人生にゲームをプラスするメディア

このブーム、何事!?まだ間に合う『刀剣乱舞-ONLINE-』講座…その魅力を徹底解説

PCゲーム その他PCゲーム

刀剣乱舞-ONLINE-
  • 刀剣乱舞-ONLINE-
  • 刀剣乱舞-ONLINE-
  • 刀剣乱舞-ONLINE-
  • 刀剣乱舞-ONLINE-
  • 刀剣乱舞-ONLINE-
  • 刀剣乱舞-ONLINE-
  • 刀剣乱舞-ONLINE-
  • 刀剣乱舞-ONLINE-
DMMゲームズが1月14日よりサービスを開始したPCブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』。リリース1ヶ月経たぬうちに人気ランキング上位に食い込むという快挙を成し遂げ、その勢いは歴史好きの女子だけに留まりません。歴史ファンである筆者がニッチだと思っていた「刀剣」というジャンルが新たな歴史ブームを牽引する予感!? そこで今からはじめる人のために、『刀剣乱舞-ONLINE-』の魅力をお伝えしたいと思います。

◆刀剣の種類がなんとなくわかる


ゲームを始める上で重要なのはキャラクターデザイン。まずはここからその魅力に迫ってみます。刀剣と一口に言っても様々な種類があり、ぶっちゃけ見た目と名前で「脇差」「打刀」「太刀」の違いなんてよくわかりません。そこで『刀剣乱舞-ONLINE-』を見てみましょう。


左から短刀、打刀、大太刀

登場する「刀剣男士」は刀の種類で少年か青年かが分かれます。「短刀」は少年ビジュアル。「脇差」は青少年。刀が長くなるにつれ大人のビジュアルになるので、なんとなーく名前と刀の種類でその大きさがわかるになります(一部例外もアリ)。また、刀派ごとに服装に統一感もあり、知らず知らずのうちに刀派まで覚えることができてしまうのです!そして全体的にイケメン。これ重要です。

■歴史上の有名人に紐付けて覚えられる

刀剣=武士・侍の必需品。それゆえに名刀と呼ばれるものは歴史上の有名人が所持していました。逆に歴史上の有名人が所持していたから有名になった刀もあります。歴史を好きになったらどんな細かいところも知りたいのがファンの心理。本作のキャラクターデザインはそんな欲求をも満たしてくれます。


例えば新撰組の沖田総司が所持していた「大和守安定」は新撰組の隊服のだんだら羽織を着用しています。同じく新撰組の土方歳三が所持していた「堀川国広」は土方歳三の洋装を踏襲したデザインに。また、伊達政宗が所持していた「燭台切光忠」は右目に眼帯を付けて「かっこいい」ことにこだわったキャラクター。これは伊達政宗が「伊達者」の語源となるほどオシャレに気を遣っていた史実を元にキャラ付けしています。

このように擬人化したキャラクターが持ち主のビジュアルや性格を踏襲しているため、意識せずとも刀の所持者を覚えることができるのです。それと同様に、刀そのものが持つ特徴もキャラクターから覚えることができます。


作務衣姿もサマになってます

例えば 「三日月宗近」は最も古い太刀に分類されるため見た目は若いけど老人のような発言をするキャラクターに。刀剣だけ見て名前を覚えることは難しいですがキャラクターがあると覚えられる不思議。女性向けの絵柄ですが刀剣に興味ある男性にもオススメです。

《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

    【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  2. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

    【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  3. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  4. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  5. 日本の田舎を巡る一人称視点ADV『NOSTALGIC TRAIN』Steam発売日決定!

  6. 余命1時間の文明構築サバイバル『One Hour One Life』販売開始! 世代をまたいで発展を目指す

  7. オンラインRPG『英雄伝説 暁の軌跡』まもなく本格稼働か…ファルコムが意味深なツイートを投稿

  8. 『YUMENIKKI -DREAM DIARY-』Ver.2.0配信開始-Ver.1を購入した方はバージョンアップが無料!

  9. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

アクセスランキングをもっと見る