人生にゲームをプラスするメディア

『弱虫ペダル 明日への高回転』体験版が配信開始!体験版でもナンジャタウンコラボに参加OK

バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『弱虫ペダル 明日への高回転』の体験版を配信開始しました。

任天堂 3DS
3DS『弱虫ペダル 明日への高回転』体験版配信開始
  • 3DS『弱虫ペダル 明日への高回転』体験版配信開始
  • 2つのイベントと・・・
  • ミニゲーム「先輩をマッサージ」が楽しめます
  • 体験版でもナンジャタウンコラボに参加可能
  • 製品版は1月29日発売予定
  • 『弱虫ペダル 明日への高回転』体験版が配信開始!体験版でもナンジャタウンコラボに参加OK
  • 『弱虫ペダル 明日への高回転』体験版が配信開始!体験版でもナンジャタウンコラボに参加OK
  • 『弱虫ペダル 明日への高回転』体験版が配信開始!体験版でもナンジャタウンコラボに参加OK
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『弱虫ペダル 明日への高回転』の体験版を配信開始しました。


『弱虫ペダル 明日への高回転(ハイケイデンス)』は、原作漫画やTVアニメが人気の「弱虫ペダル」を題材にした「自転車アドベンチャー」ゲームです。インターハイ終了後の夏を舞台にゲームオリジナルの物語が展開。「アドベンチャー(シナリオ)パート」「ミニゲームパート」「レースパート」があり、それぞれの進行・成績によって異なるエンディングが楽しめます。


ニンテンドーeショップにて、本作の体験版が配信開始となりました。体験版では、アドベンチャーパートから2つのイベントと、ミニゲームパートから「先輩をマッサージ」をプレイすることができます。

◆弱虫ペダル 明日への高回転 体験版



■配信開始日:2015年1月14日(好評配信中)
■配信サービス:ニンテンドーeショップ(ニンテンドー3DS)
■起動回数:30回
■内容:
 ・アドベンチャーパート(イベント2種)
 ・ミニゲームパート「先輩をマッサージ」(組み合わせ 小野田坂道・巻島裕介)
■紹介ページ:http://yowamushipedaru.bngames.net/special/playable.php

※体験版はボイスなしとなっています。製品版はフルボイスです。
※体験版の配信は予告なく終了する場合があります。ご了承ください。
※ニンテンドーe ショップにはインターネットの接続環境が必要です。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

また、1月23日より開催される「弱虫ペダル GRANDE ROAD in ナンジャタウン」において、体験版の画面を見せてもQRコード付きウェルカムカードをもらえることが決定。製品版にてQRコードを読み取ることで、ネコ耳Ver.の「弱虫ペダル」キャラクターたちが繰り広げるオリジナルストーリーを楽しむことができます。

◆弱虫ペダル GRANDE ROAD in ナンジャタウン



■開催期間:2015年1月23日(金)~2015年4月5日(日)
■ナンジャタウン公式サイト:http://www.namco.co.jp/tp/namja/

【コラボ内容】
■ウェルカムカードプレゼント
ナンジャタウン入口受付にて、当日の入園チケットと下記のいずれかを提示すると、オリジナル「ウェルカムカード」をプレゼント。カードに記載されているQRコードをゲームソフトで読み取ることで、ネコ耳Ver.の「弱虫ペダル」キャラクターたちが繰り広げるオリジナルストーリーを楽しむことができます。

※ウェルカムカードは1日あたり、一人1枚までとなります。
※ウェルカムカードは該当期間の種類の中からランダムで配布されます。任意に選ぶことはできません。予めご了承ください。
※ウェルカムカードを渡す際に提示した入園券に印を付けます。
※配布されるシナリオは期間によって変わります。
※来園者特典は数量限定のため、なくなり次第配布終了となります。
※QRコードを読み込むには、ニンテンドー3DSソフト『弱虫ペダル 明日への高回転』または同ソフト体験版が必要です。
※ナンジャタウンで配布されるQRコードは、期間をおいてゲーム公式サイトにて公開されます。予めご了承ください。
※混雑状況などにより、実施内容および案内方法が予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
※ナンジャタウンに入園するにはチケットを購入する必要があります。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

本作の一部をプレイできるのはもちろん、製品版よりも少しだけ早くナンジャタウンとのコラボ企画にも参加できる体験版。「弱虫ペダル」のファンの方はぜひダウンロードしてみてください。

『弱虫ペダル 明日への高回転』は、2015年1月29日発売予定で価格は5,690円(税抜)です。

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR 製作委員会
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ:サンブレイク』双剣、ライトボウガンの新アクション公開!全14武器種の紹介映像が出揃う

    『モンハンライズ:サンブレイク』双剣、ライトボウガンの新アクション公開!全14武器種の紹介映像が出揃う

  2. 【任天堂が1株を10株へ】株式分割するとどうなるの?

    【任天堂が1株を10株へ】株式分割するとどうなるの?

  3. 『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『聖塔神記 トリニティトリガー』正式発表!特別体験版も配信開始

    『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『聖塔神記 トリニティトリガー』正式発表!特別体験版も配信開始

  4. “女の子の一人暮らし”を覗いて導き、就活を成功させろ!神様視点の同居ADV『ノゾムキミノミライ』プレイレポ

  5. 『遊戯王 マスターデュエル』“サレンダー狙いの遅延”に運営が対処―効果無効を使い対戦時間を延ばす行為が不可に

  6. ニンテンドースイッチの修理代が安くなる豆知識!任天堂が「オンライン修理受付」の手順を告知

  7. 『パワプロ2022』いつでもどこでもユニフォーム姿な「パワプロくん」がついに…?「初めて見たわ」

  8. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  9. 連載開始から40年以上…今なお愛され続ける『キン肉マン』の懐かしゲーム3選

  10. 『スプラトゥーン3』新サブウェポン「ラインマーカー」公開!遠くまで一直線に攻撃、触れた相手をマーキング

アクセスランキングをもっと見る