人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、29日に第2四半期業績を発表・・・注目ポイントは?

任天堂は29日の株式市場終了後に平成27年3月期 第2四半期(4月~9月)の業績を発表します。

ゲームビジネス 市場
任天堂は29日の株式市場終了後に平成27年3月期 第2四半期(4月~9月)の業績を発表します。

同社は中間期の業績予想を開示していませんが、通期の売上高5900億円、営業利益400億円、経常利益350億円、純利益200億円に対してどの程度の進捗があるか、最も重要な年末商戦を含む第3四半期に向けて利益体質を築けたかが注目されます。

7月~9月には『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』『ベヨネッタ2』『ゼルダ無双』(海外)などのタイトルがあり、ライセンシーでも『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』『ドラゴンクエストX オンライン』などがあり、利益率が高いソフトウェアの販売が好調だったと見られます。

また、任天堂は想定為替レートを1ドル100円、1ユーロ140円としていて、為替環境は良好です。

Wall Street Jornalは健康分野を含む新戦略、リストラ策、中国戦略なども注目されるとしています。また、通期の業績についてアナリストの言葉を引用し、250億円の赤字と予測しています。

29日は任天堂のほか、カプコン、ガンホー、ヤフー、ルネサスなどが決算発表の予定。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

    海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  2. 今週発売の新作ゲーム『THE QUIET MAN』『Call of Cthulhu』『Diablo III: Eternal Collection』『Agony Unrated』他

    今週発売の新作ゲーム『THE QUIET MAN』『Call of Cthulhu』『Diablo III: Eternal Collection』『Agony Unrated』他

  3. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  4. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  5. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  6. それは“絶望の一週間”―『シノアリス』のエンジニアがサービスイン時の混乱を語る【CEDEC 2018】

  7. 【デジタルコンテンツEXPO 2010】モーションキャプチャとCGキャラクターを使ったAR技術

  8. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  9. 日本の希望だ。ドラクエ、メルカリ【オールゲームニッポン】

  10. 【Wii Uアンケート Wiiの扱い篇】データ引っ越しをする人は60% ― 引っ越し後のWiiの扱いも公開

アクセスランキングをもっと見る