人生にゲームをプラスするメディア

新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも

KADOKAWAは、ホラーアドベンチャーゲーム『青鬼 2016』を、プラットフォーム「AndApp」にて、12月1日より配信開始しました。

PCゲーム その他PCゲーム
新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも
  • 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも
  • 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも
  • 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも
  • 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも
  • 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも
  • 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも
  • 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも
  • 新エンディングが追加された『青鬼 2016』、AndAppにて配信…ハッカドールとのコラボも

KADOKAWAは、ホラーアドベンチャーゲーム『青鬼 2016』を、プラットフォーム「AndApp」にて、12月1日より配信開始しました。

「AndApp」は、スマートフォン向けのゲームをPCで遊ぶことができるプラットフォームです。スマートフォン版とのデータ連動に対応したゲームを配信しており、端末の性能やデータ通信容量を気にせず快適なゲーム体験を提供。2016年7月より、『RPGツクールMV』で開発されたタイトルの配信もスタートしています。

このたび配信が始まった『青鬼 2016』は、2004年にリリースされて以来、小説化や映画化、アニメ化も実現したPC向けホラーアドベンチャーゲーム『青鬼』(noprops氏制作)を、『RPGツクールMV』でリメイクしたもの。新要素の追加や、スマートフォンでのプレイにも対応しており、青鬼に追われる新たな恐怖を楽しめる一作です。

■『青鬼2016』を『AndApp|RPGツクールMV』で遊ぶ
URL:http://aooni-game.tkool.andapp.jp/

◆青鬼とハッカドールのコラボが実現 !ハッカドールモードを追加 !



君にシンクロするニュースアプリ『ハッカドール』のキャラクター達が、『青鬼2016』の新ストーリーモードに登場。お化け屋敷を探索しに来たハッカドールたちは、青鬼に次々と髪の毛を剥ぎ取られて恥ずかしい姿に…。


なぜ、青鬼は髪の毛を奪うのか!? 恐怖に打ち勝ち、女の子(男の娘)の命である髪の毛を青鬼から守りきれ!

◆『青鬼』ファン待望の新エンディングを追加!もちろん、あのモードも遊べる!



ファンが長年切望していた、登場人物を全員救出した場合のエンディング「ジェイルハウス沈黙エンド」を、『青鬼2016』に追加。再構築された、新たな青鬼の恐怖を楽しんでください。もちろん、ファンにはおなじみの、あのコミカルモードも遊べます。



◆『青鬼』/『青.2016』について



2004年に発表された『RPGツクール』製ホラーアドベンチャーの金字塔ともいえる noprops氏制作の人気作で、謎の洋館に閉じ込められた主人公たちが、人を襲う怪物"青鬼"から逃げながらも館の謎を解いて脱出を目指します。

青鬼の不気味さ、追いかけられる恐怖、いつ青鬼と遭遇するかわからないドキドキ感が好評を博しました。また、メディアミックス展開も行われ、コミカライズにノベライズだけでなく実写映画やアニメ化もされており、幅広い層のファンを魅了しています。

今回発表した『青鬼2016』は、『青鬼』を『RPGツクールMV』の仕様にリメイクし、スマートフォンのタッチ操作対応、『ハッカドール』モードや新エンディングを追加したものです。

◆今後の予定について



「鎌首」「第三営業部」「まお」「わいわい」など、ニコニコ動画の人気実況者によるニコニコ生放送を2016年12月18日に予定しています。スマートフォンでプレイ可能になった利点を生かし、様々な場所で『青鬼2016』をプレイした内容となります。

■ニコニコ生放送ページhttp://live.nicovideo.jp/watch/lv282808286

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

(C)DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.
(C)DeNA/ハッカドール THE あにめ~しょん製作委員会
(C)2015 KADOKAWA CORPORATION./YOJI OJIMA
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『太閤立志伝V DX』イベコンアプデ予定あり!効果音名の対応表も近日公開予定

    『太閤立志伝V DX』イベコンアプデ予定あり!効果音名の対応表も近日公開予定

  2. 『Apex』キーマウ勢必見!海外プロも愛用するリコイル制御術「ジッターエイム」とは

    『Apex』キーマウ勢必見!海外プロも愛用するリコイル制御術「ジッターエイム」とは

  3. 『FF14』タンクは怖くてできない? そんなアナタの不安を払う“超初心者向けタンクガイド”

  4. 『FF14』ヒーラーは重荷すぎる←そう思っている人集合! コレだけ抑えておけば“なんとかなる”7つのポイント

  5. 『VALORANT』ってどんなゲームなの?e-Sports大会急増中のタクティカルFPSの押さえておきたいポイントを解説【初心者Tips】

  6. 『FF14』初心者冒険者が設定しておくべきコンフィグは? HUD&ホットバーほかオススメ5選

  7. よく聞く「TD」ってなに?今さら聞けない「タワーディフェンス」…基礎から初心者にお勧めのゲームまで徹底紹介

  8. 『Apex』アッシュとパスファインダーのかけ合いに胸キュン…“元カノ”にぞっこんな特殊セリフも

  9. 第7回「CRカップ」順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で頂点に輝いたのは?

アクセスランキングをもっと見る