人生にゲームをプラスするメディア

【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

「e-Sports」に携わる「人」に焦点を当て、マネジメント会社やスポンサーを行っているPC関連会社の関係者に連載形式でインタビューを実施。第1回目は「DetonatioN FocusMe」にてCEOを務める梅崎 伸幸氏に単独インタビューを行いました。

ゲームビジネス 人材
【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー
  • 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー
  • 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー
  • 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー
  • 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー
  • 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー
  • 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー
  • 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー
  • 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー
先日、日本初のゲーミングアスリートとしてチームがプロ化された「DetonatioN FocusMe」。 選手が寝食を共にするゲーミングハウスも千葉県・西船橋に設立され、その存在感は日に日に大きくなってきています。

近年盛り上がりを見せている「e-Sports」ですが、東京・秋葉原を拠点とする「e-Sports SQUARE」やプロチームに所属している各選手たちがフォーカスされるなど、活躍の幅は広がってきています。


インサイドとGame*Sparkでは「e-Sports」に携わる「人」に焦点を当て、マネジメント会社やスポンサーを行っているPC関連会社の関係者に連載形式でインタビューを実施。第1回目は「DetonatioN FocusMe」にてCEOを務める梅崎 伸幸氏に今後のDetonatioN FocusMeの活動、日本のe-Sportsの展望について、単独インタビューを行いましたので、その様子をお届けします。


―――今回はインタビューのお時間を頂き、ありがとうございます。ゲーミングハウス設立から2週間ほど経過していますが、いかがでしょうか?

梅崎氏:すごくバタバタしていますね。練習量も非常に多いですし、選手の食生活等のマネジメントなどもあり、とにかく忙しいです。ただ、充実した毎日を今のところは送れています。

―――なるほど。日本初のプロのゲーミングチームとして注目をされているようですが。

梅崎氏:おかげさまで前回の設立記念パーティにも多くの関係者様が足を運んでくれました。

―――巷では、プロゲーマーを育成する専門学校が日本初で設立され、話題になっていましたね。

梅崎氏:我々のチームにも「e-Sports プロフェッショナルゲーマーワールド」さんのニュースを見て、問い合わせの電話が数多く寄せられました。e-Sportsと言いますか、「プロゲーマー」という言葉が世の中に認知されたのは、非常に嬉しく思います。懸念としては、「卒業後の出口」がきちんとあるかどうか、という部分ですかね。

―――「出口」(就職先、活躍する場)についてはDetonatioN FocusMeさんが大会で結果を残して、広げていけば大丈夫だと思います。

梅崎氏:はい。そういう流れを作っていけるようきちんと結果を残していくつもりです。

―――期待しています。改めてなのですが、梅崎さんの経歴を伺えますでしょうか?

梅崎氏:もともと生粋の営業マンでして、外回りの業務をずっと行っていました。大学卒業後、新卒入社で前職に就いたので、約7年間ほど営業業務をしていましたね。

―――そうなんですね。ゲーム自体に興味を持ち始めたのはいつ頃からなのでしょうか?

梅崎氏:15歳の時に、ソネットさんが運営していた『TANARUS』というタイトルがありまして…。もともとアメリカのタイトルなのですが、So-netさんが日本でのローカライズを担当していたFPS(1人称視点のシューティング)を、ずっとやっていました。インターネットゲームは当時全くやっていなかったのですが、高校時代の友人に「めちゃくちゃおもしろいよ!」と薦められ、ハマってしまいました。

―――ユーザーは日本ユーザーだけですか?

梅崎氏:たしかそうだったと思います。同時接続も400とか500人くらいでしたね。その頃は、テレホーダイを使ってプレイをしてました。夜10時くらいから明け方まで、セコセコプレイしていました(笑)。

―――ゲームに興味を持ったきっかけは『TANARUS』だったんですね。

梅崎氏:はい。その後、NEXONさんが運営している『Counter-Strike』を19歳からはじめて、5年間ほどプレイしました。大学卒業後、就職をしたのですがゲームをプレイする時間は全くとれませんでした。なおかつ会社の寮に住んでいたのですが、寮のネット回線がかなり貧弱で…。50KBとかそんな速度でした。


―――ちなみに大学の学部はどちらだったのですか?

梅崎氏:政治経済学部でした。

―――またゲームとはかけ離れてますね…(笑)。

梅崎氏:そうですね。結局、政治の道には進まずに、企業に就職をしましたが。

―――大学生時代は、どんなサイクルでゲームをプレイしていたのですか?

梅崎氏:朝までゲームをプレイして、大学の講義中に寝る、という感じでした。

―――なるほど(笑)。よく卒業できましたね…。

梅崎氏:講義の際には、ICレコーダーを置いてぐっすり寝ていました(笑)。ただ、試験前にはぱったりゲームをやめて、録音したICレコーダーを聞きながらガリガリ勉強をしていましたね。

―――なぜ政治系の道には進まずに、一般企業に入社なされたんですか?

梅崎氏:当時は「安定」を求めてしまいましたね(笑)。休みも多くて、給料も良くて…。ただ、古い会社でしたのでかなり泥臭い営業を行っていました。正直、かなり厳しかったです。そういった会社で働くことができて、本当に良かったと心から今も思えます。

―――就職した後に、ゲームをする時間はあったんですか?

梅崎氏:入社して1、2年目は一切できませんでしたね。休日もかなり多かったのですが、平日の業務の疲れがどっときて、たいてい寝て過ごしていました。

―――誰もが通る道ですね。DetonatioNとしてチームの活動をし始めたのは、いつ頃からでしょうか?

梅崎氏:2012年の7月くらいから、本格的に活動をしはじめました。社会人歴でいうと、5年目くらいですかね。

※次ページ: DetonatioN設立の経緯、黎明期の活動は?
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 遠隔地でも「獺祭」酒蔵見学ー「VRで文化を伝えるお手伝いをしていきたい」

    遠隔地でも「獺祭」酒蔵見学ー「VRで文化を伝えるお手伝いをしていきたい」

  3. 「ハリー・ポッター」のラドクリフさん「ゲームに助けられた」と語る

    「ハリー・ポッター」のラドクリフさん「ゲームに助けられた」と語る

  4. 【TGS2007】ヨガと戦場と競技場と、KONAMIブース

  5. スマートフォンの可能性を広げるアプリが集結・・・東京スマートフォンAPPアワード授賞式

  6. 愛知県がゲームも有害指定の対象にすることを検討

  7. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

  8. 【昨日の人気記事チェック】『クッキングママ』、米国で160万本突破―続編も(2月2日)

  9. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  10. 「Game Tools & Middleware Fourm 2009」開催概要を発表〜2/20福岡を皮切りに東京・大阪でも開催

アクセスランキングをもっと見る

1