人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2015】ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology

調査会社のIHS Technologyはインフォグラフィックを公開し、世界のゲーム産業が2015年には920億ドルに到達し、映画産業(620億ドル)と音楽産業(180億ドル、ただし録音された音楽に限る)を合算よりも大きい最大のエンターテイメント市場となると明らかにしました。

ゲームビジネス 市場
ゲーム、映画、音楽産業の2008年からの伸び
  • ゲーム、映画、音楽産業の2008年からの伸び
  • デジタルシフトではゲームが圧倒的
  • 地域別にもゲームは世界に広がる
  • 様々なデバイスでゲームを遊ぶ環境がある
調査会社のIHS Technologyはインフォグラフィックを公開し、世界のゲーム産業が2015年には920億ドルに到達し、映画産業(620億ドル)と音楽産業(180億ドル、ただし録音された音楽に限る)を合算よりも大きい最大のエンターテイメント市場となると明らかにしました。

ゲーム産業の市場規模は2008年から比較して実に440億ドルもの成長を遂げ、映画を逆転しました。IHSでは2017年には1000億ドルを突破すると予測しています。ちなみに2015年には全エンターテイメントに占める割合は21%だとのこと。

特にデジタル分野での収益は映画や音楽を圧倒していて、同社のPiers Harding-Rolls氏は「パッケージメディアはゲーム、映画、音楽を問わず縮小している一方、ゲームだけは2008年から急速なデジタルシフトに成功している」とコメントしています。

さらに同社ではゲーム産業が真に世界規模の産業であると強調。地域別ではアジア太平洋地域(46%)、北米(24%)、欧州(24%)、中央・南アメリカ(4%)、中東・アフリカ(3%)という分散が見られます。「中国、韓国、東南アジアなどデジタルファーストな市場が急速な成長を遂げています。またアプリ市場が伸び、伝統的なPCオンラインメーカーが一斉に押し寄せることで市場の様相が変わってきました。」

いよいよ開幕するE3もゲーム産業の強さを示すものになるでしょうか?

※いずれの数字も直接消費者が支払った金額ベースの市場規模
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ガンダム」ガンプラとゲームの融合…新企画『ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクト』始動

    「ガンダム」ガンプラとゲームの融合…新企画『ガンダムブレイカー バトローグ プロジェクト』始動

  2. 映画とバイクと落語からゲームのアイデアを得る!? 『エースコンバット』など制作のクリエイターが登壇ーディライトワークス「肉会 Vol.12」レポート

    映画とバイクと落語からゲームのアイデアを得る!? 『エースコンバット』など制作のクリエイターが登壇ーディライトワークス「肉会 Vol.12」レポート

  3. VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

    VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

  4. スクウェア・エニックス、本社を新宿イーストサイドスクエアに移転

  5. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  6. 『Left 4 Dead2』の続編に不買運動−19000人以上が参加

  7. e-Sports市場は今後3年で2.5倍成長する―ノブコブ・吉村さん登壇のトークイベント「ちょっと先のおもしろいゲームの世界」をレポート

  8. 【CEDEC 2014】秋葉原の3Dモデルを無償配布、地図の用途を広げるゼンリン

  9. 2020年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 今週発売の新作ゲーム『DOOM Eternal』『Half-Life: Alyx』『ONE PIECE 海賊無双 4』『ライフ イズ ストレンジ 2』他

アクセスランキングをもっと見る