人生にゲームをプラスするメディア

【G-STAR 2014】『攻殻機動隊オンライン』の独自システム「スキルシェア」とは?疑問点を担当者に訊いた

NEXON Korea Corporationは、韓国・釜山で開催されているゲームショウ「G-STAR 2014」にて、新作オンラインFPS『攻殻機動隊オンライン』(Ghost in the Shell Online)のメディアブリーフィングを11月20日に実施しました。

PCゲーム オンラインゲーム
【G-STAR 2014】『攻殻機動隊オンライン』の独自システム「スキルシェア」とは?疑問点を担当者に訊いた
  • 【G-STAR 2014】『攻殻機動隊オンライン』の独自システム「スキルシェア」とは?疑問点を担当者に訊いた
  • 【G-STAR 2014】『攻殻機動隊オンライン』の独自システム「スキルシェア」とは?疑問点を担当者に訊いた
  • 【G-STAR 2014】『攻殻機動隊オンライン』の独自システム「スキルシェア」とは?疑問点を担当者に訊いた
  • 【G-STAR 2014】『攻殻機動隊オンライン』の独自システム「スキルシェア」とは?疑問点を担当者に訊いた
  • 【G-STAR 2014】『攻殻機動隊オンライン』の独自システム「スキルシェア」とは?疑問点を担当者に訊いた
NEXON Korea Corporationは、韓国・釜山で開催されているゲームショウ「G-STAR 2014」にて、新作オンラインFPS『攻殻機動隊オンライン』(Ghost in the Shell Online)のメディアブリーフィングを11月20日に実施しました。



既に映像が公開され、大まかな概要はお伝えしていますが、独自システム「スキルシェア」やいくつか気になる点を担当者に伺ってきました。

◆プレイヤーは「公安9課」のメンバー




まず、本作でプレイヤーが操るキャラクターが何なのかを明白にしてきました。担当者によると、プレイヤーは「公安9課」のメンバーからキャラクターを選択し、「義体改造」によって自分好みにカスタマイズすることが可能。カスタマイズ用の「部品」は多種多様であり、数は5,000パーツ以上です。



また各キャラクターには、原作を元にした専用のスキルを備えており、“キャラクター=クラス”という認識で問題ありません。そこで懸念されるのが、相手も自分も「草薙素子」だったらどうなるのかという点です。



これに関しては、敵味方がどのキャラクターであっても、別の専用ビジュアルで表示されるため、1つの戦場に「草薙素子」がビジュアル的に2人居るという状況にはならないとのこと。

◆スキルシェア




本作では、「スキルシェア」という独自システムが搭載されています。このシステムは、「電脳ネットワーク」を通じて仲間のスキルをダウンロードできるといもの。スキルにも幾つかの種類があり、自分のために使うか、仲間のために使うか、状況による選択することができます。この状況選択により、戦略的かつ創意的な戦闘状況を作り出して、既存オンラインFPSで見られなかった協力プレーを実現するとしています。

◆打撃武器




映像でも「義体」のギミックを確認することができますが、対「義体」武器も用意されています。その武器は「打撃武器」にカテゴリーされ、「義体」を破壊することが可能です。

◆ゲームエンジン


ゲームエンジンは「Gamebryo」(ゲームブリオ)という少し古いものが使われています。起用の理由としては、開発陣が最も使い慣れたゲームエンジンが「Gamebryo」であり、一からUnreal Engineを触るよりもクオリティの高いものが実現できるためです。

◆タチコマ




「タチコマ」は、我軍支援や敵拠点占領などの任務を遂行します。デザインは本作用にアレンジされており、PvEモードも開発中です。

◆「笑い男」のマーク


今回公開された映像で、敵を倒すと「笑い男」のマークが表示されますが、こちらは未成年用の規制表現です。よって、ゲーム内の演出ではなく、製品では表示されません。

◆開発の経緯




同社のオンラインゲーム『アラド戦記』でコラボレーション企画を進めいた時、講談社・
Production I.Gと一緒に仕事をすることがあったそうです。その時に、自然と「攻殻機動隊」をゲームにしようという話になり、もっとも同IPを活かせるジャンルを話し合った結果、FPSに決定。現在のグラフィックやシステムに関しては、両社共に納得の出来だそうです。
《栗本 浩大》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PCゲーム アクセスランキング

  1. PCでプレイすると「Keyのゲーム」感マシマシ!Steam版『ヘブンバーンズレッド』を遊んでみた

    PCでプレイすると「Keyのゲーム」感マシマシ!Steam版『ヘブンバーンズレッド』を遊んでみた

  2. 未亡人の管理人さんとの大人なストーリーがエモい新感覚リズムゲーム『ビートリフレ』ーマッサージ+音ゲー!?で悩める乙女の身も心もほぐそう!

    未亡人の管理人さんとの大人なストーリーがエモい新感覚リズムゲーム『ビートリフレ』ーマッサージ+音ゲー!?で悩める乙女の身も心もほぐそう!

  3. 『マッサージフリークス』Steam版が本日1日配信―タイトルを『ビートリフレ』に変更、セクシー要素はパッチ適用で解禁

  4. 『ホロキュア』新キャラ「大神ミオ」使用の最新映像公開!スタンドと化した「ハトタウロス」がオラオララッシュ

  5. 『ホロキュア』新キャラ「白上フブキ」使用の最新画像公開!8月のアプデ目指して鋭意開発中

  6. 「Steam Deck」を徹底レビュー!全く新しい携帯ゲーミングPCで実際に数週間ゲームをプレイしてみてわかる美点と欠点

  7. カプコンが「ファイティング レジェンズ パック」PC版誤表記の対応についてSteamでアナウンス―対象者へは返金対応

  8. 『VALORANT』ショートアニメで考察が白熱!エージェントたちの“バイ”は失敗だった?

  9. クガネ登山よりは簡単?『FF14』新たな登山スポットの攻略法&頂きの景色

アクセスランキングをもっと見る