人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、29日に第2四半期業績を発表・・・注目ポイントは?

任天堂は29日の株式市場終了後に平成27年3月期 第2四半期(4月~9月)の業績を発表します。

ゲームビジネス 市場
任天堂は29日の株式市場終了後に平成27年3月期 第2四半期(4月~9月)の業績を発表します。

同社は中間期の業績予想を開示していませんが、通期の売上高5900億円、営業利益400億円、経常利益350億円、純利益200億円に対してどの程度の進捗があるか、最も重要な年末商戦を含む第3四半期に向けて利益体質を築けたかが注目されます。

7月~9月には『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』『ベヨネッタ2』『ゼルダ無双』(海外)などのタイトルがあり、ライセンシーでも『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』『ドラゴンクエストX オンライン』などがあり、利益率が高いソフトウェアの販売が好調だったと見られます。

また、任天堂は想定為替レートを1ドル100円、1ユーロ140円としていて、為替環境は良好です。

Wall Street Jornalは健康分野を含む新戦略、リストラ策、中国戦略なども注目されるとしています。また、通期の業績についてアナリストの言葉を引用し、250億円の赤字と予測しています。

29日は任天堂のほか、カプコン、ガンホー、ヤフー、ルネサスなどが決算発表の予定。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

    今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

  2. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  3. 【売上ランキング】 トップは『シーマン2』が獲得、商戦機を前に寂しい一週間(10/15-21)

    【売上ランキング】 トップは『シーマン2』が獲得、商戦機を前に寂しい一週間(10/15-21)

  4. 【CEDEC 2010】『ICO』の上田文人氏が語るゲームにおけるキャラクターとアニメーション

  5. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  6. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』『DOOM』『返校 -Detention-』他

  7. マーベラスインタラクティブが親会社と合併

  8. 『チャンピオンシップマネージャー』の不正コピー率は90%−メーカー自らが語る

  9. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

  10. Native ClientのUnity製タイトル第一弾がChrome Web storeでサービス開始

アクセスランキングをもっと見る