人生にゲームをプラスするメディア

【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

「最近、洋ゲーにも可愛い女の子が増えてきたよね」国内のゲーマーの間でこのような声をチラホラ見かけるようになりました。

PCゲーム その他PCゲーム
【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選
  • 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選
  • 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選
  • 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選
  • 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選
  • 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選
  • 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選
  • 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選
  • 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選
最近、洋ゲーにも可愛い女の子が増えてきたよね――国内のゲーマーの間でこのような声をチラホラ見かけるようになりました。近年、『バイオショック インフィニット』のエリザベスや、『Left 4 Dead』のゾーイ、『ディアブロ3』のリアをはじめとした、日本人ゲーマーにも親しみやすい魅力をそなえた女性キャラクターが少なくありません。しかし、一昔前の洋ゲーには、ひと目見たら忘れない強烈な印象を残す、別の意味で魅力的な女性キャラたちがたくさんいたのを覚えているでしょうか。



今回はそんな往年の洋ゲーキョーレツ女子の中から、世界的に有名なヒロイン、毎度ゲーマーを騒がせるヒロイン、ヒトと分類するにはややアヤシイ女子まで、これから本当の恋をしてみたい男性ゲーマーに向けて、オススメポイントと共に編集部が10人厳選してご紹介します。

No.1 ララ・クロフト

タイトル:『Tomb Raider』ゲームジャンル:アクションアドベンチャー
開発:Core Design 販売:Eidos(現スクウェア・エニックス)

―やや前髪が後退しているヒロイン
ハリウッドで実写映画化され、世界中のサブカルチャーに多大な影響を与え、最も成功したゲームヒロインとしてギネスに登録されている『Tomb Raider』シリーズのララ・クロフトですが、1996年に発売された第1作目の彼女は、なんともキョーレツな風貌でゲーマーを圧倒しています。ただ、当時のグラフィックでは人間を忠実に表現するのは難しく、プレイヤー側でララをセクシー美女に脳内変換していた時代でした。またゲーム本編は後姿メインの3人称視点で進行するので、キョーレツな顔があまり映らない……というのも救いのひとつ。やや前髪が後退しているヒロインですが、最新作では国内外のゲーマーも認める美女へと進化を遂げています。

こんな人にオススメ!:強い女性がスキ!女性のオデコがそそる!タンクトップ良い……

《Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

    【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  3. 「開発中止はしません!」で始まった『ブルプロ』の情報番組「ブルプロ通信」番外編―新クラス「ヘヴィ スマッシャー」が発表

    「開発中止はしません!」で始まった『ブルプロ』の情報番組「ブルプロ通信」番外編―新クラス「ヘヴィ スマッシャー」が発表

  4. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  5. 日本と世界の“差”とは?『VALORANT』Crazy Raccoon Fisker選手インタビュー

  6. 『VALORANT』ってどんなゲームなの?e-Sports大会急増中のタクティカルFPSの押さえておきたいポイントを解説【初心者Tips】

  7. 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド

  8. 『VALORANT』初の世界大会「VCT Stage 2 Masters レイキャビク」を戦い抜いた日本代表「Crazy Raccoon」の勇姿を振り返る

  9. “ロリダークソウル”こと『リトルウィッチノベタ』実装審査に敗れた「水着スキン」を公開―魔女っ子が着るのはアウトです

  10. Steam成人向けゲームで「白銀ノエル」「宝鐘マリン」らファンアートを無断使用―ホロライブ「事実関係を踏まえた上で対応を検討」【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る