人生にゲームをプラスするメディア

海外ファンが巨大ゲームボーイ「Game Boy XXL」製作…こいつ、動くぞ!

任天堂が1989年に発売した携帯ゲーム機「GAMEBOY(ゲームボーイ)」。海外ファンが、実際にソフトもプレイできる巨大本体「Game Boy XXL」を製作しました。

任天堂 その他
海外ファンが巨大ゲームボーイ「Game Boy XXL」製作…こいつ、動くぞ!
  • 海外ファンが巨大ゲームボーイ「Game Boy XXL」製作…こいつ、動くぞ!
  • 海外ファンが巨大ゲームボーイ「Game Boy XXL」製作…こいつ、動くぞ!
  • 海外ファンが巨大ゲームボーイ「Game Boy XXL」製作…こいつ、動くぞ!
  • 海外ファンが巨大ゲームボーイ「Game Boy XXL」製作…こいつ、動くぞ!
  • 海外ファンが巨大ゲームボーイ「Game Boy XXL」製作…こいつ、動くぞ!
任天堂が1989年に発売した携帯ゲーム機「GAMEBOY(ゲームボーイ)」。海外ファンが、実際にソフトもプレイできる巨大本体「Game Boy XXL」を製作しました。

海外サイトHack A DayのコミュニティメンバーRaz氏が手掛けたこの特大ゲームボーイは、ベルギーで行われた音楽イベントNintendoomに合わせて製作されました。本製品の説明文によれば、素材は厚さ3mmの10平方メートルにおよぶ繊維版MDFを用いています。設計はAutodeskのソフトウェアAutoCADで行い、ワークショップFab Labでカッティング、成形したとのこと。内部構造は19インチのモニターにシングルボードコンピュータRaspberry Pi、そして大型のボタンから成っているそうです。



また、Raz氏のYouTubeチャンネルでは、マリオブラザーズやNintendoom内で試遊可能だったテトリスなどを実際にプレイしている映像も公開中。加えて、同氏のPhotobucketアルバムには製作過程が撮影された画像も投稿されています

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月30日】─抽選販売に変化の兆し、新たな同梱版登場・・・狙い目はこの時期か

    今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月30日】─抽選販売に変化の兆し、新たな同梱版登場・・・狙い目はこの時期か

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 『スーパーマリオブラザーズ 35』全コース攻略!パワーアップ・1UP・10コインの場所やループ脱出法を動画&画像で解説

    『スーパーマリオブラザーズ 35』全コース攻略!パワーアップ・1UP・10コインの場所やループ脱出法を動画&画像で解説

  4. もう20年以上「リンクをゼルダと呼んでしまう病」に苦しめられている話

  5. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  6. 『ポケモン ソード・シールド』「冠の雪原」伝説ポケモン捕獲のポイント! 3鳥・レジ系の謎に迷ったらこの記事を見よう

  7. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』体験版配信!―第1章までプレイでき製品版へセーブデータの引継ぎが可能

  8. 『あつまれ どうぶつの森』注目度抜群なハロウィンコーデ5選!定番ゾンビにまほうつかい、今年は何着て盛り上がる?

  9. 知ればさらに勝てる『スーパーマリオブラザーズ 35』10の上級テクニック! 時を止めてジュゲムを大量発生させよ!

  10. 『ポケモン ソード・シールド』「冠の雪原」ダイマックスアドベンチャー10のコツ! ポケモン&ルート選択がカギ

アクセスランキングをもっと見る