人生にゲームをプラスするメディア

【インタビュー】花澤香菜が明かす「サイコパス」への思い…“この先の朱ちゃんも見てみたい”

花澤さんに『PSYCHO-PASS サイコパス』のアニメ、ゲームについてインタビューを敢行。武道館公演を成功させるなど、目覚ましい活躍をみせる音楽活動についてもお話を聞いた。

その他 アニメ
【インタビュー】花澤香菜が明かす「サイコパス」への思い…“この先の朱ちゃんも見てみたい”
  • 【インタビュー】花澤香菜が明かす「サイコパス」への思い…“この先の朱ちゃんも見てみたい”
  • 【インタビュー】花澤香菜が明かす「サイコパス」への思い…“この先の朱ちゃんも見てみたい”
  • 【インタビュー】花澤香菜が明かす「サイコパス」への思い…“この先の朱ちゃんも見てみたい”
  • 【インタビュー】花澤香菜が明かす「サイコパス」への思い…“この先の朱ちゃんも見てみたい”
劇場版の興収が8.5億円を突破し、TVアニメ放送終了後もファンの心を掴んで離さない『PSYCHO-PASS』。TVシリーズ、劇場版の情報がまとめて閲覧できる「PSYCHO-PASS サイコパス公式アプリ」には3月にゲーム機能が実装され、常守朱役の花澤香菜さん初の日本武道館公演にあわせた連動イベントも実施された。

ゲーム内に花澤さんがキャラクターとして登場し、常守朱と一緒に事件を解決するという、アニメファンにとっても、花澤さんのファンにとっても嬉しいイベントとなった。

アニメ!アニメ!では、花澤さんに『PSYCHO-PASS サイコパス』のアニメ、ゲームについてインタビューを敢行。武道館公演を成功させるなど、目覚ましい活躍をみせる音楽活動についてもお話を聞いた。


◆劇場版も大ヒット 花澤香菜が語る『PSYCHO-PASS サイコパス』と常守朱


―劇場版の興収が8.5億円とヒットを記録していますが、改めて『PSYCHO-PASS サイコパス』の1期~劇場版までを振り返っていかがでしょうか?

花澤香菜さん(以下、花澤):作品に関わりはじめた時から、本当に面白いなと思っていました。まずストーリーに引き込まれて、台本読むのが毎回楽しみでした。収録が終わってしまった時は寂しかったです。なので、2期、劇場版と、どんどんファンの人がついてきてくれてるのがすごく嬉しかったですね。
1期から朱ちゃんを演じて、正義感だったり、自己犠牲の精神だったりはずっともち合わせているんですけど、さらにそれが洗練されて、素敵な大人の女性になっていっていると思います。ドンドン成長する彼女を演じて、今はこの先の朱ちゃんも見てみたいなってすごく思いますね。

―正直、ここまで大きな作品になると思いましたか?

花澤:まず、企画書を読んだ段階で、すごく豪華だと思いました。面白そうなことをやるな、この作品に出たいなと思わせる吸引力があったので、きっといろんな人が見てくれるんだろうなとは感じていました。

―先ほども朱の成長というお話がありましたが、1期からずっと朱を演じるなかで、変化などありましたか?

花澤:1期の時は、現場でも私が最年少で、公安局に入りたてで右も左もわからないっていう状態の朱ちゃんとけっこう重なっていたと思います。私は朱ちゃんのような新人ではないですが、周りの人に支えられているところが重なっていて、そういう面でもすごく取組みやすい役柄だな思っていました。

でも2期になって、狡噛さんがいない=関さんがいないというのは作中でも現場でも心細かったですね。1期の時は関さんがシリアスなシーンが連続するのに、収録の直前まですごく面白い話で場を和ませてくれていましたし。(笑)
とはいえ、朱ちゃんが1人で公安局を引っ張っていかなきゃいけないっていう環境もやっぱり私と重なっていて、変化というよりもずっとリンクしている感じでしたね。ただ、2期のアフレコ途中に劇場版のアフレコが組み込まれてたんです。

―並行してやっていたと?

花澤:そうなんです。2期の収録もしながら、劇場版の収録もしてという状況で。しかもキャストは2期のストーリーがどうなるかは知らないで、劇場版を演じていました。

―知らないまま演じるというのも、結構大変だったのでは?

花澤:大変でした。ストーリーを全部聞いてしまうと、2期のお芝居が難しくなるので、どういう話の流れになるかは聞かずに、2期の最後をどのような状態で朱ちゃんが迎えるのかだけ聞きました。

―なるほど。少し話しは変わりますが、朱は女性からの人気も高いと思うのですが、花澤さんのまわりでは朱を演じてからどのような反応がありましたか?

花澤:「朱ちゃんから花澤さんのファンになりました」とか、そういう女の子たちからのお手紙も頂いて、すごく嬉しかったですね。あと、『PSYCHO-PASS サイコパス』のイベントに来て下さるお客さんは、9割ぐらい女性なんです。

―すごいですね。やはりキャラクター人気でしょうか?

花澤:もちろんストーリーを楽しんでくれているとは思うんですけど、その上でキャラクターが好きっていう方が結構いらっしゃいます。その中でも、朱ちゃんを応援してくれる声が多くて嬉しいですね。

私自身も朱ちゃんっていうキャラクターがすごく好きなんです。信念をもって行動しているのに、まわりの意見もちゃんと取り入れて、さらに自分で噛み砕いて人に接しているところとか。でも、劇場版の最後は、けっこう世の中のことまで考えはじめちゃうじゃないですか?どこまでいっちゃうんだろうなという、ちょっと心配なところもあるんですけどね。(笑)

―ご自身も朱が好きということですが、花澤さんと共通するところはありますか?

花澤:髪型ですかね。(笑) 1期のときに朱ちゃんの髪型がかっこいいなと思って真似して切ってみたりしてました。

―朱を演じて影響を受けたと?

花澤:そうですね。触発されて。あと筋肉もですかね。(笑)

―筋肉ですか?(笑)

花澤:はい。朱ちゃんは2期の最初の頃とか、結構筋トレをしていて、素早い動きもできるようになってるじゃないですか?私も今週1で筋トレに通っていて、“鍛える”という部分では一緒かもしれないです。
《アニメ!アニメ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「もっとちこう寄ります?」『FGO』酒呑童子を“現界させた”中国コスプレイヤーw百合欧皇子wインタビュー

    「もっとちこう寄ります?」『FGO』酒呑童子を“現界させた”中国コスプレイヤーw百合欧皇子wインタビュー

  2. 「コナン」最新刊で

    「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  3. 【漫画でわかる】ゲームメディアで活躍するVTuberのインサイドちゃんって?

  4. 藤崎詩織、40歳 ~あるメモラーの追憶~ 【GW特集】

  5. 「神秘的な美しさ」「本物みたい」『FGO』マリーからネロまで気品あふれる中国コスプレイヤー板醫生【インタビュー】

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】「○○がおもしろくない」って言っちゃいけないの?

  7. 爆弾背負った「藤崎詩織」がフィギュア化決定!―プライズ景品として登場予定

  8. マクドナルド、ハッピーセット「スーパーマリオ」を販売開始―ゲームとして遊べる玩具満載!

アクセスランキングをもっと見る