人生にゲームをプラスするメディア

【今日のゲーム用語】「ドラゴンバスターシリーズ」とは ─ 元祖となる1作目が、Wii Uバーチャルコンソール化決定

その他 全般

【今日のゲーム用語】「ドラゴンバスターシリーズ」とは ─ 元祖となる1作目が、Wii Uバーチャルコンソール化決定
  • 【今日のゲーム用語】「ドラゴンバスターシリーズ」とは ─ 元祖となる1作目が、Wii Uバーチャルコンソール化決定
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「ドラゴンバスターシリーズ」です。

「ドラゴンバスターシリーズ」とは、ナムコ(現バンダイナムコゲームズ)がリリースしたアクションゲームシリーズのこと。「兜割り」などの攻撃や「ドラゴンと戦う」という憧れのシチュエーションが、当時のゲームユーザーの心を鷲掴みにしました。

1985年1月に、シリーズ1作目である『ドラゴンバスター』が、アーケード用タイトルとして登場。冒険者クロービスとなり、ドラゴンにさらわれた王女セリアを救う冒険に、多くのユーザーが引き込まれました。

各ステージのボスとしてドラゴンが立ちはだかり、ステージによって攻撃方法やデザインが異なるこだわりぶりを見せてくれます。またクロービスも、通常移動にダッシュ、ジャンプ、しゃがみ、2段ジャンプなどのアクションや、それらのアクションと攻撃を組み合わせて特殊な攻撃を繰り出すなど、バリエーションの豊かさは負けていません。

後にファミコンやMSX2などに移植され、1989年にはシリーズ2作目となる『ドラゴンバスターII 闇の封印』がファミコンソフトとして登場。視点がサイドビューからトップビューに変更されました。更に、1999年にはPlayStationソフト『ドラゴンヴァラー』がリリースされたほか、ボードゲーム化を遂げるなどの展開も見せました。加えて、今年の1月21日にはWii Uバーチャルコンソールとして『ドラゴンバスター』が配信を開始します。本シリーズの活躍は、まだまだ終わりません。

「ドラゴンバスターシリーズ」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。シリーズ作品の更なる詳細が記されています。
■ゲーム大辞典:「ドラゴンバスターシリーズ」 URL:http://game-lexicon.jp/word/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『モンハン』のやりすぎで彼女に嫌われる

  2. 『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

    『UNDERTALE』開発者が「ポプテピピック」パロディに反応「ありがとうございます」

  3. 『ゼノブレイド2』セイレーンのプラモ&ヒカリのフィギュアが発表!

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』の「ガーディアン」がねんどろいどに―「ピッ…!」という機械音が聞こえてきそう

  5. 『スプラトゥーン』ガールがfigma化!―パーツ交換で『2』バージョンに

  6. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

  7. 死にゲー名作『Bloodborne』のfigma化第2弾「時計塔のマリア」が発表!

  8. 『武装神姫』新プロジェクト始動!新作ゲームの制作も決定

アクセスランキングをもっと見る