人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】「モンスターハンター」とは ─ いまさら他人に訊けないヒットシリーズをご紹介

ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「モンスターハンター」です。

その他 全般
【今日のゲーム用語】「モンスターハンター」とは ─ いまさら他人に訊けないヒットシリーズをご紹介
  • 【今日のゲーム用語】「モンスターハンター」とは ─ いまさら他人に訊けないヒットシリーズをご紹介
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「モンスターハンター」です。

「モンスターハンター」は、カプコンが販売しているハンティングアクションのヒットシリーズ。2004年3月11日、ゲームクリエイターである船水紀孝氏によって生み出され、今や全世界でのシリーズ累計販売本数は2800万本(2014年6月30日時点)を超えるという人気ぶりを誇っています。

このシリーズでは、プレイヤーはハンターとなり、様々な武器で巨大なモンスターを狩るべく白熱する戦いが繰り広げられます。数多あるアクションゲームと大きく異なっていたポイントのひとつとして、「巨大な敵1体との攻防戦がメイン」という特徴が挙げられるでしょう。

もちろん、小さな敵と平行して戦ったり、時には巨大な敵が複数同時に襲いかかってくる場合もありますが、これまでのアクションゲームで多く見受けられた「多数の敵に立ち向かう主人公ひとり」という構図ではなく、最大4人で協力し合って1体のモンスターを倒すという点に新鮮な驚きがあり、また見上げるような敵を倒した時の爽快感は並ならぬものがありました。

更に、倒したモンスターから剥ぎ取った材料で武器や防具を作り、さらに強いモンスターに挑む。このサイクルの中で磨かれていく己の腕前の上達ぶりを実感できるのも、本シリーズに欠かせない魅力となっています。

シリーズの黎明期はPS2にてリリースされていましたが、PSP版への展開を経て大きく火が点き、ミリオンヒットを連発する驚異的なシリーズへと成長を遂げました。そんな本シリーズの最新作が、いよいよ今週末に発売されます。今度はどんな狩りが待っているのか、期待に胸が膨らむばかりです。

「モンスターハンター」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。
■ゲーム大辞典:「モンスターハンター」 URL:http://game-lexicon.jp/word/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ポケカ』「イーブイヒーローズ」が「しまむら」オンラインストアで販売!“ファッションセンター”からの意外な予告ー6月19日午前9時から限定500点

    『ポケカ』「イーブイヒーローズ」が「しまむら」オンラインストアで販売!“ファッションセンター”からの意外な予告ー6月19日午前9時から限定500点

  2. 「かつては私も皮付きだった」―あの“髭剃りシーン”も再現できる『Apex Legends』レヴナントのフィギュアが予約開始

  3. ゲーミングPCアワード2021第1弾「ゲーミングノート」投票受付開始…抽選でAmazonギフト券5,000円プレゼント!

  4. アーケードゲームを詰め込んだタイトー「EGRETII mini」収録タイトル追加発表―『奇々怪界』『影の伝説』など10ゲーム

  5. 『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介

  6. 『遊戯王OCG』7月1日適用の「制限改訂」が公開―ドランシア禁止により「十二獣」が痛手…VFDは許された

アクセスランキングをもっと見る