラスするメディア

『オメガラビリンス』まさしく“公式が病気”で、とにかくプルプルなPV公開…1億の胸タッチは約5時間で達成

ディースリー・パブリッシャーは、PS Vitaソフト『オメガラビリンス』の最新PVを公開しました。

ソニー PSV
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ディースリー・パブリッシャーは、PS Vitaソフト『オメガラビリンス』の最新PVを公開しました。

ローグライクRPGと「おっぱい」を組み合わせた、唯一無二のタイトルとなる『オメガラビリンス』。小さい“おっぱい”にコンプレックスを抱える少女などが、何でも願いを叶えてくれる「美の聖杯」に望みを託し、危険なダンジョンへと挑む物語が描かれます。

特設サイトに設置された美少女の“おっぱい”への総タッチ数をクリアするという、ユニークなシステム「タッチスターター」で発表された本作。しかし規定数をわずか25分でクリアされてしまうという、メーカー側にとっても驚きのタイトル発表となりました。

そして本日、本作の最新PV公開に繋がる「タッチスターターVer.2」が登場。今回の総タッチ数は「103,081,386(父さん、おっぱい触ろう)」という高いハードルが設定されており、前回のような容易なクリアはさせないという意気込みを感じさせます。

しかし1億を超えるカウントを用意しながらも、今回も日付を跨ぐことすらなく、あっけなく達成されてしまいました。今回の記録は4時間45分。前回よりも持ちこたえた形と言えますが、ユーザーの熱意に立ち向かうには及ばなかった模様です。



特設サイトでは既にPVが公開されており、様々な戦闘シーンや本作独自の要素の数々、そして新たなキャラクター「翠川 真理華」(CV:小林 ゆう)や「白金 美玲」(CV:内村 史子)も判明。どうぞこの最新映像をお見逃しなく。なお、特設サイトにアクセスが集中している模様。ニコニコ動画でも公開されているので、こちらでチェックするのも一興です。


ニコニコ動画 URL:http://www.nicovideo.jp/watch/1440576737

■特設サイト「タッチスターターVer.2」URLhttp://newproject.d3p.co.jp/

ちなみにこの特設サイトのソースを表示させると、「みんながッ 飽きるまで パイタッチを やめないッ!」といった熱意溢れるコメントや、「あんまり早いと嫌われちゃうよ~?」「私、ちょっと大きいほうみたいだよ」「お父さんも、お兄さんもウェルカムだよ♪」などのヒロイン台詞らしきものも確認できます。今回も、見えないところまでこだわり抜かれていました。

『オメガラビリンス』は2015年11月19日発売予定。価格は、パッケージ版が6,800円(税抜)、ダウンロード版が6,000円(税抜)です。

(C)2015 Matrix
(C)2015 D3 PUBLISHER
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

    『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  2. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

    リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  3. 『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

    『FF7 リメイク』クラウドのカッコいい&かわいいセリフ10選! よく観察するとクラウドの本性が見える?

  4. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  5. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  6. 『Bloodborne』神秘と狂気の古都・ヤーナムでも旅行は楽しめるのか?ガスコイン神父までをポジティブな旅レポ風に紹介

  7. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. 『Ghost of Tsushima』で描かれる中世日本・対馬と時代劇へのリスペクト―アート/クリエイティブ・ディレクターインタビュー

  10. 『FF7 リメイク』“戦うサラリーマン”、タークスの色褪せない格好良さに迫る─レノ&ルードの見習いたいビジネス観とルーファウスが描く今後の未来

アクセスランキングをもっと見る