人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選

技術やハードの進化によって、今やハイクオリティな作品が遊べるようになりましたが、最新ゲームは価格が高いのも悩みの種。でも、ちょっと待ってほしい。ネット上を探せば、100円単位、あるいは1円で買えるゲームだってたくさん存在するのです。

ゲームビジネス 市場
【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選
  • 【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選
  • 【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選
  • 【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選
  • 【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選
  • 【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選
  • 【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選
  • 【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選
  • 【特集】『ゲームを格安で手に入れる方法』7選
皆さんは、普段ゲームを買うのにどれくらいお金を使っていますか? 技術やハードの進化によって、今やハイクオリティな作品が遊べるようになりましたが、最新ゲームは価格が高いのも悩みの種。でも、ちょっと待ってほしい。ネット上を探せば、100円単位、あるいは1円で買えるゲームだってたくさん存在するのです。

というわけで本記事では、おなじみSteamをはじめとする海外PCゲーム配信サイトの攻略から、国内大手サービスのちょっと変わった使い方まで、とにかく少しでもゲームを安く手に入れたい“ゲーマーのための節約購入術”をまとめてご紹介しちゃいます!

◆たった1ドルから買える「ゲームバンドル」




Humble Bundle」を始めとしたゲームバンドル販売サイトでは、日本円にして缶ジュース分のお値段で複数のゲームをまとめて購入可能。ビッグタイトルが登場する「Humble Bundle」以外にも「Bundle Stars」や珠玉のインディー作をまとめた「Indie Gala」などが存在しており、どのサイトでも3~7本程度のゲームを一気にゲット出来てしまいます。とにかく沢山のゲームが欲しい方は当然のこと、人気作を格安でゲットしたい方にとっても、各ゲームバンドルを紹介する海外サイト「Epic Bundle」は必見です。


◆「Steam」おトク攻略法


定番のPCゲーム配信サイトSteamですが、シーズン毎のセールはもちろん、毎週月曜日に更新される「ウィークロングセール」そして水曜日から金曜日にかけて実施される「ミッドウィークマッドネス」も目が離せません。お好みのタイトルがあれば即座に「ウィッシュリスト」に追加し、メールサービスやモバイルアプリを駆使しながらセール情報をチェックしましょう。ちなみに、SteamのWebサイトは日本時間で午前2~3時に更新されます。



めぼしいセールタイトルが見つからなかったときは、500円以下のゲーム一覧を覗いてみてもいいかもしれません。「低価格順」でソートして、Free-to-Playタイトルや数十円の激安ゲームを探してみるのもまた一興です。また、Steamのゲームをプレイすることによってゲット出来るトレーディングカードも、財テクの為には意外に見過ごせない要素です。価値があるものは数十円で販売できるので、その売り上げで激安ゲームやダウンロードコンテンツを買うことも出来るかもしれません。


◆「Origin」で不朽の名作を無料でゲット!




Electronic Artsが提供するPCゲームプラットフォーム/配信サイト「Origin」では、同社ならではの人気タイトルがセール販売されています。更に、無料ゲーム配布キャンペーン「Originからのプレゼント」も不定期で実施。これまでには『SimCity 2000』『Dragon Age: Origins』(英語版)など、人気の旧作が無料提供されていました。


◆VIP待遇が嬉しい「Green Man Gaming」、実績解除で報酬GET?




お買い得タイトルを狙うゲーマーにとってはおなじみの「Greenman Gaming」(GMG)。特別価格で購入出来るクーポン以外に、会員向けのVIPサービスも提供しています。VIP向けに届くメールレターでは、思わぬ掘り出し物のセール情報も。また、「GMG」でもバンドルを提供している場合があります。以前行われた5周年記念セールの際には「0.5ドル」の超破格バンドルが販売されていました。



また、「GMG」が提供するプラットフォーム「PlayFire」では、実績解除と共にゲット出来る報酬システム「Rewards BETA」を備えています。対象タイトルも少なく、まだベータ段階ではあるものの、やり込み派ゲーマーにとってはうれしい特典となるかもしれません。


◆「アマゾン」で1円ゲームを発掘!




Amazon.co.jpでは、家電や食品はもちろん家庭用ゲームやPCゲームも配信しています。中でも、PCゲームダウンロード週替わりセールは特に魅力的な企画と言えるでしょう。「Origin」同様、有名タイトルのセール販売が多いのもうれしいポイントです。

そしてPCゲームの配信のみならず、中古パッケージ版がお手軽に買えるのもAmazonの強み。PS3/Xbox 360の中古作品は、安いものだと600円程度でゲット出来てしまいます。PS2や初代PS、スーパーファミコンやゲームボーイと言った「懐ゲー」の中古品に絞って狙えば、たった1円(※送料・手数料など除く)で買えてしまうゲームも見つかります。やり逃していた名作を狙うなら、PCゲーム配信サイトよりもお得な方法と言えるでしょう。


◆お得かどうかは腕次第?ハードも狙える「ヤフオク!」




こちらも言わずと知れた大手国内Webサイト。もはや説明不要とも言える「ヤフオク!」ですが、Steamなどでセール情報を欠かさずチェックしてる方にとっては案外盲点と言えるのではないでしょうか。ここでの主なターゲットは中古家庭用ゲーム。何らかの事情で「ゲームを卒業」することになってしまったユーザーが出品する「処分品」は、一気に良作を揃えるチャンスです。ハードを安価にゲット出来るチャンスがあるのも、オークションならではの魅力でしょう。こちらも送料および手数料、システム利用料が必要となり、配送距離や荷物のサイズなどによって追加料金がかかる可能性もある点に留意しておきましょう。


◆ドコモユーザーにオススメ!「キャッシュゲットモール」でゲームが買える?




オンラインショッピング、アプリインストール、クレジットカード申込等を行うごとに現金が貯まるオンラインモール「ドコモ口座キャッシュゲットモール」は、ゲーマーにもオススメです。タワーレコードやTSUTAYAのオンラインストアなど対応店舗での買い物を通しながら、ドコモ口座に現金が貯められます。1円単位でドコモ口座に入金され、SteamやAmazonなどでの買い物に利用できます。

対応店舗にはセブンネットショッピングやマツモトキヨシなどがあるので、生活用品などを買いながらコツコツ貯めれば事実上無料でゲームをゲット出来るかもしれません。また、ショッピング以外にも「アプリのダウンロード」「資料請求」などのアクションでも現金をゲットできます。セール中のゲームや安価なインディーゲームが欲しい方にとって、これは絶好のチャンスと言えるでしょう。ドコモユーザーの方はこの機会を見逃さず、スキあらばキャッシュゲットを狙ってみてはいかがでしょうか。


ダウンロード配信からWebショッピング、実店舗までにわたるおトクなゲーム購入術を紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。格安セールはもちろん、ゲームを買いながら&遊びながらポイントをゲット出来るサービスもしっかり見落とさず、潤沢なゲームライブラリーを築き上げましょう。もちろん積んでばかりではなくプレイも忘れずに!

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  2. 元スクウェア社長・武市智行氏が明かす“ローカルの未来に必要なこと”とは─「東京にこだわらない働き方」を語るトークイベントを開催

    元スクウェア社長・武市智行氏が明かす“ローカルの未来に必要なこと”とは─「東京にこだわらない働き方」を語るトークイベントを開催

  3. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

    言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  4. 【OGC2012】550万人のユーザーを数える『ドラゴンコレクション』を支えるシステム体勢とは?

  5. 【PS Vitaゲームカンファレンス】『GRAVITY DAZE』を支えたプログラムとチーム運営

  6. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  7. 【DEVELOPER'S TALK】"プラチナ"クラスの作品が完成~渾身のクライマックスアクション『ベヨネッタ』を手掛けたプラチナゲームズを直撃

  8. 今週発売の新作ゲーム『Fallout 76』『ヒットマン2』『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』他

  9. 【OGC2013】1億DL突破した「LINEゲーム」、NHN Japan鎌田氏が語る3つのステップ

  10. 【任天堂資料庫】第7回 任天堂ゲームセミナーを振り返る

アクセスランキングをもっと見る