人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能

10月15日発売の「月刊コロコロコミック11月号」に、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』の特別体験版が付属しています。発売まであと1ヶ月と少しになった本作ですが、その前に今回の特別体験版プレイレポートをお送りいたします。

任天堂 3DS
『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能
  • 『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能
  • 『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能
  • 『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能
  • 『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能
  • 『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能
  • 『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能
  • 『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能
  • 『ポケモン ORAS 特別体験版』プレイレポート、未発表のメガシンカポケモンもゲット可能
10月15日発売の「月刊コロコロコミック11月号」に、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』の特別体験版が付属しています。発売まであと1ヶ月と少しになった本作ですが、その前に今回の特別体験版プレイレポートをお送りいたします。


▲『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア 特別体験版』タイトル画面



▲主人公「オメガ」(左)と「ダイゴ」(右)

体験版の舞台は、ホウエン地方のトクサネシティ。宇宙開発が盛んなこの街で、主人公は「ダイゴ」と共にさまざまな冒険を経験します。なお、この体験版には以下のような特徴があります。

・特別体験版で初登場するメガシンカポケモンをゲット可能
・さらに、そのメガシンカポケモンやもらった道具を製品版へ持っていける
・特別体験版でしか遊べないシナリオが存在

今回は体験版をひと通り遊んでいますが、本作の公式サイトによると「毎日プレイすると、特別なシナリオが遊べるかも」しれないとのことですので、後日にこの記事で紹介していない要素も登場するかもしれません。

◆「マグマ団」「アクア団」との戦い



▲はじめにもらえるポケモン

さて、主人公とダイゴは、何やら悪事を企む「マグマ団」や「アクア団」と戦いを繰り広げるのですが、まずはポケモンがいなければ話になりません。というわけで、まずは「ワカシャモ」「ジュプトル」「ヌマクロー」から自分のパートナーを選びます。


▲トクサネシティはロケットや「しろいいわ」などが見どころ

パートナーを決めたあとはまず宇宙センターの博士を救い出し、続いてメガシンカするポケモンを奪おうとするマグマ団とアクア団を追いかけることに。なお、その間にトクサネシティの探索をすることも可能です。


▲あのメガシンカポケモンと遭遇するシーン

そして、ダイゴとのダブルバトルによってマグマ団とアクア団の幹部を倒したあとは、草むらに隠れている“とあるポケモン”をゲットすることになります。このポケモンはメガシンカすることが可能なのですが、なんとこれまで未発表のメガシンカポケモンなのです。何が登場するのかは、ご自身の目で確認してください。

◆一度クリアしたあとも要素はたくさん



▲一度目のクリア後はメガラグラージなども使用可能に

これで特別体験版はひとまず終わりを迎えるのですが、まだまだ遊ぶ要素が用意されています。ダイゴが何種類かのイベントを用意してくれており、迷子・ポケモン探しなどを楽しむことができるのです。


▲バトルガールなどトレーナーも数種類が登場

なお、このイベントではポケモントレーナーとのバトルも満足いくまで堪能できます。前述の3体の進化系がすべて使えるようになり、草むらに隠れていたあのポケモンも使用可能。もちろん、すべてメガシンカさせて戦うことができます。


▲ジムリーダーの「アスナ」がテレビ撮影中

さらに、トクサネシティもイベントをクリアするたびに盛り上がっていきます。あるジムリーダーが登場したりと、製品版に出てくるキャラクターたちが多数登場。また、イベントの最中には「ルチア」たちの姿を見ることができます。

◆クリア後の感想



▲マグマ団・アクア団とのダブルバトルはメガシンカで迫力満点

今回は記事を書くにあたり、この特別体験版を、クリア後のイベントを含め10回ほどをクリアしました(所要時間は1時間半ほど)。システム面は、既に充実していた『ポケットモンスター X・Y』をベースにより進歩させたものとなっており、遊びやすさは文句なし。また、細かい点にもこだわりを感じられます。


▲女主人公も登場

たとえば、キャラクターの表情がより豊かになっているように感じられました。また、戦闘中のカメラワークにもこだわりが感じられるほか、進化・攻撃エフェクトなどにも手が加えられているようです。

ほかには、もちろん未発表のメガシンカポケモンをゲットできるのも喜ばしいのですが、10回クリアした際の報酬「ハートのウロコセット」なども、対戦をよく遊ぶプレイヤーには地味に嬉しいものです。

ゲームの出来栄えを確認できるだけでなく、いろいろなおまけがついておりまさに「特別体験版」という具合でした。なお「コロコロコミック11月号」以外にも、11月1日ごろ発売の「ちゃお12月号」にも体験版が付属するとのことですので、興味のある方は手にとってみてはいかがでしょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア』は2014年11月21日発売で、価格は4,571円(税別)です。

なお、本記事のスクリーンショットは、筆者がニンテンドー3DSでプレイした『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア 特別体験版』のキャプチャー画像となります。

(C)2014 Poke'mon. (C)1995-2014 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
《すしし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

    『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

  2. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

    『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

  3. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

    『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  4. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  5. 『モンハンライズ』ムービーシーンをぶち壊す“インパクト抜群な頭装備”たちに注目!その顔でシリアスパートは無理でしょ

  6. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  7. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  8. 『モンハンライズ』火力最強「一虎刀【餓刃】」は根強い人気!Ver2.0武器なのに現役、その秘密は特殊な生産ルートにあり

  9. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  10. 川に棲む虹色の…イワシ!?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「レインボーフィッシュ」ってどんな魚?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

アクセスランキングをもっと見る