人生にゲームをプラスするメディア

『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に

ソニー PS3

『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に
  • 『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に
  • 『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に
  • 『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に
  • 『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に
  • 『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に
  • 『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に
  • 『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に
  • 『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』最大4人のオンラインマルチプレイに対応! 冒険の拠点もお披露目に
バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』の最新情報を公開しました。


大人気ライトノベルの世界を、PS3とPS Vitaで楽しませてくれる『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』。本作は《アルヴヘイム・オンライン》を舞台に、「空を飛び、冒険を楽しむ」ことに主軸が置かれるアクションRPGです。「ALO」の世界を飛び回り、《SAO》のフライトアクションを存分に楽しめます。


多くの方が期待を寄せる本作ですが、今回は「スヴァルト・アールヴヘイム」にある≪空都ライン≫の情報が公開されました。ここは武器屋や酒場などの施設が充実しており、冒険の中心となる場所です。また新キャラクターの参戦や、最大4人で楽しめるオンラインマルチプレイの搭載なども明らかとなったので、しっかりチェックし来年の発売日に備えておいてください。

◆スヴァルトアールヴヘイムの街≪空都ライン≫


本作の物語の中心地≪空都ライン≫。ここで様々な物語が始まります。また、街には武器屋や工房、商店などが軒を連ね、必需品も潤沢な品揃えを誇ります。

さまざまな交流が生まれる街の広場や、キリト達の拠点となる宿屋、多彩なクエストが受けられる酒場などの施設が揃っています。ちなみに武器屋や工房では、各種武器のカスタマイズが可能です。

■宿場

キリトの部屋。アイテムを預けたり、装備を整えたりが可能。

■武器屋:工房

リズが、武器のカスタマイズや強化を行ってくれる。

■酒場

さまざまな情報や、クエストの発注が行われている。

◆本作のゲーム面を紹介


■基本的なゲームの流れ

≪空都ライン≫中心に物語は進み、街にあるポータルから各浮島に転送して探索が始まります。街ではパーティーを組んだり、装備を整えたりといった冒険の準備に励みましょう。

冒険の基本は、探索をしながらバトルをし、プレイヤーの能力を上げたり、アイテム、ユルドをゲットしていきます。探索で見つかったダンジョンに挑戦することも可能です。広大なスヴァルトアールヴヘイムを探索し尽くしましょう。

■オンラインに対応し、最大4人のマルチプレイでクエストへ

最大で4人のオンラインマルチプレイが可能。クエストを選び4人で出発し、難易度が高いミッションを協力してクリアしていきましょう。プレイアブルキャラクターは、任意に選べます。

■バトル:ソードスキル

本作では、武器ごとに分かれたソードスキルが使用可能です。範囲攻撃や連続での攻撃など、それぞれ異なる特徴を持つソードスキルを使いこなすべく、シチュエ―ションに合わせてチョイスし繰り出しましょう。

◆キャラクター


■シノン

武器は、扱うことすら難しいとされている「弓」を装備。
あまり感情を表に出さないが、実力は確か。

■ユイ

キリトの《ナビゲーション・ピクシー》。普段は小さい妖精のビジュアルだが、たまに行動するときは人型の姿となる。 ※バトルはしません。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング―』は、2015年3月26日発売予定。価格は、PS3版が7,120円(税抜)、PS Vita版の通常版が6,170円(税抜)、初回限定生産版が9,980円(税抜)です。

(C) 2014 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAOII Project
(C) BANDAI NAMCO Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

    裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  2. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  3. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

    「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  4. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  5. 『フォートナイト バトルロイヤル』のとある場所に「謎の墓」が登場―この裏には悲しい物語があった…

  6. 『MGSV:TPP』新アップデートで「クワイエット」がプレイ可能に!一定時間不動で透明化など能力も

  7. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  8. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  9. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  10. PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition が8月24日発売決定!―全世界合計5万台限定の特別モデル

アクセスランキングをもっと見る