人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、2015年3月期第2四半期連結業績を発表 ― 純利益は約40%減の29億7300万円

カプコンは、2015年3月期第2四半期連結業績を発表しました。

ゲームビジネス その他
2015年3月期第2四半期連結業績スクリーンショット
  • 2015年3月期第2四半期連結業績スクリーンショット
カプコンは、2015年3月期第2四半期連結業績を発表しました。

売上高259億1700万円(前年同期比 51.3%減)、営業利益43億8300万円(前年同期比 41.6%減)、経常利益45億4000万円(前年同期比 44.6%減)、四半期純利益29億7300万円(前年同期比 39.9%減)となりました。

デジタルコンテンツ事業では、大型ソフトの不在を余儀なくされたものの、『ウルトラストリートファイターIV』や『逆転裁判123 成歩堂セレクション』が底堅い売れ行きとなりました。また、オンラインゲーム『モンスターハンター フロンティア G』シリーズが健闘。モバイルコンテンツは、『モンスターハンターポータブル2nd G for iOS』など、一部を除いてヒット作には恵まれませんでしたが、収益構造の見直しにより、採算性が向上したとしています。しかし、当該期間のラインナップは有力ソフトが不十分だったことにより、『モンスターハンター4』の反動減を穴埋めするまでには至っていません。

アミューズメント機器事業では、不採算店舗を1店舗閉鎖し、施設数が32店舗となりましたが、9月に発売したパチスロ機「戦国BASARA3」が順調な売れ行きとなっています。また、業務用機器部門では、『鬼武者Soulカードラッシュ』を発売しました。

こうした結果から、前期大型タイトル『モンスターハンター4』の反動減等により、大幅な減収減益となったものの、営業利益率が前年度比2.8ポイント増の16.9%となり、収益性は向上したとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  3. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  6. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  7. 「AbemaTV」がスマートフォンVRプラットフォーム「Daydream」に対応を開始!

  8. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  9. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  10. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

アクセスランキングをもっと見る