人生にゲームをプラスするメディア

『鉄拳7』で格ゲー史上初のカメラギミックが実現?開始位置がどっちも1P/2P側になる新システム採用か

シリーズ最新作『鉄拳7』のプロデューサーを務める原田勝弘氏が投稿したTweetの中で、同作に導入される可能性がある新たなカメラシステムについて言及されています。

ゲームビジネス 開発
『鉄拳7』で格ゲー史上初のカメラギミックが実現?開始位置がどっちも1P/2P側になる新システム採用か
  • 『鉄拳7』で格ゲー史上初のカメラギミックが実現?開始位置がどっちも1P/2P側になる新システム採用か
シリーズ最新作『鉄拳7』のプロデューサーを務める原田勝弘氏が投稿したTweetの中で、同作に導入される可能性がある新たなカメラシステムについて言及されています。


原田氏が投稿した内容では、左右に分かれてそれぞれキャラクターを操作する既存のゲームシステムに変化を与える新要素を確認することが出来ます。1P/2Pのどちらのプレイヤーも同じサイドを初期配置としてスタートすることが出来るようになり、コマンド入力などのプレイフィールの差異を減少させることが可能となる模様です。

また、TwitLongerでは、レンダリングカメラを利用することで実現の可能性が生まれたこのシステムの解説をチェックすることが可能です。店内対戦や店舗間通信対戦を好むユーザーにとっては興味深いギミックとなることが期待されるので、『鉄拳』シリーズプレイヤーや格闘ゲームファンの方は目を通してみてください。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『World of Warships / World of Warships: Legends』『ダートラリー2.0』『ラングリッサーI&II』他

    今週発売の新作ゲーム『World of Warships / World of Warships: Legends』『ダートラリー2.0』『ラングリッサーI&II』他

  2. 【CEDEC 2012】Havokはゲームエンジン「Vision Engine」を紹介

    【CEDEC 2012】Havokはゲームエンジン「Vision Engine」を紹介

  3. 「売れるスマホゲームの鍵は?」『消滅都市』『ジョーカー』『ドラゴンファング』のクリエイターが語る

    「売れるスマホゲームの鍵は?」『消滅都市』『ジョーカー』『ドラゴンファング』のクリエイターが語る

  4. 業績好調なアイディアファクトリーを直撃!外部技術を有効活用した開発体制

  5. 【CEDEC 2010】プラットフォームホルダーの品質管理とは?

  6. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  7. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  8. 2019年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 馬主となってGI制覇を目指そう・・・ソーシャルとリアルの融合、KONAMI『GI ALLSTAR’S Japan Horse Racing 2012』

  10. Unrealはここまできた!驚異の最新デモをチェック・・・「Unreal Japan News」第18回

アクセスランキングをもっと見る

1