人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2014】全てが進化した新作『リトルビッグプラネット 3』プレゼン、『MGS V』とのコラボも発表

協力プレイや豊富なステージクリエイトが楽しいシリーズ最新作『リトルビッグプラネット 3』。東京ゲームショウ2014にて、同作の魅力を徹底解説するプレゼンテーションが催されました。

ソニー PS4
【TGS 2014】全てが進化した新作『リトルビッグプラネット 3』プレゼン、『MGS V』とのコラボも発表
  • 【TGS 2014】全てが進化した新作『リトルビッグプラネット 3』プレゼン、『MGS V』とのコラボも発表
  • 【TGS 2014】全てが進化した新作『リトルビッグプラネット 3』プレゼン、『MGS V』とのコラボも発表
  • 【TGS 2014】全てが進化した新作『リトルビッグプラネット 3』プレゼン、『MGS V』とのコラボも発表
  • 【TGS 2014】全てが進化した新作『リトルビッグプラネット 3』プレゼン、『MGS V』とのコラボも発表
  • 【TGS 2014】全てが進化した新作『リトルビッグプラネット 3』プレゼン、『MGS V』とのコラボも発表
  • 【TGS 2014】全てが進化した新作『リトルビッグプラネット 3』プレゼン、『MGS V』とのコラボも発表
  • 【TGS 2014】全てが進化した新作『リトルビッグプラネット 3』プレゼン、『MGS V』とのコラボも発表
協力プレイや豊富なステージクリエイトが楽しいシリーズ最新作『リトルビッグプラネット 3』。東京ゲームショウ2014にて、同作の魅力を徹底解説するプレゼンテーションが催されました。進化したゲーム性のみならず『MGS V』とのコラボレーションも明らかになりました。


プレゼンテーションの司会を担当するのは、Sony Computer Entertainment Worldwide Studiosの担当者である岩瀬尚子氏。まずは同作に登場するキュートで個性あるプレイアブルキャラクターについて解説を頂きました。


こちらは、身体のサイズを変化させてステージを攻略していくキャラクター“ドロン”。ボタン一つで操作時の特性を変貌させることが出来ます。身体のサイズが大きいときは重量系らしいパワフルなプレイ、小さいときは素早いアクションで駆け回ったり、狭い空間に潜り込んだりすることが可能です。超軽量な為、水面を軽快に走ったり気流に乗って飛ぶことも出来るようです。


そして鳥のような容姿の“パタチュン”は、見た目の通り遠くへ飛んで普通なら行けない場所にも軽々と移動出来ます。オブジェクトやプレイヤーを掴んで運ぶことも可能となっており、他のキャラクターとは一風変わったプレイ感となるようです。



デモプレイでは素早いキャラクター“ピョコン”が登場。様々なキャラクターの特性を活かしながらクリアする本作ですが、ピョコン向けのステージは素早いアクションがキーとなる“ガチアクション”なプラットフォーマーとして制作されているとのこと。壁ジャンプやスライディングなどを駆使するアクション特化タイプのデザインとなっています。


おなじみのクリエイト機能も更に進化。ステージのレイヤー演出はとてつもない進化を遂げており、ダイナミックにレイヤー間を移動して豊かな奥行き感を楽しむことが出来るようです。クリエイトツールは70種類近く追加されており、Vita版に登場したいたツールも登場します。

また、自分が作ったステージを友達などに自慢したり紹介したり出来る、オリジナルステージのトレイラー映像も制作出来るとのこと。豊富ステージクリエイトが苦手なプレイヤーも簡単にエディットを楽しめるテンプレート機能も実装されるようです。


そして最後には『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』とのコラボレーションコスチュームも発表。スネークと装甲車の存在が明かされたところで、なんと小島プロダクションから今泉健一郎氏が急遽飛び入り。今泉氏曰く、「とにかく『LBP』制作チームは非常に優秀」とベタ褒め。制作されたコスチュームを見て、新川洋司氏や小島監督からは一発OKが出たようです。ちなみにコラボ企画はE3 2014の時期に立ち上がったとのこと。とてつもないスピードで高いクオリティーを実現したことについて、今泉氏は何度も「とにかく出来が良い」「とにかく『LBP』制作チームは優秀です」と重ね重ね褒め称えていました。


現在は二種のコラボコスチュームが発表されていますが、更なるコラボ企画も準備中とのこと。バリエーション豊かなキャラクター、進化したステージクリエイトなどを提げた本作『リトルビッグプラネット 3』は、2014年12月4日にPS3/PS4向けタイトルとして発売予定です。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. モニカが“こちらを見つめる”イラストが話題ー人気ビジュアルノベル『Doki Doki Literature Club Plus!』パッケージ版が即在庫切れに

    モニカが“こちらを見つめる”イラストが話題ー人気ビジュアルノベル『Doki Doki Literature Club Plus!』パッケージ版が即在庫切れに

  2. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【6月14日】─新たに「ゲオ」が抽選受付を開始

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【6月14日】─新たに「ゲオ」が抽選受付を開始

  3. 『FFオリジン』PS5向け体験版で“データ破損”が発生、プレイ不可能に―調査が行われる

    『FFオリジン』PS5向け体験版で“データ破損”が発生、プレイ不可能に―調査が行われる

  4. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【6月11日】─複数箇所で抽選販売を展開、週明けには「ゲオ」が新たな受付を

  5. 梅雨の時期は『デス・ストランディング』BTの出現に注意!?「そんな梅雨は嫌すぎる」「トイレを我慢しておくか」といった反応が続々

  6. 『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』キメツ学園から「我妻善逸・嘴平伊之助・胡蝶しのぶ」参戦!本編とはまた異なる魅力で技を振るう

  7. スクエニ新作『バビロンズフォール』クローズドβテストの参加者募集開始!プラチナゲームズが開発するオンラインでのハクスラアクション

  8. このゲーム、胸をえぐられる…...希望と絶望を描くドラマティックRPG『戦場のフーガ』幼い子供達に迫る過酷な決断【プレイレポ】

  9. なぜユフィの武器は手裏剣なのか?『FINAL FANTASY VII REMAKE INTERGRADE』野村哲也氏がデザインや原作との相違点などについて語る

  10. 【検証】半年間使い込んだPS5本体がどれだけのゴミを吸い込んだのか調べてみた【閲覧注意】

アクセスランキングをもっと見る