人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2015】『風ノ旅ビト』クリエイターの海洋冒険ゲーム『ABZU』を体験―国内リリースも?

ソニー PS4

【E3 2015】『風ノ旅ビト』クリエイターの海洋冒険ゲーム『ABZU』を体験―国内リリースも?
  • 【E3 2015】『風ノ旅ビト』クリエイターの海洋冒険ゲーム『ABZU』を体験―国内リリースも?
  • 【E3 2015】『風ノ旅ビト』クリエイターの海洋冒険ゲーム『ABZU』を体験―国内リリースも?
  • 【E3 2015】『風ノ旅ビト』クリエイターの海洋冒険ゲーム『ABZU』を体験―国内リリースも?
『風ノ旅ビト』のクリエイターが送るPS4/PC向けタイトル『ABZU』ですが、E3の会場でプレイする機会がありましたので、どのようなゲームなのかプレイレポを交えご紹介します。



『ABZU』は、ゲーム開発会社Giant SquidのMatt Nava氏がディレクションを務める海洋アドベンチャーゲームです。Nava氏は、『風ノ旅ビト』のアートディレクターを務めた人物でもあり、今作でもその特徴的なグラフィック表現が存分に活かされています。このゲームは、多くの海洋生物が生息する海中を散策しながら、深海に眠る大きな謎を解明していくというもの。『風ノ旅ビト』と同じく、ゲーム中ではセリフが一切なく、エコーを用いてドローンや海洋生物とコミニュケーションをとりながらゲームを進めていきます。

E3で体験できたプレイアブルデモでは、海底を360度自由に泳ぎ回り、故障してしまったドローンを修理したり、魚の群れと一緒に泳いだりしながら資源を探しに行くという内容でした。ゲーム中では、自由に泳ぎ回る魚だけでなく、近づき呼びかけることでプレイヤーを運んでくれるウミガメやエイといったバラエティ豊かな生き物と触れ合うことができます。しかし、友好的な生き物だけでなく、サメなどのプレイヤーに襲いかかる生き物たちに遭遇することも。



修理したドローンは、海底の砂に埋もれた資源の発掘などでプレイヤーをサポートしてくれます。また、サメに襲われた際に身代わりになってくれたりと、非常に頼りになる存在です。

この『ABZU』は、ディレクターのNava氏がカリフォルニアの海で体験したスキューバダイビングの経験がもととなっているそうで、その時に感じたさまざまな思いをゲームに落とし込んでいるとのこと。海を自由に泳ぎまわり、多くの発見や海の生き物たちとの触れ合う一方で、自然界の厳しさもプレイヤーは体感していきます。

日本でのリリース予定について開発者に尋ねたところ、日本の多くの人が『風ノ旅ビト』を愛してくれているのは知っているとし、セリフがないために比較的ローカライズが容易であることもあり、日本でのリリースは視野に入れて動いていると語ってくれました。気になる国内の発売時期は、2016年初頭のリリースを目標としているそうです。美しくも厳しい深海の世界へ日本のユーザーが誘われるのも、そう遠くはないようです。

記事提供元: Game*Spark
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

    ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  2. PS4向け動画アプリ「DMM.com」がPSVRに対応、舞台「刀剣乱舞」など約1200タイトルが視聴可能

    PS4向け動画アプリ「DMM.com」がPSVRに対応、舞台「刀剣乱舞」など約1200タイトルが視聴可能

  3. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

    『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  4. クラシックスタイルを披露する『ソニックフォース』海外最新プレイ映像!

  5. 『GRAVITY DAZE 2』DL版セールが4月27日に開始―『ニーアオートマタ』コスDLCも同日配信

  6. 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』公式サイト&新トレーラーが公開、壁紙の配布なども実施

  7. PS4『仁王』のダウンロードセールが開始!―「東北の龍」を紹介する特別番組も放送決定

  8. PS3版『FF14』無料ログインキャンペーンが5月1日より実施!―6月15日のサービス終了まで

  9. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  10. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

アクセスランキングをもっと見る