人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、29日に第2四半期業績を発表・・・注目ポイントは?

ゲームビジネス 市場

任天堂は29日の株式市場終了後に平成27年3月期 第2四半期(4月~9月)の業績を発表します。

同社は中間期の業績予想を開示していませんが、通期の売上高5900億円、営業利益400億円、経常利益350億円、純利益200億円に対してどの程度の進捗があるか、最も重要な年末商戦を含む第3四半期に向けて利益体質を築けたかが注目されます。

7月~9月には『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』『ベヨネッタ2』『ゼルダ無双』(海外)などのタイトルがあり、ライセンシーでも『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』『ドラゴンクエストX オンライン』などがあり、利益率が高いソフトウェアの販売が好調だったと見られます。

また、任天堂は想定為替レートを1ドル100円、1ユーロ140円としていて、為替環境は良好です。

Wall Street Jornalは健康分野を含む新戦略、リストラ策、中国戦略なども注目されるとしています。また、通期の業績についてアナリストの言葉を引用し、250億円の赤字と予測しています。

29日は任天堂のほか、カプコン、ガンホー、ヤフー、ルネサスなどが決算発表の予定。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  5. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  7. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  8. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  9. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  10. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る