人生にゲームをプラスするメディア

PS4「シェアプレイ」の使い心地を自宅からレポート、ゲームの遊び方が広がる

その他 フォトレポート

PS4「シェアプレイ」の使い心地を自宅からレポート、ゲームの遊び方が広がる
  • PS4「シェアプレイ」の使い心地を自宅からレポート、ゲームの遊び方が広がる
  • PS4「シェアプレイ」の使い心地を自宅からレポート、ゲームの遊び方が広がる
  • PS4「シェアプレイ」の使い心地を自宅からレポート、ゲームの遊び方が広がる
  • PS4「シェアプレイ」の使い心地を自宅からレポート、ゲームの遊び方が広がる
  • PS4「シェアプレイ」の使い心地を自宅からレポート、ゲームの遊び方が広がる
  • PS4「シェアプレイ」の使い心地を自宅からレポート、ゲームの遊び方が広がる
  • PS4「シェアプレイ」の使い心地を自宅からレポート、ゲームの遊び方が広がる
昨日、PS4で配信された大型アップデート「バージョン2.00“コードネーム:Masamune(マサムネ)”」。その目玉機能である「シェアプレイ」を試してみたので、感想を交えて紹介していきます。

「シェアプレイ」とは(公式より抜粋)

「シェアプレイ」は自分がプレイ中のゲームに、ネットワーク経由でフレンドを招待して一緒に遊ぶことができる新機能です。これにより、ゲーム中のクリアーできない場面を手伝ってもらったり、対戦を楽しんだりと、まるで友達が隣に座っているかのような感覚でゲームを遊ぶことが可能となります。なお、招待されるフレンドはそのゲームソフトを所有している必要はありません。

※ホストはPlayStation Plusに加入している必要があります。


夢のような機能ですが、実際の使い心地はどのようなものか、PS4版『ディアブロIII リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション』と『Battlefield 4』を使って検証してみました。なお、今回の検証ではPlayStation Plus加入者と未加入者の方に協力してもらいました。


『ディアブロIII』をシェアプレイしたビジターは、本作にドハマリしたようです。

はじめにハック&スラッシュRPG『ディアブロIII リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション』でシェアプレイを試してみました。

筆者がホストになり、PS Plus未加入者にコントローラーを渡してプレイ。コントローラーに0.1秒ほどの遅延があるものの快適にプレイできたとのこと。ビジター側ではパフォーマンスが低下し、720p/30fpsで動作するのですが、プレイに違和感は感じないようです。

次にPS Plus加入者と協力プレイを試してみました。こちらも問題ないようで、本来の目的を忘れてプレイに熱中してしまうほど快適でした。『ディアブロIII』はシェアプレイで面白くなるタイトルのひとつと言えるでしょう。


ビジター側ではスクリーンショットが撮影できません。ホストに頼みましょう

次は、FPS『Battlefield 4』をシェアプレイ。PlayStation Plusに加入しなければオンライン対戦モードは遊べませんが、シェアプレイ経由ならばPS Plus未加入者でもプレイ可能です。

しかし対戦中に、ブロックノイズが表示されたり、コントローラーの遅延が躊躇に見られたりする場面が多々ありました。これはお互いのネットワーク環境にもよりますが、オンライン対戦を快適にプレイするのは難しいかもしれません。



ここまで検証してみて、快適にシェアプレイを行うには、お互いのネットワーク環境が整っている必要があると感じました。同じゲームでもホスト側の環境によって快適にプレイできることもあれば、全くゲームにならない事もありました。

まだまだアップデートされたばかりで問題点がありますが、フレンドと気軽に対戦・協力プレイが出来るようになったので、遊びの幅が広がる事は間違いないでしょう。

ゲームの面白さを共有する「シェアプレイ」。今後、どのような使い方をするのかPS4ユーザーの動向が気になるところです。他にも気づいた点や、シェアプレイで楽しめる面白い遊び方などがありましたら、当記事のコメント欄でお知らせください。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  2. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

  3. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

    フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  4. 「龍が如くスタジオ」8月26日に新作発表会を実施!“衝撃の発表”を予定

  5. 『君の名は。』の「宮水三葉」と「立花瀧」がねんどろいどに―劇中の落書きシーンもバッチリ再現!

  6. スクエニ、新プロジェクト「ディア ホライゾン」発表! 第一弾としてTVアニメを今秋放送

  7. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  8. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  9. 『FFVII』の「クラウド」と「セフィロス」をイメージしたオードトワレが、装いも新たに再登場

  10. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

アクセスランキングをもっと見る