人生にゲームをプラスするメディア

『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦

加賀クリエイトは、PS Vitaソフト『咲-Saki-全国編』に登場する新たな出場校・参戦キャラクターを発表しました。

ソニー PSV
『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦
  • 『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦
  • 『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦
  • 『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦
  • 『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦
  • 『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦
  • 『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦
  • 『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦
  • 『咲-Saki-全国編』“すばらっ”な花田煌など出場高校2校・10名が新参戦
加賀クリエイトは、PS Vitaソフト『咲-Saki-全国編』に登場する新たな出場校・参戦キャラクターを発表しました。

TVアニメ「咲-Saki-全国編」のゲーム化となる本作は、魅力溢れる主要キャラクターのフルボイスや300枚以上以上のカットイン演出が彩る美少女対戦麻雀ゲームです。キャラクターを自分好みの雀士に育成できたり、全30問のチャレンジモードやアドホック通信での対戦モードなど、幅広く楽しめる要素が搭載されています。

清澄高校の面々を含め、6校30名のキャラクター参戦が明かされていますが、このたび更に鶴賀学園高等部と新道寺女子高校の出場が明らかに。これで、計40名もの美少女が登場する形となりました。原作ファンにも嬉しいこの発表、待ち望んでいた方も多いことでしょう。また、描き下ろしイラストとなる店舗別特典のラフ絵も公開されているので、どの店舗で予約するか、この画像を参考にしてみてはいかがでですか。

◆登場キャラクター:鶴賀学園高等部


■津山 睦月(CV:七沢 心)

寡黙で実直な性格の高校2年生。実力も未だ発展途上にあるのだが、信頼を寄せる加治木と部長といった仲間たちと共に精一杯奮闘する。

■蒲原 智美(CV:桑谷 夏子)

いつも笑顔で屈託のない表情を魅せる鶴賀学園・麻雀部の高校3年生。じつは彼女が麻雀部の部長だが、名実ともに加治木が部を牽引している。それは、蒲原を含めた部員たちが望んでいることであり、目標が一つにまとまっている証拠でもある。

■加治木 ゆみ(CV:小林 ゆう)

冷静沈着で思慮深い高校3年生。鶴賀学園・麻雀部が誇る実力派雀士。場の流れや河の流れを察知しつつ、状況に合わせた打ちスジを放つ。

■妹尾 佳織(CV:新谷 良子)

おどおどした姿がナゼかそそられる、気弱な高校2年生。「みっつずつ…みっつずつ…」が合い言葉の超・スーパー初心者で、役もまともに分からない彼女だが、いざ対局になるとベテラン顔負けの対局を魅せることが、あるかもしれない?

■東横 桃子(CV:斎藤 桃子)

影の薄さ金メダル級の体質を持っており、本人も回りとのコミュニケーションを避けていたが、ふとしたキッカケで麻雀部に入ることに。麻雀の腕が確かなのはもちろん、その体質を利用した独自の打ち回しで周囲を翻弄する。

◆登場キャラクター:新道寺女子高校(福岡県代表)


■花田 煌(CV:新井 里美)

新道寺女子高校2年生。先鋒を務める。今までの対戦で一度も箱にされたことがない。口癖は「すばらっ」。

■江崎 仁美(CV:巽 悠衣子)

新道寺女子3年生。中堅をつとめる。いつもジュースを飲んでいる。

■鶴田 姫子(CV:大亀 あすか)

新道寺女子高校3年生。大将で哩とダブルエースを務める。白水哩がリザベーションして和了った同局では、倍の翻数で和了ることが多い。

■安河内 美子(CV:高本 めぐみ)

新道寺女子高校3年生。次鋒を務める。

■白水 哩(CV:鹿野 優以)

新道寺女子高校3年生。1年生からエースで今回は副将を務める。鶴田姫子と和了がリンクしているリザベーションという能力を持つ。

◆店舗別購入特典


■ソフマップ:B2タペストリー


■アニメイト:B2タペストリー


■ワンダーグー:B2タペストリー


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『咲-Saki-全国編』はは2015年9月17日発売予定。価格は、通常版が6,980円(税抜)、ダウンロード版が6,000円(税抜)、限定版が8,800円(税抜)です。

(C)小林 立/スクウェアエニックス・咲全国編製作委員会
(C)2015 KAGA CREATE CO.,LTD.

※画像はすべて開発中のものです。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  9. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  10. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る